■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2692907
今日: 374
昨日: 3889

角館の武家屋敷と横手のかまくら
鳥海山木のおもちゃ博物館から今度は貸し切りバスで、秋田県角館(かくのだて)の田町武家屋敷ホテルへ到着。チェックインして、急ぎ横手市の「かまくら」会場に向かいました。400年の歴史があると言われている「かまくら」ですが、今年は雪が降らなくて「札幌雪まつり」と同じように、雪を山から運んで来たと聞きました。

おもちゃ博物館内の実用キッチン

おもちゃ博物館全体

おもちゃマイスター

おもちゃ作家さんのくみこ

横手市庁舎前当たりに屋台村があり、この裏通りあたりにかまくらが点在しています。偶然通りかかったところに、「横手ライオンズクラブ」のかまくらがあり、メンバーと歓談しました。マスクの、無料配布をされていました。高松からは、「高松ライオンズクラブ」メンバーが3人と、「高松栗林ライオンズクラブ」の私の4人がいます。ここで耳寄りな情報を聞きつけ、川岸での小かまくら群を見に行きました。

かまくらは私も初めてですが、一つ二つ見るともう良いです。途中のさかな屋店頭で売っていた「豚汁」と「熱燗」を買い求め、大変満足しました。店の中には、常連さんらしき客が10人程度。大変盛り上がっていました。トイレの中には「壇蜜」のポスターがあったりして、落ち着かない店でありました。それでも踵を返して、市役所前のグルメゾーンへ到着。「地元産ホットワイン」に、「横手やきそば」を堪能しました。







その他大勢の見学者をあてこんで、「岩手県釜石」からのホタテ焼きなども来ていました。このかまくらは、15日16日両日だけのイベントらしく、前日の前夜祭があったとしてもこれだけの準備で3日間というのは意外でした。昼もやっています。30年間12月の寒空で行った「高松冬のまつり」でも、一週間程度はやっていました。

ホテルから行きは、丁度ラッシュ時間にあたり75分、帰りは20時から60分でした。ホテルへ帰って、水を探し求めて付近を歩きましたが、方向が違ったのか、人っ子一人歩いていません。おまけに近づくと、警報器が鳴ってランプが光る家まであって、空き家だとは思いますが、「泥棒と違うねん」と思わず口にしてしまいました。それも往復の2度。

自販機でペットボトルの水を一本買い求めてホテルへ帰ってくると、歩いて温泉へ出かける仲間と遭遇。水はホテル裏のコンビニにもあるし、部屋の冷蔵庫にも2本入っているとか。ほんまか(偶然だがこのあたりは本間姓が多い)、ほとほと。かみさんも後から気づいたようで、帰ってくると笑っていました。20分程度は、夜の角館寒空探訪をして来ました。

さて本日は、その角館の正式探訪です。よく似た武家屋敷群ですから、偶然通りかかった「よみがえる文化遺産・みちのく小京都角館歴史村青柳家」へ5人で突入しました。恐らく一般財団法人組織だと思いますが、立派に保存がされています。ここは、国選定重要伝統的建造物群・秋田県指定史跡・秋田県文化財でもあります。

400年の歴史を語る武家屋敷。芦名氏の家臣として常陸佐竹氏の国替えにより角館に入った青柳家は、芦名断絶後佐竹北家に仕え、南部境目役を務め、主君の繁栄を支えたと書かれています。屋敷内に建物も15棟ほどあり、入場料500円と、ハイカラ亭での抹茶セットが560円でした。お菓子は、自家製とのこと。大変美味しゅうございました。

その後は大曲(花火で有名)ICから秋田自動車道へ乗っかり、庄内空港を目指し2時間半。おいしい秋田こまちと、由利牛を食しました。田んぼも広いし米も美味しい。移動も遠い。高松からの直線距離が約800㎞だと聞きましたが、岩手県一つで四国4県と同じと言うだけあって、東北はやはり広いですね。

庄内空港から成田空港で乗り継いで、高松空港へ予定より1時間遅れで帰ってきました。庄内へのジェットスター便が遅延し、途中成田空港での乗換では汗をかきました。どうにか高松便に間に合って、定時に搭乗したモノの、空港混雑で離陸できず、結果到着が1時間遅れました。

今回の旅で、これまで知らなかった高松市と由利本庄市矢島町の生駒公を介した交流の深さを知りました。それもあんなに丁寧に歓待して下さる矢島町の人々のご厚情、何度かここへ来ている馬場朋美さんや、四角整子さんはともかくとして、私たち初めての夫婦にまで、ありがとうございました。

今日以降小欄に書きますが、「南洲翁遺訓(読み仮名付)」「南洲翁遺訓に学ぶ第四販」「親子で楽しむ庄内論語」の入手は幸運でした。探し求めて、閉店間際に買い求めが出来ました。そして角館の武家屋敷、横手のかまくらと短時間で多くのモノを得ることが出来た旅行となりました。テレビは「NHK」と「テレ朝」系の放送が多かったのですが、連日新型コロナウィルスの感染が広がっていることが報道されています。既に日本人女性の死亡が出ているニュースも聞き及んでいます。一日も早い収束を、祈念しております。そうそう成田空港内では、マスク着用が常識のようでした。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4792 |
| 社長日記 | 09:50 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑