■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2020年08月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2783599
今日: 1011
昨日: 3576

高松栗林ライオンズクラブ第1386回2020年7月第2例会
7月第一例会を欠席した私には、久しぶりのリアル例会でした。ライオンズクラブは、みんなで一緒に汗をかき、ほんの少しだけの社会貢献をするというのが本分です。それが新型コロナウィルス感染拡大のため、社会奉仕のアクティビティーは勿論のこと、月2回の例会すらままならない状況が続いています。

7月に新体制が始まり、今期はと期待していた私は、今日の県民ホール6階「レストラン・シレーヌ」での例会にがっかりしました。ここは料金も格安で、内容もB級グルメの食事で私にはぴったりであります。カレーと焼きそばが定番のはずが、今日はそれがなくて何と弁当でした。速く済ませて、家へ帰ってお食べなさいと言わんばかり。

例会の内容にも工夫がなく、次第を片付けるだけであります。今の時代、ライオンズクラブの100年の伝統が変わることはあり得ることかと思いますが、人とヒトとの絆が切れることはありません。今のコロナ禍で、奉仕活動や例会もままならぬなら、一層「休会宣言」をしたらどうか。だらだら言い訳程度にお茶を濁すより、堂々と「休会宣言」をして「存在」はするが、「活動」しないという前提にすればどうだろう。

数年後それでもいらないというのなら、解散もあり得るのではないだろうか。ライオンズクラブは100年の区切り目で、設立当初の目的を達成し、その後の進化は果たしていないのかもしれない。親クラブは、会員が二桁へ届かず、祖父クラブも会員減であえいでいる。私も在籍40年、いろいろ楽しませてもらったが、今のやり方ならこのあたりで次のことを考えようかと逡巡する。

臥薪嘗胆、断腸の思いで第1005回例会を中止にした私には、今のやり方は致し方ないと理解はするが、求める姿では決してない。生きてもこの先20年、7300日しかない。お茶を濁していたのでは、美味しいお茶は頂けない。反面「理事」職を拝命している身、6月期末までは濁ったお茶を美味しく頂こうと思う。




| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4948 |
| 社長日記 | 10:19 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑