■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2019年09月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1987761
今日: 1152
昨日: 2927

オイスカ四国研修センターでベトナムからの研修生修了式
ベトナムから研修に来ていた「トゥ(Ms.Dao Khue)25女性」さんが、1年半の研修を終えて、今月末帰国します。今日はたった一人の修了式にもかかわらず、大勢の関係者が集まっています。「トゥ」さんへは、小野隆オイスカ四国研修センター所長から、中野悦子オイスカ理事長からの修了証書が代読されます。私も初めての参加で、英語で書かれているのには驚きました。

流石オイスカ・インターナショナルは、「すべての人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界」を目指して1961年に創立された、現在34の国と地域に組織を持つ国際NGOです。また四国研修センターは、国内に四つしかない研修センターの一つです。

現在、公益財団法人オイスカ四国支部の事務局長をされている塚田修一氏は、オイスカを古くから知る人物の一人ですが、民主党政権前にはオイスカへも年間2億円の補助金が交付されていたとか。それが「仕分け」によって、補助金がゼロになったそうです。その頃と今も同じように、国内4研修所で海外からの研修生を受け入れています。

国からの交付金がなくなった今でも、会員の会費が招聘費用の一部に充当されています。従って私なども、オイスカ入会を知人を頼りに真剣に働きかけています。ライオンズクラブなどの奉仕団体にも私は所属していますが、このオイスカの方が、より具体的に活動が「見える化」されています。この「トゥ」さんも、今日の研修生スピーチを聞いていて、日本語が格段に上手になっています。

帰国後は、日本で学んだ「家政コース」、おもに日本の食事に関する学習ですが、ベトナムはこれまでオイスカの関与も少なく、十分とは言えず、これからの体制づくり役も「トゥ」さんの双肩にかかってくるのでしょう。オイスカは木を植えて、人材育成に傾注します。自然環境が破壊されつつ、国と国との利害関係がギクシャクする中、オイスカは自分たちの活動領域を広げています。

そして10月11日(金)16時から、ホテルパールガーデンで「第27回オイスカ四国のつどい」が予定されています。オイスカを、知ることが出来るイベントです。記念講演は、「海岸林再生プロジェクト」宮城県名取市でオイスカが10年計画で取り組んでいるプロジェクトの報告です。中野悦子オイスカ理事長も来ます。皆さんで、「いのち輝け」の斉唱をしましょう。






| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4611 |
| 社長日記 | 09:38 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑