■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2020年11月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3082236
今日: 505
昨日: 2928

高松秋のまつり仏生山大名行列も中止
今年10数年ぶりに『宅建士』試験監督役から解き放されて、同日行われる標題のまつりに協力ができると意気込んでいたのです。本日、同実行委員長の十河寛敬氏に確認したところ、「いましがた中止の通知があった」とのことでした。地元も、事前に「やむなし」の合意ができていました。ここでも人気の一つに、秋の「花火」がありました。

これで高松夏まつりも中止で、ここでの花火もありません。「大曲」とか、全国の有名どころの花火や、阿波おどりやよさこい、東北の3大まつりも軒並み「中止」になっています。まつり好きの私でも、「致し方ない」と思います。毎日新型コロナウィルスのニュースを書く私でさえ、「辟易」していますが、31日の東京は460名余の陽性発表がありました。仕事で沖縄へ電話したら、71人の感染で嘆いていました。

この先どうなるか全く予想がつきませんが、越冬後の2次感染で、100年前のスペイン風邪は2年目の2次感染が、3年間続いた蔓延の中でも一番の猛威を発揮し、感染死者数が一番多かったと言われています。ということは、これから収束より拡大の可能性が高いと思います。日常の生活をしながら「経済」をまわして、それでいて「密閉・密集・密接」を避けて感染防止に努める。まるで「忍者」のような生活を、余儀なくされそうです。

うかつに発言すべきではないのですが、この状況下で来年の夏の東京オリンピック・パラリンピックの開催は、無理でしょう。選手は当然、大勢の関係者、それ以上の応援者を世界中から迎えるのです。日本より感染の広がっている国や地方から、特別枠を設けるにしてもどんどん入国させるわけにはいかない。仮にワクチンが、年内に販売されるようになったとしても、難しいと私は思います。

となるとその次の年の、「冬のオリンピック・パラリンピック」の開催も危ぶまれる。『北京』で開催が決まっているが、来年の夏の大会ができないとなると、冬季北京大会も無理っぽくなってきます。21年の東京大会が中止になると、更なる景気の悪化が心配される。五輪景気を期待して、投資をしている人も多いと思います。

まず新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、高賃料のテナントビルが、解約され始めています。「STAY HOME」でテレワークが常態になると、広い床面積はいらなくなります。更に進めば、東京都内の高賃料の住宅も、いらなくなります。これまで『東京一極主義』で展開されてきた『都市神話』が、東京のみならず、中部圏の名古屋や関西圏の大阪でも瓦解します。

全国平準化が進めば、大学も今の存在価値を失いかねない。田舎では、良い高校へ行って、有数の大学に入り、大企業や公共へ就職するのが『出世双六』でしたが、この仕組みも怪しくなります。すると若者は、海外へ進出するか。それも、必ずしも住みやすいとは言えないかも知れない。一体どうすればいいのか、宗教か道徳か、教育の根本が変わらざるを得ない世紀かも知れません。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4958 |
| 社長日記 | 09:59 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑