■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2151370
今日: 2085
昨日: 2404

香川県内政党支持率自民党トップでも38%2019香川参院選調査で
7月21日(日)の投開票が決まった参院選の、公示(7月4日(木))まで1週間を切った週末の高松市内。現新2陣営は、互いに県内各地を東奔西走。街頭演説で支持を呼びかけるなど、「令和」初の国政選挙に向け火花を散らしている。

また30日の四国新聞朝刊では、時事通信社と四国新聞社が県民1千人を対象に行った「合同世論調査2019香川」で、自民党が38.3%でトップとなり、堅調に推移していることが分かった。一方野党では、立憲民主党が7%、国民民主党が2%にとどまり、党勢が伸び悩んでいる。

ただ「支持政党なし」が37.8%あって、支持政党なし層が反自民に流れたら、自民党現職三宅伸吾氏も苦戦を余儀なくされる。無党派層を狙って国民民主党の玉木雄一郎党首(香川第二)は、西陣織研究家尾田美和子氏を担いで、共産党候補を降ろして野党一本化で現職に迫っている。先の世論調査でも、自民党は無党派層を除くと、ダントツ1位ではある。

自民党公認三宅伸吾氏の優位は動かないところだが、国民民主党の玉木雄一郎党首は、自らの選挙地盤の香川第二選挙区を中心に、これまで政治経験が全くない尾田美和子氏を担いで、政治論争には触れずに、男と女、専門家と素人というような雰囲気選挙に持ち込もうとしているように見受けられる。

玉木雄一郎氏は香川第二選挙区では多くの得票をえているが、第一選挙区は自民党の平井卓也衆議院議員、第三選挙区でも自民党の大野敬太郎氏が現職として頑張っている。ここへ来て四国新聞が、自民党優位と調査結果をこのタイミングで発表したのは、三宅伸吾氏への忖度だろうか。

対立候補の尾田美和子さんは、高松商の出身で、「高商初の国会議員」という宣伝文句もあったが、私の知る限りでは大きな波にまではなっていない。一寸先が闇と言われる政界で、魑魅魍魎何が起こるか最後まで分からないが、政治に関心を持ち、二人の言い分をよく聞いてとにかく投票には行きましょう。令和元年、暑い讃岐路の選挙になりそうです。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4554 |
| 社長日記 | 09:34 AM | comments (0) | trackback (0) |
令和元年度宅地建物取引士資格試験申込受付開始
宅建(不動産)業界の最も基本的な資格が、「宅地建物取引士」であります。47都道府県知事が、「一般財団法人不動産適正取引推進機構」に試験事務を発注し、機構が試験問題を作り、試験を実施し、合格者を決めます。大昔には、各都道府県知事が独自に試験づくりから試験実施までやっていたようです。昭和55年試験は、香川県知事だったように思うが。

香川県にあっては、「一般財団法人不動産適正取引推進機構」から試験実施の部分を、「公益社団法人香川県宅地建物取引業協会」が請け負っています。受験申込み受付から、会場の準備、試験業務の実施、答案用紙等の発送まで執り行います。これらの準備状況など、数度にわたり事前打ち合わせが行われています。

宅地建物取引士は、不動産取引の専門家として重要な役割を担っており、宅地建物取引業者(一般的に言う不動産業者のこと)の業務に従事する者5人につき1人以上の設置が求められるなど、不動産業界で活躍するためには必須の国家資格となっています。

また、宅地建物取引士の資格は、金融機関をはじめとする多くの企業においても高く評価されています。そして拡大する不動産投資市場においても、基礎となるスキルを身につける上で、不可欠な資格となっています。これまでの資格登録者は、約105万人(平成31年3月末現在)になっています。

この資格登録者とは、試験に合格し登録を済ませた者の数で、合格者はこれ以上います。合格→登録→取引士証交付→宅地建物取引士の業務が出来ることになります。また宅地建物取引士資格試験は、一度合格すると一生有効です。ただし先にも書いた通り、宅地建物取引士として業務に従事するためには、都道府県知事への登録・取引士証の交付が必要となります。

そして取引士証の交付をうければ、5年ごとの更新(更新料12,000円)が求められます。この時に更新料と、丸一日(6時間)の「法定講習」の受講義務があります。この法定講習も、県下2会場で公益社団法人香川県宅地建物取引業協会が行っています。もちろん、香川県土木部住宅課の指導監督の下、受講科目と講師等を決めて実施をしています。

このことが同時に、公益社団法人香川県宅地建物取引業協会の公益業務の一つとされています。正確には「保証協会」の業務ですが、「業協会」と共同して取り組むことになっています。いろいろ書きましたが、この資格試験の最大の特徴は、年齢学歴に関係なく、誰でも受験できることです。3年間真面目に取り組めば、法律の素人でも合格しています。

その試験の受付が、7月1日(月)から開始されます。インターネット受付、郵送受付の2種類あり、受験手数料は共に7,000円となっています。問合せは087-823-2300・https://www.takken-kagawa.jp/
そうそう肝心の試験日は、10月20日(日)。今年もまた、高松秋のまつり「仏生山大名行列」と重なりました。




| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4553 |
| 社長日記 | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
令和元年・全宅政治連盟と全宅管理の総会
東京紀尾井町のホテルニューオータニで行われている全宅蓮関連総会の二日目、9時からは第49回全国宅建政治連盟総会でした。全宅連には早くから政治連盟が組織されて、税制改正などの提言を国会議員へ、また地方でも首長や議員さんに政治資金を、パーティ券等であがなっています。

三すくみの関係で、われわれは議員さんに強く、議員さんは行政マンに強く、行政マンはわれわれに強い。それでわれわれは、議員さんと良き関係づくりに奔走する。参議院選挙が近づき、議員さんが一斉に動き出しています。選挙民も、せめて投票には行くべきです。弊社も投票を済ませていない者は、出社するなと言いますが、動きは鈍い。

令和は、大転換の時代になるような予感がします。「令」は人がかがんで天の声を聞いている姿を現す象形文字と、言われています。2679年間、これまで一度も使われたことがない「令」がこのタイミングで登場しました。安倍晋三内閣が決めたと言われている「令和」ですが、そんな訳はありません。上皇が現天皇と相談して、お決めになった元号です。

その後11時から、一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会第9回定時社員総会。一般社団法人は、会員ではなく社員です。本来なら会長ではなく「代表社員」です。佐々木正勝会長は、本当に頑張っていると思います。本日承認された「特別選出委員」の理事昇格ですが、二村伝治(愛知)氏、千振和雄(京都)氏、三好孝一(福岡)氏の3人ですが、いずれも佐々木内閣の正副大臣クラスです。

あたらしい年度計画に、「賃貸不動産経営管理士」試験の4問免除講習をするように発表されています。公益財団法人日本賃貸住宅管理協会がはじめた私的資格ですが、将来国土交通省が「賃貸不動産経営管理士(5万人)」を公的資格に昇格させる雰囲気を感じ取ったこの全宅管理が、いち早く乗り合いしたものと推測されます。

「少額短期保険(表向きは全国賃貸管理ビジネス協会)」などで先を行く公益財団法人日本賃貸住宅管理協会(ビジネス協会と表裏一体1,200社)ですが、全宅管理(全国賃貸不動産管理業協会)も負けていません。3月末でその数6,118社、こちらも全宅連10万社と表裏一体ですから、1割の1万社が目標であります。

賃貸管理業は、市井の住生活で重要な位置にいますが、いまだ法制化がありません。好き勝手にやれている訳ですが、昨今の欠陥アパート問題、金融機関のデタラメ、建築させるが為の信用偽造など、賃貸管理業に対する世間の風は、台風のように吹いています。ある意味正しいモノを守るための法制化が、望まれるところであります。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4552 |
| 社長日記 | 09:27 AM | comments (0) | trackback (0) |
第54回令和元年全宅連定時総会等
本日27日東京・ホテルニューオータニにおいて、まず全宅保証(公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会)の第47回総会、続いて全宅連(公益財団法人全国宅地建物取引業協会連合会)の第54回定時総会と懇親会が行われました。どちらも事前の準備が万端で、原案通りすべてが可決されました。



今朝は、日本列島台風の接近情報と、ここ高松においては「濃霧」との戦いがあります。二便のJALでしたが、無事に東京羽田空港に到着しました。東京はこの段階では、曇り空でありました。東京では、夜から雨の予報が出ています。全国47都道府県から、会長以下関係者が上京しています。日本も広いもので、いろいろ支障があったようであります。

さて公益社団法人全国宅地建物取引業保証協会(全宅保証)の総会ですが、ここでも会員減の問題がクローズアップされています。物故などの自然減もあるのですが、全国に国土交通大臣が認可した二つある「保証協会」のひとつがここの「全宅保証」ですが、かたやもう一つ許されている「全日保証」に新規入会が増えている現象が表出しています。

大都会東京や大阪などで、集中的に「全日保証」の会員が増えています。原因の一つに「入会金」の多寡に原因があるのではないかと会場から質問がありました。この「全日保証」と「全宅保証」はともに中小零細不働産屋の保証組織であります。

国は不動産取引の安全性を担保するために、1,000万円(支店にあっては500万円)までの保証制度を作っています。持ち逃げなどの不慮の事故に備えるためであります。消費者には迷惑をかけられないと、国は考えているわけであります。そのために二つある「保証協会」のどちらかに加盟して、その負担金60万円の現金を支払うことで、1,000万円までの保証が受けられることになっています。

その保証協会の母体は、全宅保証であれば公益財団法人全国宅地建物取引業協会連合会であり、全日保証であれば、公益社団法人全日本不動産協会となっています。この二つはクルマの両輪ですから、どちらかに属さないと、1,000万円の供託金を東京法務局に供託することになっています。

歴史的には、公益社団法人全日本不動産協会の設立が昭和27年と早いので、当然全日保証が早く出来ています。しかし全国的には、公益財団法人全国宅地建物取引業協会連合会の会員が圧倒的に多いのが現状です。その構成が、昨今の公益社団法人全日本不動産協会の攻勢のため困ったとなっているのであります。

懇親会は、10万社会員を擁する組織に、国会議員数(議連)の136人の内、多くが駆けつけてくれていました。毎年これを見ると、この組織は凄いなと関心をします。何と言っても、日本一の中小零細不働産屋の組織であります。明日は引き続き、同政治連盟、全宅管理の総会が控えています。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4551 |
| 社長日記 | 09:58 AM | comments (0) | trackback (0) |
夏の高校野球県大会の抽選結果
第101回全国高校野球選手権香川大会の組み合わせ抽選会が、21日(金)高松市林町のサンメッセ香川で行われた。香川県高野連加盟38校が出場、優勝校が全国選手権(8月6日(火)開幕・甲子園)出場権を獲得する。母校高松商は第1シードとして、Aゾーンで戦うことになる。2位シードの四学香川西(Dゾーン)、3位シードは尽誠(Cゾーン)、4位シードが藤井(Bゾーン)となっている。

四国新聞が予想する本命は、春夏連続の聖地を目指す高松商。U18ワールドカップの高校日本代表1次候補として選ばれた左腕香川卓摩投手をはじめ、投手陣も安定していて、打線も切れ目がないという評価であります。ただし高商倶楽部の山口富士雄氏は、「香川君は軽四自動車」と評している。連投は、難しいと見られている。

タダ高校生のすること、追いかける各校も春から確実に力を付けている。投打にまとまる四学香川西、藤井、打線に破壊力のある尽誠のシード勢は、優勝を狙える実力を備えている。高松商のAゾーンは、順調に3つ勝つと、藤井のBゾーンと戦うことになる。

22日(土)、高商紫雲会の理事評議員会が開かれて、春の大会で集めた募金が2千万円ほど残った旨の報告がありました。募金総額は、6千万円余でありました。われわれOBは、夏の大会へ出場するように誠に勝手だが胸算用をしているのですが。夏は大会出場決定から本番まで時間がなくて、募金活動がタイトになるという。

以下に抽選結果を掲載する



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4550 |
| 社長日記 | 07:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑