■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2024年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2423902
今日: 1741
昨日: 7301

春の訪れを感じる今日この頃2024
卒業式の祝辞の冒頭のような書き出しになってしまいましたが、ここ数日夜明けが早くなり、朝の日差しが私のトレーニング中の部屋にも差し込んでくるようになりました。高校の卒業式が終わり、中学校も終わり、そして小学校の卒業式があります。関西では奈良東大寺の二月堂のお水取が終わると春の訪れを感じると言われています。

またこのところ心の隅にわだかまっていた『早明浦ダム』の貯水率が75.9%(平年値79.5%)まで回復し、取水制限が解除されました。春先の取水制限は、大したことはないと思いますが、県民には一抹の心配事でありました。解除になったからとて、ジャブジャブ無駄遣いするわけではないのですが心のわだかまりがとれて、さあ思い残すことなく春を迎えることができます。

本来なら春と言えば甲子園の『選抜高校野球大会』ですが、ご案内の通り今年の『選抜高校野球大会』に香川県からの出場はありません。また折に触れて小欄で紹介することがあるやもしれませんが、『高松商』の話題はありません。しかし来週には、香川県大会が始まります。高松商は24日、優勝校候補筆頭(三本松OBがそう言うのです)の三本松と対戦します。私はレグザムBP丸亀が試合会場だと信じていましたが、三本松OB松田展和氏に指摘されて危うく難を逃れました。

今年の高松商は、久しぶりのノーシード校で、ある意味新鮮な気持ちで戦えます。先般長尾健司監督に話しを聞いたら、「140キロ投げる投手が4人」と言っていました。笑いながらですから、コントロールに難ありですか。高校生ですから、出る杭は伸ばしてやりたい。足りないところには目をつぶる。とは言いながら、決勝戦まで予定をあけています。

気候変動に関してはいろいろな功罪の報道がなされ、人ごとながら一喜一憂です。東北松島沖の金華サバ漁に、鯛が混ざっていて『鯛茶漬け』の商品ができたとか。逆にサンマの群れが沖を離れて遠くを回遊するようになって、漁獲量が減っているなど自然と共に仕事をする産業を中心に『変化』に惑わされているようです。

今年の夏は、『猛暑』の予感がしています。報道でもそう言われていて、昨年の比ではないと警鐘が鳴らされています。みずからもよわい年を重ね体力・抵抗力・気力までの衰えの一途。内心上手く超えられるか一抹の心配もありますが、何とか順応してしたたかに生きて見せます。私は己の誕生がこの春のためか、この時期が本当に好きです。70余年前の今日は、母親が大きなお腹を抱えて「もうすぐ春ですね」と願っていたことでしょう。かあちゃんありがとう。毎朝「とうちゃん、かあちゃん、えみちゃん、ぼく、ありがとう」と写真に手を合わせます。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6287 |
| 社長日記 | 09:38 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑