■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2024年04月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2291487
今日: 1425
昨日: 3106

JR高松駅横ビル『タカマツオルネ』がオープンさあ次は
JR四国(高松市)の新高松駅ビル『TAKAMATSU ORNE』が22日、正式に開業した。早朝から詰めかけた大勢の買い物客で、多くの店舗で行列ができるほどの大盛況。同社の発表では、約3万9千人来場したという。入口で配られた資料によると地上4階建てのビルと、半地下を備えた3階建ての駐車場棟を整備している。

JR四国の非鉄道事業部門の柱として、年間来場者数700万人、売上高80億円を目指す計画。物好きの私も日記のネタ探しに、昼からですが行ってみました。高松市民は燃えやすく冷めやすい性格だと言われ、先には至近のサンポート高松商業棟に完成した『ラーメン横丁』に列をなし、「さぬきうどんの聖地にラーメン複合店光臨」と出店主に言わしめたが、1年を待たず終焉を迎えた。7店舗のうち、残りは2~3店舗、オルネが同じ轍を踏まないか危惧する。

午前9時からの開業式典で西牧世博社長は、「まちの顔となり、人々が集い、賑わい溢れる拠点となるよう誠心誠意取り組んでいく」と抱負を述べて、テープカット前の盛り上げの醸成に役割を果たしていた。その勢いで、並んだ500人が一斉に店内に駆け込んだ。一番手は大学生の4人組で,午前4時半から並んだと言う。

北館4階のフリースペース『高松アンパンマン列車ひろば』では、記念撮影が行われていたが、『アンパンマン列車』の影も形もなかった。孫もアンパンマン列車に惹かれてここへ来るだろうが、残念だ。5年ぶりに出店した食品スーパー『エースワン』にも、大勢が押しかけ一時入場制限が行われた。人が多かったせいか、通路が狭く感じた。食品スーパーは、なくてはならないスペースです。

私もうろうろしていて、同じような目線の野口法人氏(大一広告)と遭遇した。その他何人かと会釈をかわしながら、上から下まで見て回りました。その中でわざわざ挨拶に来る関係者もいて、「松野さんお久しぶりです。JR四国で働いています」という若者もよってきて、結果そこで買物をしました。以前からある『四国御土産販売』キヨスクも、広くなって品揃えも多くなっていました。

注目の『タカマツオルネ』が開業し、加えて目に入るのが『香川県立アリーナ(あなぶきアリーナ)』と、徳島文理大学高松キャンバスの工事現場です。1年後の開業ですが、サンポート高松周辺はこのあとマンダリンオリエンタル瀬戸内ホテルの建設が続きます。また22日香川県は国からの『特定利用空港・港湾』に関し、高松港の指定受け入れを了承しています。

国が高松港など全国32カ所を選定し、自衛隊の輸送艦の物資積み下ろしや護衛艦の離着岸などの訓練が年数回のペースで行われる。指定を受けた施設は優先的に整備が行われ、高松港では朝日町のフェリーターミナル(ジャンボフェリー乗り場)の改良工事を促進するようだ。ソフト面では、現代アートの祭典『瀬戸内国際芸術祭』もある。

このようにサンポート高松周辺はここ暫く活気づき、『高松環状道路構想』も高松の都市機能向上に寄与するだろう。サンポート高松地下には、駐車場が広く整備されているところだが、タカマツオルネにも3階建ての駐車場棟を整備している。田舎銀座は、クルマでの移動がまだまだ続くとして、駐車場が作られる。さらに仕上げとしては、『四国新幹線構想』だと思います。









| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6297 |
| 社長日記 | 08:53 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑