■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2022年08月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 668352
今日: 24
昨日: 3229

ビーズクッションヨギボーが届きました
巷で人気の『Yogibo』が、わが家へも届きました。言われている以上に大きいですね。わが家はこの時期床暖房をしているため、ヨギボーと床材の間に、プラスチック製の緩衝材を入れて使っています。連結4枚ですから夏はこれを取り除き、ヨギボーをそのまま使うつもりですが、夏まで保つか心配もあります。重さはヨギボーMAXで5キログラムぐらいですが、かみさんの身長より大きいので、不評であります。

掃除機をかけるにしても、確かに大きい。年末にリビングにあった『ウォーキングマシン』を、使っていなかった和室に移し、リビングも広くなりましたが、そこにヨギボーを置いたので、夫婦のバトルが続いています。大寒の昨今、また新型コロナウィルスオミクロン株の流行拡大は、リビングで過ごす時間がどうしても長くなり、双方に我慢が続いています。

リビングに比較的多いと言われている『マッサージ機』も、わが家にもありますが、こちらは争いがありません。使い慣れたことが一番の快適性を運んで来ますが、かみさんも『イナダマッサージ機』はよく使っています。これとウォーキングマシンは、毎日必ず使い、元を取った気がします。新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、確かに外出も減りました。家で過ごす時間を快適に、いろいろ考えるところであります。

快適空間としての自宅環境を構築中ですが、床暖房を最大にしても、この時期はやはり寒いですね。必要に応じてエアコンを併用しています。室温20度あれば快適かと思いますが、現状では家族2人、なかなかそこまで上がりません。思い出すのが昔々、北海道登別で過ごしたスキーシーズン。床下に温泉水を引き巡らせていた中古住宅、Tシャツ短パンツ姿で過ごしたのが懐かしい。葉佐昭紀さんを思い出す。

しかしその北海道から、数日前の大学メーリングリストへの書き込みから、「7時30分北見。今朝は少し暖かくてマイナス15.9度です」とありました。大自然に勝てるモノは、ないようです。今ある自分に、最善を尽くす。これからの10年、楽しんで生きるにはこの考え方しかないようです。さて本題のヨギボーへ話を戻します。

賛否両論かもしれませんが、これまでの日本にはなかった品物であることには異論は無い。日本の販売店が、製造元の会社を買収したことも話題になり驚きました。アイデア商品としてのYogibo、これからの展開と利用効果が楽しみであります。フラフープやだっこちゃん人形のように一過性で終わるか、これまでのソファーにとってかわり、リビングの主となるのか。



ここをクリック


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5507 |
| 社長日記 | 09:19 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑