■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2021年03月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3312819
今日: 15
昨日: 1510

スズキセニアカーET4Dのメーカー希望小売価格368,000円(非課税)
四国新聞の、全5段広告が目をひきます。『運転免許を返納しても、行きたい場所へ。行きたい時に。』、そうなのです『高齢者用の電動車』です。製造販売は、スズキだけではないと思いますが、私が見た広告は、スズキセニアカーET4Dでした。価格の368,000円(非課税)というのは、比較検討材料がないので何とも言えないのですが、肌感覚では高くないと思います。

子や孫からのプレゼントも、多いのかと思います。もう10年以上前のことですが、徳島県の上勝町『おばあちゃんの葉っぱビジネス』の現場ですが、この電動車を使っておばあちゃんの一斉出荷風景を見た時の記憶がよみがえります。どうゆう理由か分かりませんが、電動車の後ろに旗を立てていました。まるで陣旗のような、目印の三角でした。それをなびかせながら、電動車が疾走します。

広告にも書かれているのですが、疾走と言ってもそう感じるだけで、最高時速は1km~6km程度で、速く歩く、ゆっくり走るスピードで、危ないという印象はありませんでした。しかしこれは山間の公道でのことで、自動車が走っていません。私が心配するのは、『高齢者の電動車』がこの付近の公道を競って走り出すと、間違いなく危険だと心配します。渋滞も発生するでしょう。

『高齢者の電動車』は運転免許が不要で、運転免許を返納してから本格的に利用するといったイメージでしょうか。操作がしやすく、音声ガイドなど安全安心機能も充実しているように書かれています。同ET4Eになると、さらにお安く308,000円(非課税)となっています。今私が狙っている、『健康マッサージ機』程度の価格帯です。

私も『健康マッサージ機』を購入した次に、買い求めるのが『高齢者の電動車』かと考えています。しかしこれには先に書いたように、公道をどんどん走るのには難があります。今でも裏道では走る姿を見かけますが、それはあくまで裏道であり、一般車両の少ない時間帯です。日中どんどん走るとなると、やはりトラブルが心配です。

とは言いながら、近未来には現実味を持って、実走行があると思います。どうするか、まず電柱の撤去移動は取り組まなければならない仕事だと思います。出来れば私有地内に、昨今電力会社も疲弊していて、にわかに撤去移動と言われても出来ないと思います。1本、10本、100本という単位でなく、町全体で実行するとなると、大変な費用が予想されます。理想は地中埋設ですが、これにはさらに費用がかかる。

これからのビジネスとして、高齢者市場をターゲットとするマネージメントは欠くことが出来ないと思います。人生100年とは言わないまでも、80・90歳時代はすぐそこにあります。何とも悩ましい現実です。商品に対して、消費税『非課税』というのも、販売加速につながるかもしれません。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5176 |
| 社長日記 | 10:42 AM | comments (0) | trackback (0) |
松山商業野球部の応援ページになぜか高松商業が登場
高商野球部後援会の真鍋健彦会長から、愛媛新聞の関連先である、『愛媛のスポーツマガジンEdge(エッジ)』の記事を頂きました。早速拝見すると、松山商業の復活を願いながら、戦前からライバル関係にある高松商業の『今』を多田良介記者が、長尾健司監督にフォーカスしながら紹介しています。本人に聞くと、高商の練習を取材して、長尾健司監督や高商倶楽部の山口富士雄さんにも談話をもらったと話していました。

私も『古豪復活』となると、松山商業の復活を思い浮かべます。高商は2014(平成26)年春、中学と高校の人事交流という名目で、香川大学付属坂出中学校の教員だった長尾健司氏を招聘した。しかしその実態は高商が招いたと言うより、香川の野球復活を願う県民や県教育委員会の人しれない長期計画があったと細松英正元教育委員長から直接、高松空港ビル役員室で伺った。

長尾健司監督の就任には、OBからも反対の声があったと聞く。そればかりか、選手や父兄会からも「中学校の教員に何が出来るんじゃ」と大バッシング。それでも2年目に、早くも結果が出た。態度は良くないが、能力の高い選手も揃っていた。細松英正元教育委員長も『長尾よ、5年が勝負だ』と、短期改善しか勝機がないと長尾健司監督を押し出したようだ。

秋季四国地区高校野球大会で頂点に立つと、明治神宮大会でも大阪桐蔭(大阪)や、敦賀気比(福井)などの強豪を撃破して初優勝を果たす。そして選手のストッキングに、ブルーの新たなラインが入った。全国優勝の証として、ストッキングにラインが入るのが高商の伝統です。幸せ者の私は、この大会のすべてを観ました。選手の宿泊先が偶然にも品川プリンスホテルだったこともあって、情報も漏れ伝わってきました。

そして20年ぶりに甲子園に戻った翌春の選抜大会では、1回戦でいなべ総合(三重)を苦戦の末の延長10回7-6で下して勢いに乗ると、実に55年ぶりに決勝進出。智辯学園(奈良)に1-2で惜敗するも、準優勝を飾った。多田良介記者は、『長い低迷を打ち破る快進撃に、OBたちは涙を流して喜んだ』と横で見ていたように書いている。

決勝戦まで進んだのは奇跡だったが、あの試合は『勝てた』と今でも残念無念。悲喜こもごもが高校野球の醍醐味だ、勝つこともあれば負けることもある。この記事の中で、共同生活で培う一体感『さくら寮』の日常として、『松山商業高同窓会館さくら寮』が取り上げられている。私の福岡の甥っ子は、今春、埼玉の私立高校野球部へ入る。『ノブヒロの高商には、学生寮がないばい』と言われた。悔しい、生活の場なら仏生山町にあるが。

毎年生徒が入れ変わる中で、『常勝チーム』を作ることは大変なことだと思う。経営でたとえると、経営者の考えを全従業員が理解し、肚に落として実践する。一人一人が目標に向かって邁進して、はじめて結果が出る。リーダーの考えを理解する程度ではモノにならない。公立高校は私立高校と比べて、確かにハンディキャップがある。出来ることは、OBなどわれわれが、幾らかでも環境整備をすることだろう。

松山商業の復活は、香川県人とて願うことだ。更に言うなら、『四国に四商あり(高松商・松山商・徳島商・高知商)』。4商の復活となると夢のまた夢かもしれないが、松山商は大野監督にかわり、県大会でも良いところまで勝ち上がるようになり始めた。聖カタリナに負けたようだが、面白くなり始めている。さあいよいよ春、球春がやってくる。







| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5175 |
| 社長日記 | 09:14 AM | comments (0) | trackback (0) |
20年度県ボランティア大賞1個人3団体にオイスカも
心温まる地域のボランティア活動を顕彰する香川県の『2020年度ボランティア大賞』の表彰式が3日、県庁でありました。代表者が出席し、受賞の喜びや今後の抱負を述べた。同大賞は、ボランティア活動の活性化や全県的な機運の醸成を目的に2001年度に創設。今回を含め、これまでに38団体17個人を選んでいる。

県内各地で、地域や企業と植林活動を行う『オイスカ四国支部』(高松市・泉雅文代表)もその一つの団体として表彰された。オイスカではその日の午後3月の幹事会を開催し、浜田恵造香川県知事からの表彰状や記念の盾などの披露があった。写真は、昨年11月15日に行われた『まんのう町尾の瀬山・オイスカの森』の植樹と下草刈りの様子です。

今日は写真が豊富なモノで、拙文はこの程度にしておきます。たまにはみなさまも『解放』されて下さい。



テレビ会議システムも活用

元会長石井淑雄氏から多額の寄付

四国電力労組橋本委員長から

新事務局員チェさんへの辞令

| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5174 |
| 社長日記 | 09:05 AM | comments (0) | trackback (0) |
熊本の阿蘇山麓にジョー・バイデン町長が再選
任期満了に伴う熊本県上益城郡山都町の町長選挙が28日投開票され、現職(2017年3月6日から町長)の梅田穣(うめだ・ゆたか=73)氏が、元会社員で新人の有働秀一(64)氏を破り再選を果たした。梅田氏は昨年の米大統領選中、名前を音読したら『じょう・ばいでん』と読めるとインターネット上で話題になっていました。

得票数は梅田氏が6699票、有働氏が1657票で、梅田氏の圧勝となったようです。投票率は67.56%、田舎の集落にしては若干低いかなと思います。梅田氏は「ジョー・バイデン大統領のおかげで、山都町(やまとちょう)を全国区にしてもらった。今後は(そのような)まちづくりに取り組んで行きたい」と意欲を語った。

私も米大統領選に関連した梅田町長(合併後第3代目)の話題をマークして、『山都町』を検索してみました。合併前の2004年7月14日 第9回協議会において、全国公募の中から町名を「山都町(やまとちょう)」に決定。 応募理由は「山の都として栄えるように。山を三と読替え、3町村が栄えるという意味も含む。大和朝廷の「やまと」と同じ響きなので。」実に優雅で、誇りに溢れた町名です。

2005年2月11日 山都町誕生。「山都町」「九央町(くおうまち)」「美山町(みやまちょう)」の3候補の中から選ばれた。熊本でも東端、大分県に近いところにあります。まさに「ぽっんと一軒家」に登場しそうな、山深いところのように見受けられます。世界最大級の阿蘇カルデラを形成する南外輪山のほぼ全域をおさめ、南側は九州山地に接している。

一級河川である五ヶ瀬川、緑川は町内の山間部にある水源を源流とし、分水嶺を境にそれぞれ東西に流れている。標高は、300メートルから1700メートルにあり、そのうち300メートルから900メートルにある居住域については、平野部との気温差は各月平均で4度ほど低く、準高冷地の気候であるとホームページに書かれています。

新聞紙面の片隅のネタですが、梅田町長の言うように、こんな小さな話題でも観光のネタになります。ジョー・バイデン町長に会えるとして、執務室をシースルーにしたら、新名所になるかもしれない。その昔、『ひげの市長・鐘ヶ江管一元島原市長』に謁見した時の感動を思い出します。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5173 |
| 社長日記 | 08:45 AM | comments (0) | trackback (0) |
3月はる弥生からはじまります自転車移動
今月16日、久しぶりに『予防協会健康管理センター』の健康診断へ行きました。会社の総務さんが、日程の段取りと検査内容について、検診側と交渉をしてくれています。新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、健康診断も「密閉・密集・密接」を避けるため、例年なら12月に予定を入れてくれているのですが、2カ月ぐらい後ろ送りになりました。とは言いながら、別に急ぐわけでもありません。

それでも7:45から受付の第1班、8:45からの第2班、9:45からの第3班と時間をずらして受診者を迎えています。検査も手早いですね、2時間弱で私のように検診科目が比較的多い者でも終わります。最終的な検査結果は後日書面で届くようですが、途中での医師との問診では「体重を4kg落としなさい。すると血圧も正常値に落ち着きます」と言われてしまいました。

過去にも別のところですが『PET検診』の際、脳外科の先生から『内科医なら禁酒日をもうけなさいと言うだろうが、私は毎日30分歩けとアドバイスする』と言われ、この言われ方に私の内心が反応してこれはもう数年続いています。今ではこの新型コロナウィルス禍も重なり、ほとんど毎日自宅でお昼を頂き、そのまま室内ウォーキングマシンで30分歩いています。

さて本日のネタですが、変わらずほぼ毎日30分歩いていても、体重が減りません。昼食もかみさんに相談して、食べる量を減し始めました。このコロナ禍で夜の出歩きもなくなり、夜も歩かないと自己ノルマの8,500歩の達成が出来ません。そこで次の手を考えました。医者とのやり取りは素直に聞き入れて、毎日これまで同様に時速5.5kmで30分以上の歩行、かつ8,500歩の達成。そのかわり、1合程度の飲酒で禁酒日なし。

加えて少なくとも、昼食時の移動に自転車を使うことにしました。最初から宣言しておきますが、やるのは暖かくなる春の3月に入ってから、雨の日は自転車には乗りません。話が逸れますが自転車というと、高松は狭い町で転勤族は自転車で生活をするほどです。支店長クラスになると、歩いてすべて、つまり出勤も退勤も、飲んで遊んで帰るのも、休日の買い物もすべて徒歩で完結します。流石にゴルフは歩いてとはなりませんが、それでもクルマで1時間程度。

社員さんが『要らなくなった』と言って、立派な自転車を会社へ寄贈してくれています。何とか利用できないモノかと考えていたのですが、自転車と言えば平成28年7月16日に起きた自民党の谷垣禎一元幹事長が皇居周辺を自転車で走行中に転倒してしまい、「頸髄損傷」の重傷を負った事故を思い出すのです。その後、手術と長期入院を余儀なくされ結果、政界を去ることになってしまった。その後に今の二階俊博幹事長が、就任しています。

谷垣氏といえば、政界きっての自転車フリーク。私のチョイ乗りとは、わけが違う。それでもモノから入る私は、西村ジョイで自転車用ヘルメットを買い求めて来ました。自転車に乗る者は(誰も乗らないのだろうが)、必ずヘルメットを装着するようにやかましく言い始めて、迷惑がられています。実験距離はわずか1km程度ですが、かなり足に来ました。これで予定通り体重が4kg減れば、めでたしめでたし。

参考になるかどうか分かりませんが、スポーツ庁によると、1日に11時間以上座っている人は、4時間未満の人に比べ、死亡リスクが40%も高まるとされています。私も休日で巣ごもりをしていたら、30分の歩行を2回しないと8,500歩に届きません。100歳までは冗談としても後、20年は元気で自分暮らしをしたい。久保喜治さんの真似は、とても出来ませんが。




| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5172 |
| 社長日記 | 09:19 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑