■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2024年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2423969
今日: 1808
昨日: 7301
 

大谷翔平選手の激走はホームアウトだが水原賭博事件関与はセ-フ
米大リーグ・ドジャースの大谷翔平選手(29)の元通訳、水原一平氏(39)の違法賭博疑惑で、米連邦検察は11日午前、米ロサンゼルスで記者会見を開き、大谷選手の預金口座から1600万ドル(約24億5000万円)以上を不正送金した銀行詐欺容疑で訴追したと発表した。

水原氏は近くロサンゼルスの連邦地裁に出廷し、罪状認否に臨む。水原氏が罪を認めれば、連邦判事の判断で刑罰が減軽される司法取引が成立する見通しだ。訴状などによると、水原氏は違法な賭博行為で出来た借金を返済するため、大谷選手の許可なく、銀行をだまして多額の不正送金を行った罪に問われている。

水原氏は2018年、大谷選手がエンゼルスに移籍するために渡米した際、大谷選手の口座開設を手伝った。大谷選手以外で口座にアクセスできるのは、水原氏1人だったとみられる。水原氏は21年9月以降、違法なブックメーカー(賭け業者)と何回にもわたってスポーツ賭博に興じていた。野球に関連した掛けは、なかったようだ。

水原氏は大谷選手の口座の連絡先情報を自身の連絡先に変更した上で、大谷選手本人と偽って銀行に電話をかけ、電信送金を許可するよう行員をだました。一方、捜査当局は、「大谷選手が水原氏の違法賭博や借金に関与していたことを示唆する証拠はない」と判断した。

米連邦検察の発表を受け、水原容疑者の違法賭博疑惑について調査している大リーグ機構(MLB)は11日、「本日開示された情報と、我々がすでに収集したその他の情報を考慮し、さらなる調査が必要かどうか、刑事訴訟の解決を待って判断する」との声明を出した。

これらの報道を聞いて胸をなで降ろした人は、世界中で多くいると思います。特に司法当局の調べは2021年、水原一平氏が賭博に手を染めたとされる前からの通話を傍受した記録まで遡って調べている。賭博元と水原一平氏の会話記録が現存するというのも驚きだが、その米国での調査で、一連の事件に大谷翔平選手が全く関与していなかったことが明らかになった。

私が小欄で吐露したように、同情した大谷翔平選手が水原一平氏をかばって送金したのではないかと心配したが、これまでの発表だけでも大谷翔平選手に非がないことがハッキリとした。安心しました、この先、彼の今年の活躍を朝一番のTVで心置きなく観られる。昨年のWBCからの大谷翔平選手の大活躍、岸田文雄首相より多くの露出を稼いだ躍動美、今年もまた観ることが出来ます。

また大谷翔平選手の活躍に刺激され、山本由伸投手ら数名の日本人選手も本場大リーグで活躍している。最初に海を渡った野茂英雄投手から、松井秀喜氏、鈴木一朗選手、その中でも大谷翔平選手は十指に入る逸材。本人も努力を重ねている。日本の野球が世界的レベルにあることが、日を追うごとに証明される。

先の大谷翔平選手自身の会見後、今日の司法当局の発表で大谷翔平選手の関与は疑いのない『セーフ』となりました。10日のミネアポリスでのツインズ戦で、7回フリーマンの二塁打で一塁から快足を飛ばして本塁に滑り込んだ大谷翔平選手。審判の『セーフ』がビデオリプレーで判定が覆り『アウト』となったが、人の目ではセーフに見える大谷翔平選手の勢いだ。逆に水原事件での大谷翔平選手の関与疑惑は、完全に『セーフ』になった。これにはビデオ判定も、お呼びではない。これまた失礼しました。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6317 |
| 社長日記 | 06:20 PM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑