■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019年08月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1892665
今日: 1153
昨日: 3752
 

公益財団法人日本賃貸住宅管理協会東京支部主催セミナー
「小さな会社で最大の成果を出す有資格者の強みを活かしたネット集客」と、なんとも長いタイトルですが、最近のテレビ番組のタイトルと同じように長いですね。テレビも昔のような、15分や30分番組がなくなり、2時間の尺が当たり前のようになっています。タイトルも、時代の雰囲気を醸し出しているように思います。

ここで言う資格者とは、この組織が作っている「相続支援コンサルティング」を言うのですが、宅建業者(不動産業者)が空き家などの相続物件を売却するなど、相続は宅建業界にとって、重要な勉強課題の一つになっています。相続の範疇からスピンアウトした「家族信託(民事信託)」など、相続関連は進化しています。やはり勉強というか、情報収集が求められるこの業界です。

場所はJR東京駅近くの、公益財団法人日本賃貸住宅管理協会会議室です。参加費無料は、田舎者にはありがたい。高松からだと飛行機代やホテル代がかかります。案内を見て、「四国支部所属ですが」と問合せをしましたが、「参加できます」との返事でした。東京支部、定員30名にも拘わらず、ありがとうございます。

内容については多くを語りませんが、第一部の高田晃氏(㈱ラグランジュポイント代表取締役)の話しは、SNSを駆使した小さな会社が紹介を超えた集客をするためのWEB戦略を、自らの実践にベースを置きながら、熱く語っていました。私も久しぶりに「目から鱗」でした。スマートフォン(スマホ)ネイティブは、やはり発想が飛んでいます。

第2部は、菊池則夫氏(税理士法人スマートシンク所長)です。私は予定して机の上に置いていたのですが持参するのを忘れた、「相続支援コンサルタント業務の進め方」(1,000円)を受付で買いました。休日に100円払って自分の預金口座から出金する感覚です。残念無念、開き直って今日の参加費が1,000円であったと考えました。

二つのセミナーは、実に面白いモノでした。参考になります。さてその次ですが、湯川正の待つ京葉線「千葉みなと」へ急ぎます。この会場は東京駅の真西にあって、駅へ近いのですが、八重洲北口から京葉線まで600mは歩きます。そこから40分程度、東京湾の東側に千葉みなと駅はあります。

ここから出迎えてくれたご学友の湯川正と、マンション群をクルマで移動します。彼は腰を痛めていて、原因不明の腰痛に悩まされています。「200mを歩くのが辛い」と、言うほどです。それで私が、自宅マンションへご馳走になりに来ました。夫婦の話、子どもの話、孫の話、そうそう山手線でその母親に聞くと「百笑ももえ」と同じ昨年八月誕生の男の子に、泣かれました。「百笑ももえ」は、私を見ても泣かなくなりました。

帰りは「千葉駅」まででると、品川へ直通の新線があると言うので行ってみました。千葉駅は、デカいですね。千葉県庁舎は「千葉みなと」にあるようですが、流石県都千葉、ビックリしました。品川駅まで確かに便利ですが、ホテルのチェックインは23時を過ぎていました。なんと言っても東京圏は、広いですね。あれだけ移動しても、「スイカカード」の残額は残っています。高松・岡山間より、格安でした。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4472 |
| 社長日記 | 10:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑