■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2663442
今日: 728
昨日: 2885

オイスカ四国支部常任幹事会と初のビアーガーデンとコトデン
午後から、オイスカ四国支部常任幹事会でした。今日の会場は、「密閉・密集・密接」を避ける意味から、街中の会議室を離れて、「オイスカ四国研修センター(綾川町)」での開催です。ここだと研修生の顔も見られるし、綾川推進協議会からの「ドジョウうどん」も頂ける。ニワトリも、元気よく鳴いています。来月も、ここで幹事会を開催することになりました。

オイスカとは、「すべての人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界」を目指して、1961年に創立された国際NGOです。本部を日本の東京世田谷区に置き、世界に36の国と地域に組織を持つ国際NGOです。そして活動は、会員の会費と寄付金で運営しています。

私もさまざまな組織に属して、いろいろな活動をしていますが、オイスカは特に人材育成に力を入れ、オイスカの研修を修了した現地の青年は、各地で地域貢献に取り組んでいます。ここに魅力を感じて、自分なりに励んでいます。国内では、農林業体験やセミナー開催などを通じて、啓発活動を積極的に進めています。地球環境保全に、尽くす組織でもあります。木を植えて、ヒトを育てます。

私もその現場の一つ、パブアニューギニア島のラバウルエコテック研修センター30周年セレモニーへ行って、現場を見てきました。それから前のめりに、やれることに尽力しています。過去には政府から年間7億円程度の助成金交付があったようですが、2001年4月からの小泉純一郎元総理大臣の「行政改革」でなくなりました。私は予算の潤沢な頃は知りません。従って、会員増強が常態であります。

四国研修センターに来ている研修生の顔を見ていると、われわれの働きが良ければ、つまり会員増が研修生の数につながります。彼らは必死に日本語を学び、農業を体験して帰国し、それぞれの国に「日本式」を根付かせます。その一助に、私の時間も使っています。10月12日(月)予定されている「第28回オイスカ四国のつどい」もどうなるか、心配なところであります。

次ぎに、高松初の2020ビアーガーデンの話題です。瓦町フラッグ屋上イタリアンビアガーデンが、3ヶ月遅れて1日オープンしました。連絡を受けて、3人で行ってみました。何年か続いていたのですが、今年が最後と聞きました。残念です。10階の「店」を閉店することになり、ビアーガーデンもこれっきり。「密閉・密集・密接」のように言われてオープンが遅れていたのですが、私はそれほど危ないとは感じませんでした。

コトデン瓦町駅上のフラッグへ行くために、コトデンを3月10日以来3ヶ月ぶりに利用しました。コトデンは今大変です。新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、学校がしばらく休校で、通勤客もテレワーク等で激減しています。売上が大きく減っているところへ、フラッグの地下1階食料品売り場に入居なし、10階のレストランもイタリア店が退去したら、もう一つ寂しくなります。

コロナ前からの計画ですが、コトデンの琴平線に新駅2つ、そのために複線化が進んでいます。その工事には、国から県から補助金が入っていますが、コトデンも当然投資します。時期が重なったと言えばそれまでですが、現場工事の人の動きも何だか重い。やがて良くなると思うのですが、朝の来ない夜はないのですが、なんとも言えない場面が続いています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4929 |
| 社長日記 | 08:59 AM | comments (0) | trackback (0) |
NTT再生エネルギー本格参入電力市場の競争一変
6月30日(火)日本経済新聞のトップ記事です。NTTが2030年までに自前の発送電網を整備し、再生可能エネルギー事業に本格参入するという。日本の再生エネルギー発電容量の1割にあたる、750万キロワットの発電量を確保し、独自の発送電網も使って顧客に直売する。その量が、四国電力より多いと言うから、2度驚いた。

脱炭素の流れが強まる中、資本力がある再生エネルギー事業者が生まれることで、国内電力の競争環境が一変する。2016年の電力自由化以来、発送電網を全国で展開できる事業者の参入は初めてのこと。25年まで、年間1,000億円程度投資するという。30年度までの累計は、1兆円を超える可能性がある。

全国約7,300の電話局の大半を「ミニ発電所」と見立てて、再生エネルギーの受け皿となる蓄電池を配備するほか、巨大な太陽光発電、洋上風力発電の設備も整える。加えて大手電力とは別系統の電力送配の仕組みを整備する。全国の電話局から近隣の工場やオフィスビルに大手の電力網だけでなく、自前の配電網も使って電力を供給する。

記事には書かれていないが、送配電網となれば電柱を新たに立てるのだろうか。新たな機会として、地中埋設が好ましいのだが、これには費用がかかりすぎる。自前の送配電網は、まさか今ある電柱を使う計画でもあるまい。今でも張り巡らせている電柱と電線、これが倍化すると考えると、これにも問題がある。

既存の送配電網は、大手電力が大型火力発電や原子力発電の電力を優先的に送る権利を抑えている。この結果、再生エネルギーによる電力は、東日本だけで送電線の容量の5~8割分が実質的に使えないとされ、事実上の参入障壁となっていた。NTTは独自のインフラで、この問題を解決する。よって、1兆円規模の投資になってしまうわけだ。

また送配電網を持つことによって、利用者の電力データが手に入る利点もある。通信データと掛け合わせることで、新たなビジネスを生むきっかけにもなる。通信ビジネスの成長鈍化に直面するNTTにとって、再生エネルギー事業は次の主力事業の一つである。固定電話は、早晩消えるだろう。「アパート・マンション」いわゆる賃貸物件に入居される方のほとんど全部は、固定電話を引くことはない。

多くの金融機関や商社が、海外の「シェールガス」の発掘等に大きな投資をしている。そのほとんどが、石油価格の下落で投資額割れを起こしている。OPEC国内の考えもバラバラで、サウジアラビアのように「増産」を言う馬鹿は多くはいないにしても、新型コロナウィルスで世界の石油は行き先を失い、1バーレル20~30ドルではないか。

NTTが取り組む再生エネルギーによる電力創造が前途洋々とは思わないが、今ある資金をどこへ投資するかでは、私は国内投資賛成派で尻の穴のこまい考えを持っている。グローバル・スタンダード、グローバルサプライチェーンは過去の成功体験で、「執着」は、不幸を必ずもたらす。NTTの頑張りに、私は多いに期待する。発想(発送電)が変わる。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4928 |
| 社長日記 | 09:33 AM | comments (1) | trackback (0) |
米国の対中制裁ついに大学にも拡大
米中のハイテク覇権争いが新たな局面に入り、中国の大学関係者等が困惑している。米商務省が5月に発表した、事実上の禁輸措置対象のエンティティリスト(EL)の対象が、中国の大学まで広がったからだ。ETとは、外交政策上、安全保障上の理由でアメリカにとって貿易取引するには好ましくないと判断された、団体・個人が登録されたリストであります。

ELに登録された大学では、学生らが日常的に使う米国製の数値解析ソフトなどが利用できなくなったり、米国の提携校との交流が停止したりするなど影響が出ている。すでに企業は、HUAWEI(中国製)を筆頭に多くが登録されているが、それが大学にまで拡大している状況が報道され始めたことになる。

ELに追加された大学は、中国の理系の名門、ハルビン工業大学(HIT)とハルピン工程大学の2校。HITでは6月上旬、学生が研究活動や実験室で日常的に使っている米ソフト会社マスワークスの数値解析ソフト「マトラボ」を使おうとしたところ、いつものようにアクセスできず利用できなくなっていたという。

大学が同社に問い合わせると、米国の政策変更によりソフトウェアを提供出来ないとの説明があり、HITがELに載ったことで使えなくなったと分かったという。同大学の利用者が米製ソフトウェアにアクセスできなくなった背景について、SNS(交流サイト)に投稿し、問題が表面化したとされている。

新たなELを発表した米商務省は、5月22日(金)の声明で「米国の安全保障と外交政策上の利益に反する活動に関わる」大学2校と22の組織を制裁対象に加えたと発表した。米政府はここ数年、中国企業に対して制裁を強化してきた。ELはその代表的な手段の一つだ。米国の技術の販売や移転の際に、あらかじめ米国政府の許可が必要な企業や団体を指定している。

特定5社と呼ばれている中国通信監視技術会社は、ファーウェイ(華為技術)・ZTE(中興通訊)・ハイテラ(海能達通信)・ハイクビジョン(海康威視数字技術)・ダーファ(大華)を指すのだか、当然のようにELに登録されている。

米商務省が国家安全保障上などの理由から、ELに指定した企業に対し、米企業は部品などを輸出・供給することが原則許されない。中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)は2019年、ELに加えられたことで、米国製の半導体などの部材やソフトウェアの同社への供給を事実上禁止された。

上記特定5社のなか、監視カメラ世界大手の杭州海康威視数字技術(ハイクビジョン)、画像認識の商湯科技(センスタイム)など他の中国のハイテク企業も制裁対象となり、米国の技術利用が制限されてきた。この傾向は、日本も注視する必要がある。東京五輪パラの実施に際して、防犯カメラの増設も当然計画されているだろうが、中国製は使えない。

今回は対象が企業にとどまらず、大学にまで広げられた。これに対して中国は、米国製ソフトへのアクセス制限は、中国に対する「政治的弾圧」だとして、解除するよう米国に求めた。米国製ソフトなど研究開発ツールが使えなくなると、研究に支障をきたしかねない。米国で経験を積みたいと願う中国の学生や研究者らも、逆風に直面している。

HITで生物医学工学を専攻しているある大学院生は、大学の研究室では画像を処理するのに米国製の高性能チップを使っており、同じ品質レベルの代替品を入手する困難だと語る。制裁対象を大学まで広げた米政府による禁輸措置が今後も続けば、中国の製造業やハイテク産業が深刻な打撃を受けかねない。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4927 |
| 社長日記 | 09:17 AM | comments (0) | trackback (0) |
007/慰めの報酬 2008 
007シリーズ第22作は、ジェームズ・ボンド役6人目の「ダニエル・クレイグ」が、前回今回とまだ封切り前の第25作だが、合わせて5作に主役出演している。主演が替わったからか、マンネリ化を防ぐ意味か、これまでの作風とはかなり異なる。ストーリとしても、『007/シリーズ』初の続編となっている。

前作『007/カジノ・ロワイヤル』で、ボンドガールとしてイギリス情報諜報局(M16)の金庫番で登場し、ボンドが惚れ込んで結婚し、M16を退局する決意をするまでの女性「ヴェスパー・リンド」がこの作品につながっている。本人は登場しないが、名前が頻繁に出てくる。ついこの前の話のように、巧みに仕立てられている。ただシリーズ初の試みであるが、前作を覚えているヒトばかりではない。ましてや前作からは、2年も経過している。

前作のラストで、エヴァ・グリーン演じる「ヴェスパー・リンド」との心の安息を奪われた孤高のスパイ、ダニエル・クレイグ演じるボンドの怒りの追跡劇に、頭から共感満載で没入できる珍しい作品で、愛に殉じる希少なボンドが観られるのが本作最大の特色だ。ボンドは1作ごとに、相手が替わるのが定番で、われわれの期待もそこで膨らむ。

悪人も従来の世界征服を企む巨大組織の「スペクター」ではなく、NPO法人を隠れ蓑に私腹を肥やす子悪党なのも、どこにでもいそうな現実社会にマッチしていて面白い。そして今度のボンドガールも、既成概念を撃ち破る。親の仇討ちに奔走する、薄幸のオルガ・キュリレンコ演じる「カミーユ」と言う設定も現代的だ。

アフリカの貧困救済を隠れ蓑に、「水」利権を巧みに操る悪党像は恐ろしく現代的で、昨今のアクション映画に多く見られる核兵器モノよりも惹き付けられる。過去の007シリーズに比べれば悪のスケール感は確かに小さいが、ジェームス・ボンドの人間の器が一番大きく見える意欲的な傑作だ。

ジェームズも一人の人間であり、世界の救出も一人の少女の救済も重さは同じとする製作の意図に称賛したい。昨今の少数の犠牲の上に国策が成り立つと言う、安易な政治思想に敢えてくさびを打ち込む意義を描いた脚本には、心から賛同する。アクション中心の娯楽映画の域を超えた、歴史に残る名作と評される時代が来るかも知れない。

私はまだ全編を見たわけではないが、手元にある21巻だけでも速く観て、自分なりの007/シリーズ総括をしてみたい。映画音痴のクセして、古希を前にして偉そうなことを。




| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4926 |
| 社長日記 | 09:41 AM | comments (0) | trackback (0) |
007/カジノ・ロワイヤル(2006=平成18年)主演ダニエル・クレイグ
私も断片的には『007/シリーズ』のDVDを持っていたのですが、後世に残すことも考慮して、シリーズ全25巻(欠番もある)を買い求めたのは先の小欄で触れています。昨日の小欄で、そのことに関して大袈裟に書き込みをして、自分自身も高揚しているのを感じます。「密閉・密集・密接」のため、夜のイベントも自粛気味。STAYHOMEは、『007/シリーズ』を楽しみます。

と言うわけで、DVDシリーズ最新作の6代目ボンド俳優となった「ダニエル・クレイグ」の作品から観てみることにしました。彼の第1作が、『007/カジノ・ロワイヤル』であります。本作ではジェームズ・ボンドが、殺しのライセンスを持つ「007」になる前の物語が描かれている。6代目ボンド俳優となったの「ダニエル・クレイグ」、これまでのボンドにない影のある不屈のキャラクターが誕生しています。

英国の諜報機関M16のスパイとして、「00」に昇格したジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、世界中のテロ組織のネットワークを根絶するため新たなミッションにつく。テロ組織の資金を運用する「ル・シッフル」に接触すべく、モンテネグロのカジノへ向かったボンドは、そこでポーカー・ゲームに参加するのだが・・・

モンテネグロは、ヨーロッパ南東部、バルカン半島に位置する共和制国家。イタリアの、アドリア海を挟んで東側に位置します。首都はポドゴリツァ。ユーゴスラビア紛争によるユーゴスラビア社会主義連邦共和国の解体によって成立した、ユーゴスラビア連邦共和国(1992年-2003年)および、セルビア・モンテネグロ(2003年-2006年)を構成する2つの共和国のうちのひとつ、モンテネグロ共和国であったが、2006年6月3日に独立を宣言した。

南はアドリア海に臨み、北西をクロアチアのドゥブロヴニクとボスニア・ヘルツェゴビナ、北東をセルビアのサンジャク地方、南東をアルバニア、東部をコソボと接する。紛争が起きて、何だか怪しげな町として描かれている。21世紀の今でも道路はアスファルト舗装がなく、建物も海へ座屈するほどの耐震強度、アドリア海が印象的です。

原作は第二次世界大戦中、イギリス海軍情報部に所属していたイアン・フレミングが、戦後その知識と経験を基に創作したスパイ小説です。1953年に、イギリスのジョナサン・ケープから刊行されたモノ。イギリスの秘密情報部員ジェームズ・ボンドの活躍を描いた物語で、シリーズ化された。アメリカ合衆国で刊行されたペーパーバック版は、当初『You Asked for It』というタイトルで刊行されました。

そしてこの作品は、イアン・フレミングの小説007シリーズ長編第1作、およびその映画化作品だという。原作は戦後すぐから1953年頃にまとめて書かれていて、映画ごとに作成したモノではない。逆に脚本は、その作品にあわせて作られている。過去にはコメディ映画として、提供されたこともあるようだ。もちろん『007/シリーズ』外で。

ソ連の組織「スメルシュ」のフランスにおける工作員である「ル・シッフル」は、使い込んだ組織の資金を穴埋めするため、ロワイヤル・レゾーのカジノで、テキサスホールデムポーカーによる一攫千金を狙っていた。 イギリス秘密情報部員007、ジェームズ・ボンドは、上司のMから、テキサスホールデムポーカーで「ル・シッフル」を負かして破滅させるよう命令される。

ボンドは、同僚の女性「ヴェスパー・リンド」、フランス参謀本部2課の「ルネ・マティス」、CIAの「フェリックス・ライター」と連携し、一度は窮地に陥りながらも任務に成功する。途中で毒を盛られ、解毒のためにふらふらになりながら、愛車アストンマーティンへ向かう。そこには解毒薬と、小型AED(自動体外徐細動器)が備え付けられていたのだが・・・

任務を果たし、英国国家の資金も回収し、成功の美酒に酔いしれているその直後に、「ヴェスパー」が「ル・シッフル」に拉致され、後を追ったボンドも捕まり、金を返すよう拷問にかけられるが、「ル・シッフル」はスメルシュの刺客に粛清され、ボンドは命拾いをする。ボンドは自分の仕事に疑問を抱いて辞職を決意し、「ヴェスパー」との結婚を考えるが、その結末は悲劇に終わる。

それまでのボンド映画とは主役が別の、新しいボンド映画の1作目である。そのため、ボンドは1968年4月13日生まれに設定され、冷戦時代にボンドはスパイとして活躍していないなど、それまでの設定とは異なっている。それまでは、ショーン・コネリー~ロジャー・ムーアが演じたボンドは1920年代生まれで、ダルトン、ブロスナン、クレイグのボンドは、それぞれの俳優が誕生した年がボンドの産まれた年となった。そのため、ジュディ・デンチ演じる上司Mも性格の異なった新しいMとなっている。

終わったかと思うと次の展開がはじまり、手に汗握る構成に、トイレもままならない。実によく出来た作品の一つだと、感心しながらの約150分。製作はイギリス・アメリカとなっています。堪能しました。21時前から観ないと、日付変更線を超えかねません。暫くはまりそうです。




| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4925 |
| 社長日記 | 08:43 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑