■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2022年01月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 106744
今日: 316
昨日: 1733

明治大正の県功労者中野武営の銅像計画進行中
明治から大正時代にかけて『香川県独立の父』と称され、政界財界で活躍した高松市出身の中野武営(たけなか)を讃える『中野武営顕彰会(佐伯勉松平公益会理事長・会長)』が、武営さんの等身大の銅像を建立する計画を進めていると報じられている。このところ、にわかにクローズアップされてきた中野武営。その功績は東の渋沢栄一、西の中野武営と言われるほど顕著なモノであったようだ。

制作は、日本芸術院賞・県文化功労賞などを受賞した彫刻家の池川直さん(高松市出身・鹿児島県在住)が担当し、2024年10月8日の武栄の命日までの完成を目指している。完成したモノは、髙松玉藻町の玉藻公園西門前(中央通り沿)に設置される予定で、計画が進んでいるらしい。気になるのが制作費だが、3千万円を予定し、募金活動で賄うとしている。

私が中野武栄さんを知ったのは、ここ2~3年のこと。顕彰会も、武栄さんの功績を広めようと、武栄さんの没後100年の節目2018年に発足したくらいで、それまでは私のような珍しがり屋でも耳にすることがなかった。渋沢栄一がNHK大河ドラマに取り上げられ、新1万円札の顔になると言われ始めた頃から、地元髙松で『ぶえいさん』が登場したように思う。

武営さんは、高松藩士の家に生まれ、明治維新後に官吏を経て政治家となり、大隈重信と立憲改進党を創立。愛媛県議会議員時代には、愛媛県に併合されていた香川の分県独立を実現した。明治維新後香川県は、徳川親藩だったことから明治政府に邪険にされ、明治21年12月3日(第三次香川県成立)まで、今の徳島県や愛媛県に併合されていた。だから武営さんは、愛媛県議会議員であり、議長まで勤め上げたのだ。

また実業家としても手腕を発揮、東京商業会議所会頭などを務めた。確か渋沢栄一が初代で、中野武営が二代目だったように記憶している。銅像は約170㌢の等身大で、高さ2メートルの台座の上に建つ予定。池川氏は写真の収集などの作業を済ませ、粘土で試作品を作るなど、24年10月の完成に向け、精力的に制作活動を続けている。恐らく富山県の鋳造所で、完成するのだろう。

松平公益会は、2018年の平成乙女の像建立でも協力頂いた。「特定非営利活動法人仏生山魂再開発フォーラム」も、喜んで募金に協力したい。平成乙女の像もそうだが、出来るだけ大勢の協力が有難いのです。佐伯会長は「武営は幅広い分野で活躍したが、県内でも知名度が低い。多くの人の目に付く場所に銅像を建立し、武営さんのことを知って欲しい」と話している。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5499 |
| 社長日記 | 09:30 AM | comments (0) | trackback (0) |
香川県下でもまん延防止等重点措置21日から適用
香川県18日発表の新型コロナウィルス感染者(17日陽性)が、過去最多の120人に急増し、翌19日発表でも117人と高止まりしている。これを受けて香川県は、国に対してまん延防止等重点措置適用を申請した。結果1月21日(金)から2月13日(日)まで、県下11市町全域でまん延防止等重点措置がとられる。気になる飲食店での営業は、午後8時までの酒類提供、同9時までの営業となりそうだ。

年末年始の人の動きに『復活』の兆しが見えていただけに、『オミクロン株』の猛威に唯々驚くばかり。感染流行の第6波は、感染力倍化で国内に広がっている。感染者が横を通り過ぎただけで、新たな感染が発生するように感じるくらい、感染力が強い。私もそうだが、日本中で第6波の感染拡大期を心配はしながら、『緩み』があったと思う。

18日の午前中に、香川県がまん延防止等重点措置適用の申請をするのではと言うニュースが伝わり、一般社団法人香川宅建高南支部では、急遽支部評議員会をビデオ会議システム「Zoom」で行い、来月5日(土)~6日(日)に予定されている山陰地方への研修旅行について議論し、結果的には3月12日(土)~13日(日)に延期する方針を打ち出した。急な案内で、全員参加とはなりませんが、それでもトライしてみました。

テレビ会議終盤まで、県下にまん延防止等重点措置が発令されたら研修旅行は中止にせざるを得ないという考え方に固まり、『中止』の方向でズーム会議を終えようとしたその時、『延期』はどうですかと若年評議員から提案が飛び出した。試行錯誤の上、上記の延期になった。やはりビデオ会議システム「Zoom」は、こんな場合は有効だと納得した。

もちろん顔をつきあわせて会議が出来れば、それにこしたことはないのだが、個別電話にするかテレビ会議やテレビ電話にするか判断するとき、顔の表情や息づかいがわかると、判断も変わるとこの時思いました。最終的には支部長(私)の判断ですが、責任回避という意味ではなく、総意を探る方法として、テレビ会議システムやテレビ電話も必要だと痛感しました。

これから新たな募集をするのですが、これまで極寒の2月が年中行事だったところ、3月の中旬になれば季節はよくなりますが、期末のシメが近づき、支部監査・総会資料づくりなどのスケジュールにも影響が出るかもしれません。しかしどうしても『実行したい(蟹が食べたいとは言っていません)』という意見は、支部長として貴重だと判断しました。研修旅行に関して、これまでも担当者の意見を最大限尊重しています。

この先まん延防止等重点措置の適用期間の延長も考えられますが、その時はまたその時に評議員会で検討し、結論を出せば良いと考えています。明日からまた新しい企画(内容は変わりませんが日程が変わる)の募集が始まります。ビデオ会議システム「Zoom」は、使い方によって有効ですね。改めて文明の進化に敬服しています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5498 |
| 社長日記 | 10:02 AM | comments (0) | trackback (0) |
阪神大震災から27年コロナ禍でも続く祈り
1995(平成7)年1月17日午前5時46分に発生した阪神大震災、発生から27年目のあの日を迎えた。6434人もの犠牲者を出した、大都市での震災だった。標題にもあるように、新型コロナウィルス禍で新しい『オミクロン株』の発出、全国の感染者が2万人を超え、昨年9月頃デルタ-株が猛威を奮っていた第5波以上の勢いで、『オミクロン株』が拡大している。

政府は『まん延防止等重点措置』適用を、1都10県(埼玉・千葉・神奈川・新潟・岐阜・愛知・三重・長崎・熊本・宮崎)に、今月21日(3日後)から3週間程度適用する見込み。かたや15日に発生した、南太平洋・トンガ沖の海底火山噴火は、1000年に一度の大噴火かと報道されている。27年前のあの日、寝ぼすけの私も大きな揺れで飛び起きた。新幹線が動き出す直前の地震で、ある意味助かったとも言える。

阪神大震災の発生した1995(平成7)年は、6カ月前に誕生した『自社さ連立内閣』・村山富市総理の時代で、WTO(世界貿易機関)が1月1日発足し、3日にはWHO(世界保健機関)が世界のエイズ患者が100万人突破と報告している。3月にはオウム真理教による『地下鉄サリン事件』も発生した、今と同じような騒がしい時代であったとも言える。明大卒業生は、村山富市先輩の総理就任に狂喜乱舞した。

近くでの大震災にもかかわらず、43歳の私はなすすべもなく、ひたすら関係者の無事を祈るばかりだった。何も出来ないまま、報道に見入るなか、ボランティア活動も言われていたが、一人であがいても迷惑になるだけとの考えが先行した。振り返って見れば、バイクで行くことも出来た、それが無理なら自転車でも行けたかもしれない。しかし行って、そこで何をするという目標もなかった。

持戒をしながら、27年目を振り返っている。いま神戸やその周辺、淡路島も外見的には完全に復興した。しかしあの時奪われた人の命は、今なお生き続ける人々の心の中、記憶の中にある。私の知る被災者は、幸いなことにけがもなくあの戦場で無事で難を逃れた。ただただ神に感謝する以外、表現の方法を知らない。月並みですが、落命された先人の御霊に哀悼の意を表します。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5497 |
| 社長日記 | 08:19 AM | comments (0) | trackback (0) |
南太平洋での火山爆発で日本にまで謎の潮位上昇現象が
南半球オーストラリア大陸の東、ニュージーランドの北に位置するトンガ沖の海底火山噴火で、太平洋に面した島々に潮位上昇が観測され、日本でも津波が発生して、太平洋岸の港に甚大な被害を及ぼした。私もテレビの緊急テロップで、海底火山噴火があったことを知りました。その後気象庁からも、津波の心配が無いと発表され、対岸の火事のように考えていました。

と言うのも2021年12月10日と11日、アメリカ合衆国の中西部から南東部の州で少なくとも30の竜巻が相次いで発生し、ケンタッキー州、アーカンソー州、ミズーリ州、テネシー州など9つの州で死者、行方不明者、家屋損壊、停電などの被害が報告されています。一般社団法人ピースボート災害支援センターが窓口となって、ヤフーのホームページで募金が始まっています。

この件に関してライオンズクラブ国際協会から派生した日本人元ガバナーで組織された任意の会が、日本中のライオンズクラブに募金を要請してきています。このように、災害が収まった後に何らかの要請があるのだろうとたかを括っていました。それが15日の午後1時頃(日本時間)発生した海底火山噴火、12時間経過した16日の深夜、津波警報が国内の広い範囲で発令された。

翌17日は、阪神淡路大震災が発生し、甚大な被害があったあの日からちょうど27年目。改めて地震の怖さを思い出す日になるはずが、その前にカウンターパンチが日本中の太平洋沿岸の街や港を襲う。宮城県の石巻でも70㌢ほどの潮位上昇、加えて高知室戸市の港では、小型船が転覆したり岸壁に衝突したりしている。まさに津波が発生したのだ。

気象庁からの誤報を問題視する声も聞こえるが、日本から約8,000㎞先のトンガ沖で発生した火山噴火で、国内にこれほどまでの津波被害が発生すると考えるのがむしろ非常識だ。特にサイパン島やミクロネシアの島々で、潮位の上昇がさほど観測されていないのは、何とも悩ましい現象だろう。素人考えでも、津波は順に伝播して伝わると考えている。

深夜になった避難で、慌てた人も多かったと推察しますが、ますますなにが起こるか分からない世の中になっている自然界の恐ろしさ、また共存して行かざるを得ない現実、文句を言う暇があったらわが身の生命の安全対策をするしかないという状況です。少なくても家族、出来れば狭い範囲のご近所、特に高齢者は、なんとかお救いしたい。共に命からがら、逃げるしかないでしょう。

そんな中で、高いびきで朝まで寝込み、NHK放送が急場を知らせて夜通し放送していたことなど、知るよしもないわたし。この地は何と安心安全なのか、改めて先祖に感謝、生きていることに感謝し、一人でも救える努力がしたい。事前予測が不可能な自然界を友として生きているわれわれは、起きたことにどのように対処するか、この一点に尽きると思います。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5496 |
| 社長日記 | 08:28 AM | comments (0) | trackback (0) |
ひいらぎで鬼門封じ
年末の挨拶で、幼少からの友を訪ねた。その彼女に、「鬼門を開けたから松ちゃんが病気になったんや。私がしているようにひいらぎを活けたら、魔除けになる」と言われました。70歳近くまで生きて、近くにいる幼稚園からの女子は、『愛子ちゃん』と『恵美ちゃん』の二人。年末には必ずカレンダーを持って、近くにいながらの無沙汰を詫びることにしている。今年はカレンダーも品薄で、どうにか二本を調達して駆けつけた。

二人は、昨年9月の私の入院手術を大変心配してくれた。自らも癌を患った経験を持つ二人。同時に占いとか迷信に詳しい。私は気にしない方で、裏鬼門の位置にあった庭のブロック塀を除けて駐車場にした。これがまずかったようだ。開けたがために、鬼が入ってきたのだろう。自分では気にしないが、人に言われたら改めるに時間はかからない。

愛子ちゃんが、『ひいらぎ』を置いたら鬼門封じになるという。そうかそんな解決策があるなら、早速やってみることにした。ひいらぎはとげ状の鋸歯をもつ葉が特徴で、邪気を払う縁起木として生け垣や庭木に良く植えられるという。触れると、チクチクするのを鬼が嫌うからとも言われる。古くから邪鬼の侵入を防ぐと信じられ、庭木に使われてきた。

家の庭には表鬼門(北東)にヒイラギ、裏鬼門(南西)にナンテン(難を転じる)の木を植えると良いとされている(鬼門除け)。また、節分の夜、ヒイラギの枝と大豆の枝に鰯の頭を門戸に飾ると悪鬼を払うという(柊鰯)。そこで、ひいらぎを探すことにした。木や花に関することは、池田花店の池田義幸氏に聞いてみる。





年末年始の花卉セリ休止もあって、昨日15日に届いた。15日は昔の『成人の日』、長男の誕生日だ。届いた日は魔除けとは何の関係もないが、池田義幸氏に感謝して、本日ホームセンター西村ジョイ成合店で一式を購入して、友の言うように活けてみた。『ナンテン』も必要なら、またやってみる。『ナンテン』は一般的に販売されている。先の説なら裏と表の鬼門に飾る品物が違っているが、それでも無いより良いとする。

またこれを機会に、家相の勉強を動画投稿サイト『ユーチューブ』でやってみた。江戸時代から言われ出した、『住環境を整えるための秘策』のように説明されている。今の時代とは住宅環境が違う。例えば鬼門に、火を使う台所や湿気の多い風呂を作るなと言う。火災防火や、健康管理上宜しくないと言うことから始まっているようだ。とは良いながら、この狭い日本の住宅環境で、鬼門を気にしていたら家が建たないとも思う。

従って、鬼門封じ策が登場することになるのだが、動画投稿サイト『ユーチューブ』では、京都での鬼門対策が取り上げられていた。鬼門の位置に『白石』を並べたり、その白石と共に『いけず石』を置くというのもありました。京都は盆地で夏暑くじめじめし、冬は寒い。『住環境を整える』ための鬼門や、その対策を考えることに大きな意味があったのだと思う。

ウィキペディアには、ヒイラギは冬にも緑の葉と赤い実をつける植物なので、不死の象徴と考えられたという記述もあった。ヨーロッパの異教徒はヒイラギが男、ツタが女と考え、キリスト教以前から祭りに用いられていた。キリスト教のシンボルになるのは簡単なことで、先のとがったヒイラギの葉は十字架で処刑されたキリストの冠のイバラを表すとされ、赤い実はイバラが皮膚を貫いたとき珠となって落ちたキリストの血になったとされる(デズモンド・モリス『クリスマス・ウォッチング』(扶桑社)「42 家にヒイラギを吊るすのはなぜか?」)

ヒイラギは、日本だけの常緑樹ではなかったようだ。すると欧米にも鬼門があるのか。こう考えると、鬼門も教材になるものだ。






| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5495 |
| 社長日記 | 08:56 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑