■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2219113
今日: 632
昨日: 2975

第12回オイスカのふるさと祭り2019
香川県綾川町にある「オイスカ四国研修センター」で、毎年この時期に、地域住民との親睦を祈念して、「ふるさと祭り」が開催されています。今年は、10月26日(土)10時から15時まで。とは言っても、私はこれまで参加したことがなく申し訳なく思っていました。そこで今年は、参加するだけでなくボランティアとして尽くすことを決めて、事務局の池田浩二さんに無理(少し早めに上がりたい)をお願いしながら、指示に従って楽しい時間を過ごしました。

私の仕事は「駐車場係」とのことで、当日のミーティングで隊長の指示を受けます。研修センターの駐車場はイベント会場になっていて、その周辺空きスペースにも限りがあります。一般参加の人たちは、「陶小学校」へ駐車し、2台のシャトルバスでピストン運転して無料搬送します。初参加の私は、県道から研修センターへ切れ込む道路の角に待機します。午前中は小雨も心配されましたが、昼前から快晴になり、秋の自然を全身で楽しむ季候になりました。



この場所であれば、イベント会場からの音が聞こえてきます。音響は綾川町議会議員・三好東曜さんが担当してくれています。早くから来て、設営をしていました。彼自身も、アフリカ太鼓の演奏イベントを担当しています。昼食の時に、少しだけイベントを見ましたが、その時は丁度「キッズダンス」でした。小学生と思われる男女ちびっ子が、ホップヒップダンスを器用に踊っています。こちらも、楽しそうでした。



私は、この子らを搬出入する駐車許可証掲示クルマを、研修センター方向へ誘導します。「イケイケ」手で合図するだけで、むしろ常連組は、私のジェスチャーを待たずして、右左折します。またコトデン「陶駅」方向から直進してくるクルマもあります。一般的な農道ですが、かなりの交通量があります。

今年の目玉は、研修生による海外の料理販売、サツマイモ掘り、クイズラリー、そして出展ブースは、かき氷・焼き芋・ストラックアウト・オーガニックピザ・綾川手打ちうどん・足湯などなど。出演は、先のキッズダンスFLYと三好東曜&アフロ✩タイコ倶楽部、よさこいのお喜楽家、さぬきモリス等。



その他、フリーマーケット、オイスカ産直野菜や卵、シフォンケーキやジャム販売、勇心酒造さんからの冷やし甘酒のお接待、整体や足踏み健康法、山羊さんとふれあう動物ふれあいコーナーとか、なるほどオイスカと思わせる商品・食材・アイディアが盛りだくさん。地域を巻き込んだ、四国研修センターの一大イベントでした。そうそう室内では、森の積み木広場、オイスカ活動展もひらかれていました。





また香川県警西警察署からは、パトカーと白バイが来て、ちびっ子が乗り込んでいました。このところ白バイやパトカーにご厄介になることが14年間(無事故無違反の証)なくて、胸を張って彼らとの会話が10時前に出来ました。香川県は10万人当たりの交通事故死がワースト3位、浜田恵造香川県知事も頭を抱えるところであります。

私は15時前に、失礼しました。この後着替えをして、次のイベント会場へ向かいます。次は、香川日仏協会35周年記念事業の記念講演会と祝賀会です。こちらは「かみさんマター」で、私は同伴者です。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4675 |
| 社長日記 | 10:28 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑