■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2019年04月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1987789
今日: 1180
昨日: 2927

天皇退位の日4月30日にL増田宗樹の告別式が
天皇陛下の退位の日、平成最後の日に、よりによって高松栗林ライオンズクラブ設立55周年時の会長(現56周年)を頑張ったL増田宗樹(46)の告別式が、11時から「ベルコ藤塚」で、大勢の参列者を集めて行われました。壮年者の葬儀は、配偶者も子どももまだまだ若くて、特別に涙を誘う。朝から特番で、天皇皇后両陛下のこれまで歩んでこられた道が、報道されている。

それを横目で眺めて出社。簡単な朝礼を終えて、早めに出かけます。「ベルコ藤塚」の駐車場が40台と聞いています。かみさんから慶事はいいが、弔事は書くなと言われているのです。しかしL増田宗樹の逝去(退会)は、高松栗林ライオンズクラブにとって、また私のこれからの人生にも、大きなマイナスになりそうです。

時代というか、四国内のライオンズクラブメンバーの数も、このところ減り続けているのです。そんな中でも、わがクラブにあっては、一昨年の54年度に11名、昨年の55年度にL増田宗樹の活躍もあって5名の入会があったのですが、今年も5名ほど入会しましたが、退会も続きその反動に今年の執行部は苦しんでいます。増田宗樹の退会で、マイナスになる見込みです。

L増田宗樹は、今年満46歳、プルデンシャル生命保険高松支社の課長という紹介でした。平成15年7月、故L森荘太(当時会長)のスポンサーで入会しました。平成19年45周年の幹事を、平成29年7月からの55周年が会長と、ライオンズクラブの出世街道をまっしぐらでした。5・10・15と続く周年の3役は、クラブを背負うメンバーがなります。

それだけに期待の星であった訳ですが、私は嫉妬もあってか、彼の55周年会長就任には消極的でした。要するに、まだ早いというのが私の考えでした。まだまだ先にやるべきメンバーが、高松栗林ライオンズクラブにはいました。しかしそれ以上にL増田宗樹に期待するメンバーの声が多くて、彼も仕方なくうけざるを得なかったのです。

喪主は増田優子(令室)さんでしたが、喪主挨拶で「宗樹さんは4月28日(日)13:34分、いい顔して眠るように逝った」そうです。あの顔は、きっと天国へ行ったのだと思うと優子さんは落ち着いた声で、メモに目をやりながら抑揚なく話していました。昨年の秋、胃の不調を訴えて通院していたとか。元旦に、東かがわ市の山へ家族4人で登山し、その後日赤高松でCT検査をして、肝臓など内臓への腫瘍の転位を発見したようです。

病名の神経内分泌腫瘍 (neuroendocrine tumor/neoplasm: NET/NEN)とは、内分泌細胞に由来する腫瘍です。神経内分泌細胞はホルモンやペプチドを分泌する細胞のことで、全身に分布するため、腫瘍も全身の臓器に発生しますが、このうち、消化器に発生するものが約60%、肺や気管支に発生するものが約30%を占めます。消化器のなかでは特に膵臓、直腸に発生するものが最も多いとされています。

喪主の言葉では、10万人に2~3人の発生率で、4月12日に再入院して、28日を迎えてしまうことになりました。精神的なストレス(ライオンズクラブのこともあるか)からのガンかも知れませんが、友人代表の弔事では、弔事と言わず「感謝」と冒頭宣言されて、若干45歳で親友がライオンズクラブの会長まで務めて「格好いい」と二人して涙したそうです。

その友人は、インターネットで「増田宗樹」を検索して、ライオンズクラブ関連のその事を知ったようです。「増田宗樹」の検索では、この会長日記が第3位に入っていて、二人の会話に話題を提供したのかも知れません。以下に、その日の日記の情報を置いておきます。

ここをクリック

| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4493 |
| 社長日記 | 08:58 AM | comments (0) | trackback (0) |
西陣織研究家尾田美和子氏参院選香川選挙区から出馬表明
4月28日の四国新聞一面に、写真入りで大きく報じられています。尾田美和子(46)さんは、高松商OGであります。校長室には、3年前のセンバツ準優勝旗を持って球場内を一周する選手の写真が、西陣織りで額装されて飾られています。昨年秋の高商女子会で初めてお目にかかり、その場で松野百笑のはじめての西陣織りの靴を買い求めました。

靴としては破格な価格(確か3.5万円ぐらい)でしたが、人生初めての靴で、それもきらびやかな西陣織りで作られているとなると、じぃーじぃーは、何の迷いもなく即決しました。靴は母親も、ばぁーばぁーも大好きな家系でもあります。もちろん、まだ歩けないので、ももちゃんの住まいに飾ってくれています。

氏は西陣織りなどの工芸品に、あらたな価値を生み出そうと、製造元を一軒一軒訪ねて趣旨を説明し、靴など、今までになかったアイテムで、埋もれてしまいそうな工芸品にあらたな光を当てています。先の西陣織りの額装なども、新しい挑戦だと私も思いました。そんな前向きの尾田美和子が参院選に立候補するとなると、この夏の参議選は激戦になりそうです。

参院選には、自民党公認の三宅伸吾氏(57)=公明党推薦と、共産党公認の新人田辺健一氏(37)が立候補の表明をしている。そこへ、立憲民主党、国民民主党と社民3党県連と連合香川が、統一候補として尾田美和子氏を擁立する。この先は、共産党の乗り合いも考えられて、与野党一騎打ちの様相も孕んでいる。

これまで安全パイと思われていた現職、参議院議員三宅伸吾氏にとっては、青天の霹靂。政治や選挙の先は何があるか分からないと言われるが、第三者的見方をすれば「面白い戦い」になりそうだが、自民党員の私としては、高松商のご縁はあるにしても、三宅伸吾氏を積極的に支援することになる。

ここ香川県は、国民民主党党首玉木雄一郎氏のお膝元。敵ながら適任者を担ぎ出したと、感心する。尾田美和子氏は、若くて美人だ。先の県議選で、綾歌選挙区でも7期目を目指した自民党ベテラン男性県議が、新人女性ピアニストの松岡里佳(38)に負けた。男女の戦いの構図になると、それだけで今は女性が優位のように思う。

とは言いながら参議院議員三宅伸吾氏には、頑張って勝ってもらわないと、磯崎仁彦参議院議員の選挙にも悪影響が及ぶ。現在磯崎仁彦副大臣は、経済産業省と内閣府の二つの副大臣で、改選期にないのですが、同じ様な構図になると苦しむことになりかねない。確かに選挙も、変わって来ていると実感する。時代ですかね。

空席の向かって左が本人



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4492 |
| 社長日記 | 09:21 AM | comments (0) | trackback (0) |
卒業から55年ぶりの小学校同窓会
27日土曜日17時から、市内瓦町居酒屋うまうまで、標題の仏生山小学校卒業生30人が集まりました。愛知県や徳島県からも来てくれて、「昔乙女いまは太め」というコマーシャル通りの女子や、今でもコントロールができている男女もいました。あれから55年ですから、時の流れに容姿はどうすることも出来ません。

もともと赤組だけの同窓会を企画したようですが、白組も青組も入れてくれと、参加者が3倍になったそうです。それでも当時のクラスメイトの25%。既に鬼籍に入った者も、この2年間で4名、通算10名は帰らない人になっています。毎年しても良いくらい、これからもどんどん参加者が減ることでしょうね。

われわれが誕生したのは、昭和27年28年です。「団塊の世代」の次の世代で、少し世の中が落ち着いた頃でした。1年生の昭和34年には、天覧試合で長嶋茂雄氏がサヨナラ本塁打を打って、巨人が阪神を5-4で破った頃です。5年生の頃は、日米間衛星中継でケネディ大統領がダラスで暗殺された瞬間が、白黒でしたが中継されました。6年生は、東京オリンピックでした。

現在66歳67歳ですが、私のような自営業はまだ現役で働いていますが、ほとんどがリタイアーしています。これからが、本当の人生だと思います。この世代が100歳まで生きるとは思えませんが、それにしてもここまで生きたら、後の人生は「人の役に立つ」ことが出来れば良いと思いながら生きてみたい。

6年前は、龍雲中学校の同窓会をしました。それがきっかけで、平成乙女の像の建立に至りました。その後も中学校の同窓会はありましたが、小学校の同窓会は初めてだったかも知れません。久しぶりに会うご学友に、元気を貰いました。







| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4491 |
| 社長日記 | 09:42 AM | comments (0) | trackback (0) |
空き家この5年間で26万戸増過去最多の846万戸
全国の空き家は2018年10月時点で、846万戸と過去最多になったことが26日、総務省の住宅・土地統計調査で分かった。5年前の前回調査の820万戸から26万戸増加した。住宅総数に占める割合も0.1ポイント上昇し、過去最高の13.6%。香川県は、前回調査から7千戸増の8万8千戸で、空き家率は18%になった。

管理が不十分な家屋が増えれば、景観や治安の悪化につながる。自治体は、特にひどい家屋を「特定空き家」に認定し、所有者に解体を促す。従わない場合には、強制代執行も辞さない構え。しかし現実的には、解体費の回収等の問題を抱え、なかなか実力行使に及べないのが実状だ。

原因は個人の懐具合もあるが、解体費の高騰も起因している。県下ではこの4月から最終処分地の限界から、解体費全体が2割程度値上がりしている。解体費高騰から、街中のビルも壊すに壊せない状態が続く。更地にして売却する土地代金より、解体費の方が高いと言う、笑えない状況が続いている。

住まいの需要は、一人暮らし世帯の増加を背景に伸びているのに、空き家が増えていることになる。新築の供給が過剰な上、住む人がいなくなった住宅の、解体・流通(売買)が進んでいないと言わざるを得ない。中古住宅の流通に、国土交通省も躍起になっている。所ジョージのTV「ぽつんと一軒家」などは、家としては幸せな話しだ。

話しはそれるが、26日昼から瓦町フラッグ8階会議室でおこなわれた、「さぬき安心あんぜん住宅普及協議会」会合で、インスペクションと呼ばれる「建物目視検査」が進んでいないことが話題になった。この席で、宅建業者が訴えられている裁判の話が出た。

宅地建物取引業法では、不動産の売却依頼時(宅建業者VS売主)と、買付依頼時(宅建業者VS買主)の際に、「媒介契約」を書面で結ぶことが求められている。この裁判は、後者のケースで、中古物件を買う際の媒介業務で、宅建業者からインスペクションと呼ばれる「建物目視検査」の説明がなかったから不利益をうけたという訴えである。インスペクションをして良好であれば、瑕疵担保保険に入れる。優遇金利等の恩恵がある。

インスペクションと呼ばれる「建物目視検査」をしていないばかりに、住宅ローンの優遇がうけられなかったという訴えで、これは即、宅建業者責任と言われそう。詳しいことは分からないが、これは裁判にせず直ちに買主の要求を呑まなければ、民事事件のほか、都道府県から行政罰もあり得る案件です。

話しを空き家問題に返すと、インスペクションと呼ばれる「建物目視検査」等で、中古住宅の「見える化」が求められる。非正規雇用などの格差が大きくなるなか、新築住宅を取得できる層は減少する。われわれの社会的責務としても、中古住宅の流通活性化に励まなければ。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4490 |
| 社長日記 | 11:12 AM | comments (0) | trackback (0) |
瀬戸内国際芸術祭2019春会期が開幕
3年ごとに開催し、今年が4回目となる現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2019」が26日、開催しました。開会式がサンポート高松の大型テントの中でおこなわれ、実行委員長の浜田恵造香川県知事や徳武総一郎総合プロデューサーらのほか、コウノジュンコさんら参加作家の代表が集まったようです。

瀬戸内海に浮かぶ島々の自然を活かした芸術祭で、美術館で静かに観る芸術とは少し違うのです。これが芸術かという作品もあるのですが、芸術とは美術館という先入観をぶちこわす作品群に、訪れる人々は楽しんでいます。地元の人間は行かないというのですが、私は、毎回限定的ですがどこかの島へ行っています。

特に今回は、米紙ニューヨーク・タイムズや英国の旅行雑誌に瀬戸芸が取り上げられたこともあり、一番人気の直島などでは外国人観光客の姿も多かったようです。香川、岡山両県の島々と高松港、宇野港を舞台に、作家たちがその土地の風土や歴史を掘り下げた約150作を展示。各島には国内外から美術ファンらが詰めかけ、アート作品を道しるべに、島の豊かな自然や食を満喫したと報道されています。

会期は3つに分かれていて、春会期は4月26日(金)から5月26日(日)まで、休みを挟んで夏会期、秋会期と続きます。イリコで有名な伊吹島は、春夏期はイリコの生産で忙しいということから、秋会期だけとなっています。こんな現象も、ありだと思います。私も5月10日(金)に、これまで行ったことがない岡山県の犬島へ行く予定にしています。

私が芸術を語ると笑う人が多いと思いますが、冒頭に書いたとおり、美術館の絵画を学芸員に聞いて納得する芸術ではなくて、島の自然や島の住民を通しての芸術です。島には坂道が多いのですが、そこを行き交う老人の「おんば(乳母車)」をテーマにした作品もあったり、島にあったせんと(共同風呂)を使った作品など、口ではとても表現しきれない作品があります。

詳細はネットで確認して、是非一度お越し下さい。また地元の諸兄も意地を張らずに、奥さんらと弁当(島に飲食店はありますが混雑も予想されます)を持って、瀬戸内の多島美の美しさと、そこに住まいする人々の暮らしぶりに触れるのも一興かと思います。瀬戸芸をきっかけにして、移住する人もいたり、幼稚園・小学校が再会した島もあったりします。単なるイベントに終わってないのが、瀬戸芸の秘めたるパワーです。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4489 |
| 社長日記 | 10:40 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑