■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2368716
今日: 197
昨日: 1590

建築士定期講習令和元年度第5回
3年に一度、受講が義務づけられている建築士の法定講習。私も昭和62年に、建物の勉強の一環として当時はやっていた「木造建築士」を受験しました。私もいろいろな資格に挑戦しましたが、この試験が一番難しかったと言い切れるほどでした。実務経験もさることながら、学科試験はまだしも、製図は至難の業でした。

付近の同業者が、「建築士資格なくて建物を語るな」のような喧伝で、受験の雰囲気を煽っていました。その御仁は既に合格していて、後に続く若者(当時の)は大変だったのを、30年以上経過した今でもよく覚えています。本日の会場は、県文書館で駐車場の心配もいりません。第5回は、今年度最後の講習であります。

講習は「宅地建物取引士」の、5年に一度の法定講習と同じように、9時20分から16時45分まで、途中退席は禁じられています。最後には、「修了考査(テスト)」が1時間あります。どこがどうとは言い切れないのですが、前回に比べると、講義内容が違っていたように感じました。新築中心からリフォーム・リノベーションへ軸足が移っているようでした。新築では、CO2削減や省エネルギー対策が加わっていました。

専門的なことは別として、制度改正の大型版を紹介します。令和2年から建築士試験の受験要件が変わり、新しい建築士制度がスタートします。建築士人材を継続的かつ安定的に確保するため、建築士資格の受験資格を改めること等により、建築士試験の受験機会が拡大されます。若い時に受験をして合格を得て、後から実務経験を積んで登録となります。

具体的には、令和2年から「実務経験」は「免許登録(試験要件でなく)要件」となり、原則として、試験の前後にかかわらず、免許登録の際までに積んでいれば良いこととなります。さらに、改正建築士法の施行(令和2年3月1日)に併せ、実務経験の対象実務の拡大等の法改正の趣旨に応じた見直しを行います。

一級建築士を見れば、改正前は4年制大学を卒業しても実務経験がなければ、受験が出来なかったのが、改正後は大学を卒業してすぐに受験することが出来ます。当然合格率が上がると思います。合格から2年の建築実務の経験を経て、登録(一人前の一級建築士)となるわけです。更に二級・木造建築士にあっては、大卒の場合には、実務経験義務がなくなりました。

建築確認制度にあっては、平成17年11月に発覚した構造計算書偽装問題で、建築主事、指定確認検査機関のいずれの確認審査でも構造計算書の偽造が見抜けなかったことが指摘され、平成18年6月改正において、構造計算の審査の厳格かとして、構造計算適合性判定員等による審査(ピアチェック)が導入されました。

大事故とか、大火災、はたまた大震災などをきっかけとして、法律は厳しくなる傾向ではありますが、国産木材が江戸時代とほぼ同じくらいあるそうで、これを使う工法の開発もされています。新国立競技場でも豊富な国産木材が使われたのは記憶に新しいことです。それも全国から県産材を集めたと言うから、この利用がこれからの建築界を変えるかも知れません。「何が何でも鉄筋コンクリートでなければならない」という神話が、昔話になるかも知れませんね。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4802 |
| 社長日記 | 09:48 AM | comments (0) | trackback (0) |
第2回香川宅建協会研修会2020冬
毎年のことですが、公益社団法人香川県宅地建物取引業協会主催の冬の研修会が、本日と明日、高松会場と丸亀会場で開催されています。われわれの業界の規制法は、「宅地建物取引業法」ですがこれは昭和27年、田中角栄氏ら10名の国会議員が立法したものです。終戦後7年で立法化されたのは、それだけ国民の生活に密着した案件だったからだと私は思うのです。

よく「衣食住」と言われますが、衣はそこそこ流行を言わないなら、「着た切り雀」でも暫くは生きていけます。食も死なない程度に食べることは、そう難しくないことです。それに比べて住は、所有・賃貸はともかくとして住むところがないと困ります。ホームレスでも、段ボールなどで自分の居住空間を確保しようとしています。それほど住は、どうしてもいるのです。

今日の研修のメインは、民法改正の解説です。講師は、佐藤貴美弁護士です。売買契約に関することは、前回やっています。本日は、賃貸契約に関する変更箇所の解説であります。民法の債権編は、任意規定であって契約の当事者間で自由に決めて良いことになっています。従って、民法がどう変わっても、契約内容はそう変わることはありません。なぜなら、「人が暮らす」ためにこれまでもあったものだからです。

民法の抜本的な変更は、120年ぶりと言われています。一番の変更は「保証」に関するところです。古くは「連帯保証人」をとって、家賃の滞納を担保していました。しかし実際は、機関保証といって保証会社に保証を委託しています。今の時代、「連帯保証」は親兄弟間でもとりにくくなっています。

それが改正で、保証の「極度額」を決めなければ、保証は無効になります。入口でいくら保証するか決めるというのです。5万円であれば12ヶ月60万円、その倍であれば120万円まで保証するというモノです。保証はなにも賃料だけではありません。これを「根保証」と言いますが、建物を壊した場合も、連帯保証人が保証することになります。退去時の「原状回復」も保証人の責務であります。

更に心配すると、たばこなどの重過失で火事を出したらその責任も出てきます。火災保険や機関保証が、これから益々重要視されると思われます。勉強は必要ですね。われわれは大きな責務と誇りを持っています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4801 |
| 社長日記 | 08:56 AM | comments (0) | trackback (0) |
七條章氏の藍綬褒章受賞を祝う会
24日高松市内の高松国際ホテルにおいて、標題の祝う会が開催されました。七條章氏は、「ランドハウス・ジャパン」という商号の宅建業者であり、私とはライオンズクラブの仲間同士です。ただし七條章氏は高松LC、私は高松栗林LCとクラブは違いますが、七條章氏とは、クラブを超えた付き合いをさせて頂いております。

今日の資料の中で、氏の経歴も詳しく書かれています。高松商の卒業で、私の大先輩とは知りませんでした。85歳ですが、「お若い」と言うしか表現が出来ない元気者です。というのも、今日の祝宴の余興は「受賞者謝辞および松島ヒストリ」と題した、「七條章独演会」でした。みずからが関係する「交通安全協会松島地区」等の人々を紹介し、その席を沸かせます。

地元松島地区の関係者や、ライオンズクラブから宅建協会、はたまた紫雲会役員として私の紹介もあったようですが、私は中座をしていて、大変失礼をしました。約30分は舞台上でマイクを持ち続け、楽しくワンマンショーをやっていました。参加者220人は、聞いている人ばかりではないのですが、反面次はわれわれの番だと構えているテーブルもありました。



また驚いたのは、5千円という会費制の徹底。会費制の祝う会も過去にありましたが、桜を見る会の5千円のように、5千円で支払いが終わるモノではありません。私も祝儀袋に「御祝」と自署したものを受付へ渡しましたが、なんとその袋を開けて、差額を突っ返すのです。もちろん顔見知りですから、腹も立ちませんが、それだけ七條章氏の意向が徹底されていたわけですが、これには驚きました。

3年前に他界された奥様も、地元各種団体に所属されて、奥様の話も多く聞かれました。まさに夫婦されて、地域貢献をされた方の受賞祝賀会でありました。私は七條章氏が飲料水「セブンアップ(七條)」を製造していたというのは、昔話では聞いていましたが、その現場は知りません。であれば、粉骨砕身、夫婦して多忙な毎日だったと思います。その工場跡地は、賃貸で大型量販店に貸しています。



日本に「ペプシコーラー」や「コカコーラ」が入ってきて、地元の飲料水はその姿を消しました。ここ仏生山町にも同業者がいましたが、同じように廃業に追い込まれました。香川県のみならず、他県へまで出荷していました。ある意味、町の自慢でありました。逞しく楽しく生きる七條章氏、益々好きになりました。受賞おめでとうございました。



京谷敏子先生とこの後10人でフォークダンス

| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4800 |
| 社長日記 | 09:58 AM | comments (1) | trackback (0) |
四国新聞「武者陵司の経済の読み方」に感服
2月23日(日)四国新聞3面の標題のコラムを、私は吸い込まれるように何度も読み返した。今が旬の二つの事柄に、私は強い関心を持っているですが、それを実に精密に切り取っておられる。最近のコラムの中で、私は秀逸、第一級のコラムであると思います。一端をお借りして、紹介します。ただし私が感服したにすぎないモノで、小欄読者がどうお考えになるかはフリーであります。

一つは新型コロナウィルスの蔓延、止まる兆しのないパンデミック(感染症の世界的流行)の恐怖、もう一つは米国の株高であります。第一の事象は、新型コロナウィルスによる肺炎の蔓延で、中国の国家資本主義の根本的欠陥が露呈した結果。今後中国経済と政治は、習近平国家主席にとって中国共産党と中国国家は、困難な時代に突入するだろう。本来中国共産党と中国国家は、別のモノとして考えられている。

他方、米国株式の好調さ、ドルの強さは米国株式資本主義隆盛の表れと考えられる。新年早々イラン革命防衛隊ソレイマニ司令官殺害、新型コロナウィルス蔓延など、ネガティブニュースが相次ぐ中で、米国株式は3指数そろって市場最高値を更新続けている。2009年3月の底値6,547ドルであったNYダウは、20年2月2万9,400ドルと、11年間で4.5倍、トランプ大統領が当選して以降の3年3ヶ月を見ても1.64倍と上昇している。

その牽引が、これまで言われていたGAFAではなく、MAGA(マイクロソフト・アップル・グーグル・アマゾン)というハイテク革命の旗手でいずれも時価総額1兆ドル(110兆円)の企業群。トランプ大統領はみずからのスローガンMake America Great Again にかけて、MAGAと呼ぼうと呼びかけている。難局での株高は、米国株式の地相場の強さをうかがわせる。

そもそも米国が米中覇権競争に勝つためには、何が何でも株式資本主義を成功されなければならないという、地政学面からの必要があります。米中覇権争いにおいて、最先端ハイテク技術開発を制するか否かが鍵を握っているのですが、それは資本力の勝負と考えられているからであります。

日経新聞(2月12日) は、「先端特許10分野中、AIなど9分野で中国首位、日米を逆転」と報道し、多くの分野で米国を凌駕しつつあるという衝撃的事実を報道していました。私も読んで、そんなモノかと驚きました。特に日本の体たらくには、なぜか怒りさえ感じました。中国は国家資本主義(というよりは指令経済)の下での集中的資本投下により、研究開発費を激増させ、米国に肉薄している。

このままいけば、数年で米国を追い抜くだろう。しかし先の特許も、今のところ肝心要の所は、まだまだ米国がおさえている。また今、焦点の5Gネットワーク技術とコストにおいて中国のファーウェイが圧倒的に先行し、米国の同盟国英国すら米国のファーウェイ排除策に同調できないでいる。英国自身もブレクジット・EU(欧州連合)離脱問題を抱え、独自の路線を歩むしかない状況で、米国に忖度する余裕はない。

現在米国では、大統領選の予備選挙が行われている。本来金融株式市場といった部門(俗に言うウォール街)は、民主党の独断場であったと認識しています。トランプ大統領は真逆の共和党、そして「にわか」と思われるトランプ大統領の政策は、これまで共和党が党是として掲げてきたことを忠実に実施しているのであります。もはや米国に猶予が残されていないと、米国民が気づいたのかも知れない。

この先端技術開発争いにおいてこそ、米国の株式資本主義の健全性、米国株高の持続性がパワーを発揮するだろう。米国は先端分野における投資競争に勝利する資本力を獲得し、覇権争いに勝利できるだろうと、四国新聞特別コラムニスト武者陵司氏は書いています。この説に合点するのですが、トランプ大統領は中国共産党(中国ではない)を、ぶっ壊そうとしているとしか見えないのです。

中国はドル金利の上昇(中国も貿易はドル決済)や、香港での混乱(ドルは香港を入口として中国国内へ入っている)、極めつけはこの新型コロナウィルスでの生産減が続いて、いよいよ窮地に立っている。私は米中どちらも好きではありませんが、ここ一番は米国に勝ってもらわないと、「一帯一路」が覇権を握れば、世界は暗黒の時代を迎えるようになると危惧します。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4799 |
| 社長日記 | 08:51 AM | comments (0) | trackback (0) |
東京讃岐会館8月閉館
香川県は21日、都内に所有する宿泊施設・東京讃岐会館(港区三田1丁目11−9)を8月末で閉館すると発表した。昭和47(1972)年オープンですから、築後48年の建築物で、老朽化が進み設備の不具合が多発し、運営が困難になったのが原因。周辺の再開発事業で、2022年度までに明け渡す予定ではありました。

東京讃岐会館は、もともと徳川松平高松藩の屋敷跡地で、そこに地上12階地下1階建ての本館と、地上3階地下1階建ての西館があり、宿泊室80室、宴会場9室、レストランなどを備えています。1972年にオープンし県庁生協が運営してきたが、経営難で2003年3月に撤退。同8月から喜代美山荘花樹海(高松市)が、「東京さぬき倶楽部」として営業しています。

再開発事業は、同会館周辺約2.5㌶(約7,500坪)を開発し、商業施設や再開発ビルなどを建設する計画。認可されれば22年度中に着工し、26年には完成予定であります。完成後再開発ビル内に取得する権利床を活用し、観光情報などのPRやイベントを開催するスペース、県産食材を使ったレストランなどを設置する方針。宿泊施設は再開発地域では認可されないため、やむなく用途変更計画が求められる。

私も一度だけ投宿した経験があるのですが、その時は共同の洗面所で、とても快適な空間とは言えなかった。プチ自慢のエピソードですが、小和田雅子さんが外務省在籍時、皇后陛下(当時は皇太子妃)になるからと送別会が計画されたのですが、その際に、今はないかもしれないのですが、木造2階建ての離れが使われたと聞きました。

外務省は、たとえ送別会でも閉鎖空間でなければダメだと聞きました。つまり貸し切りになる、一棟丸ごとの部屋が求められるわけです。駅から少し奥まった所に、森の中の老舗ホテルといった感じの、印象深いホテルでした。

その昔、香川県中小企業家同友会在籍の頃、香川県所有地のここと、香川県東京学生寮(東京都港区三田3丁目2番23号(JR山手線田町駅から約600m、地下鉄都営浅草線三田駅から約400m))の二つの不動産の詳細を調査したことがありました。われながら暇していたのでしょう、土地建物の謄本や地図は比較的簡単に入手出来たのですが、固定資産評価額は港区税務署管轄だというので行ったのですが、香川県知事の委任状がいると言うのです。

県有地の価値を県民が知ることに、行政のバリアーが高いなと驚きました。もう一つビックリしたのは、全国的に「国土調査」が市区町村で行われていて、高松市内のこのあたりは昭和43年頃、今から半世紀も前に終わっているのですが、大都会の東京港区三田(慶応義塾大学のキャンバスがあります。三田会の語源です)は、今から20年も前のことですが、その当時まだ出来ていませんでした。大都会は遅れているなと、驚きました。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4798 |
| 社長日記 | 09:23 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑