■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2019年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1601076
今日: 1177
昨日: 3292
 

特許庁の地域ブランド八街産落花生が届いた
待ちに待った㈱伊東国平商店さんからの、八街 (やちまた) 産落花生が届いた。2日ほど前に「送ります」という電話連絡は頂いていましたが、今日の昼、やっと現物を見ました。1ヶ月以上待ちました。かみさんは、「忘れられている」というので一度電話したのですが、「製造中」という返事でした。

千葉県では、10月中旬頃から地干しした落花生を点々と畑に「ボッチ(野積み)」する風景が秋の風物詩として親しまれています。ボッチに秋から冬にかけて吹く乾いた風をじっくりと1ヶ月程度通すと、落花生から渋みが抜け、身に含まれるデンプンが糖分に変化し、甘みの増した深い味わいになります。

  

八街産落花生は、豊かな土壌、恵まれた気候を持つ八街市を中心とした周辺地域は、落花生の栽培に適しており、風味のよい落花生をたくさん収穫しています。八街産落花生は、数多い品種の中から良質で味の良い品種を選び、高い栽培技術によって「味」、「こく」、「歯ざわり」を追求した国内最大規模の収穫量を誇る産地ブランドです。

そもそも伊東国平商店さんの八街産落花生は、千葉県印西市の藤井 朗を高松商OBらが見舞った際に、土産としてもらったもの。藤井は闘病の甲斐なく他界しましたが、その時にもらった平成乙女の像募金で、彼の名前は記念碑に深く刻まれています。享年65歳、あまりにも早い彼岸渡りでした。私は彼の分までも、一生懸命頑張って生きます。

その際にもらった落花生。あまりの美味さに魅せられて、いまだに注文が続いています。年末頃になると品切れになることが分かったので、今後の反省とします。伊東国平商店さんありがとうございます。もう代金振り込みは、終わりました。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4465 |
| 社長日記 | 09:22 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑