■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2022年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 429266
今日: 1378
昨日: 2187

ビーズソファのヨギボー日本販売代里店が米本社を買収
ビーズソファ『Yogibo(ヨギボー)』を輸入販売する『ウェブシャーク(大阪市)』は、米国のヨギボー本社を買収したと発表している。買収額は、正式発表はないが、100億円とも言われている。日本では、店舗の内装や独自企画の商品などが好評で販売が伸びている。年末には私も、近くに販売店がないモノで、通販サイトで購入した。この顛末については後日報告するとして、経済ネタが社会面でも取り上げられるほど、ヨギボー旋風が吹き荒れている。

米国ニューハンブシャー州に本社を置くヨギボーを、日本の『ウェブシャーク(大阪市)』が2021年12月末に買収した。わずか1カ月前のことだが、話題は沸騰している。同社は09年に設立で、座る人の体形や姿勢に合わせてフィットするビーズソファを製造・販売している。21年末時点で、米国や日本、韓国など8つの国・地域で事業を展開している。売上高は、非公表となっていて、こちらもミステリアスだ。

『ウェブシャーク(大阪市)』は14年に、ヨギボーの日本の総販売代里店になった。色とりどりの商品をバランスよく並べる店舗の内装や、米国より2万円高い5万円程度の独自商品の企画などを進めた。世界約130の販売店の7割近くが、日本にある。『ウェブシャーク(大阪市)』の売上高はほぼ全てをヨギボーの輸入販売事業が占め、21年7月期は前の期比77%増の168億円、純利益は3.2倍の30億円だった。

市井で今一番の、売れ筋商品の一つと言って良いだろう。『ウェブシャーク(大阪市)』は米国本社の買収を機に、『ヨギボー』への社名変更を検討しているらしい。何とも不思議な商品であり、これまであまりなかった話でもある。この先何年かは順調な販売が続くと思うが、これが完全に定着するかどうは、飽き性の日本人、何とも申し上げられない。

確かに靴を脱いで生活する日本の家庭には、ぴったりの商品だと言えそうだ。私も経験したのだが、包み込まれる感覚は、エイも言われぬ居心地だった。テレビを観ながら、思わずウトウトし、癒やされる時間を経験しました。先に書いたように、このあたりの下りは後日報告出来たら行います。その昔の『フラフープ』、『だっこちゃん人形』の再来か。それとも、一家に必ず一つあるビーズソファになるか。この話題は続く。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5493 |
| 社長日記 | 09:16 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑