■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2204054
今日: 2486
昨日: 2478

逆転7回コールド勝利高松商決勝戦へ進出
7月26日(金)の準決勝戦は、「高松工芸」が相手ですが、10時半開始と勘違いした私が球場入りしたら、もう既に「高工芸」が一回表3点を先発右腕中塚公晴投手から先取し、1アウト2塁。後続を何とかうちとって、3点ビハインドで私の観戦が始まりました。1回の裏、4番岸本将翔選手の左安で1点返して高松商1-3高工芸。

2回は、両チーム共に得点なし。3回表またも高工芸が3点を加点、この段階でまさかの1-6の劣勢。しかしその裏の高松商、代打の岡井祐斗選手の四球をきっかけに、1番飛倉、2番大塚の連打で満塁。3番谷口の3塁横二塁打で2点。4番岸本の中犠飛で1点、四球、四球で繋ぎ7番安部の中二安打で5点。やっと同点で振り出しに戻した高松商。

4回表高工芸の攻撃、三番手として頭から香川卓摩投手の登板。結果、4回を2被安打7奪三振、7回コールド勝ちですが0点に抑えました。高松商としては、この大会初めてのリードを許しての試合となり、初回の3点はともかく、3回の3点はに肝を冷やしました。それでも高工芸の投手陣も、「打てなくはない」投手だと思ってはいました。

4回大塚の二盗から、4番岸本が2アウトから中二安打で1点。続く5回に、9番香川の四球で押し出しの1点。2番、大塚の右二安打で3点。パスボールで1点、4番岸本の中二安打で、6点を奪取。これで13点になり、6回7回高工芸の攻撃をゼロ封して、7回表終了でコールドゲームが成立。高松商13-6高工芸の結果でした。

新聞の予想では、高松商何とか投手陣が頑張っているが、中心バッターが当たっていないと酷評だったが、今日の結果は、1番飛倉2安打、2番大塚3安打(二塁打1)、3番谷口1安打(二塁打1)、4番岸本3安打(三塁打1二塁打1)と本来の当たりを取り戻しつつあります。今日の結果は、1~4番で9安打9得点。合計11安打で四球も7もらいました。

第二試合の尽誠対英明も、新聞では「私学決戦は、終盤までもつれそうだ。尽誠打線対英明・黒河」と予想していたが、こちらも予想が外れて早々と英明が大きくリードして、こちらも7回コールド勝ちで決勝戦に駒を進めた。準決勝戦が二試合ともコールド戦となるのは、これまた記録ではないですか。

決勝進出は高松商が3年ぶり34度目、英明は8年ぶり3度目になります。高松商も春こそ甲子園で準優勝、秋の明治神宮大会優勝と活躍していますが、夏の甲子園大会はこのところ県予選で準優勝止まり。28日の決勝戦に勝てば、確か23年ぶりの甲子園出場となる。応援団としても、力が入るところであります。

明日は1日休養日、28日(日)に高松商対英明の決勝戦がレグザムスタジアムで12時30分からです。

また同じ高校生の県予選大会、岩手県の大船渡は、佐々木朗希投手が決勝戦で投げられなかった。この点香川高野連は、昨日も明日も、休みを入れている。これは英断です。一日も早く出場校を決めたい高野連。雨の関係で苦しい大会運営が、どの県でも続いていると思います。最良のコンディションで、決勝戦が無事終わることを祈念しております。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4580 |
| 社長日記 | 09:10 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑