■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2204055
今日: 2487
昨日: 2478

第101回全国高校野球選手権香川大会高松商第1戦
雨で二転三転した高松商の初戦ですが、相手校は「坂出工」と変わらず、試合が結局翌日の15日(祝日・海の日)、12時試合開始となりました。雨相手に怒っても仕方ないのですが、商売上の接客時間が これまた二転三転、この連休中に「会長と話がしたい」というお客様に、大変ご迷惑をおかけしました。それでも、試合を観に行きます。

雨で順延のお陰か、本日の第2試合は雲もなくなり、若干曇り模様ですが夏のレグザムスタジアムの雰囲気になりました。高松商は後攻で、先発は背番号10右腕中塚公晴投手。怪我で苦しんでいた主将の飛倉爽汰選手も、一番で先発出場です。攻撃陣は4番まで四国新聞の予想通りでしたが、5番からは大きく変更した選手起用で、私もビックリしました。

長尾健司監督は、選手の秘めたる可能性を楽しんでいます。公式戦初スタメンでマスクをかぶった7番安部祐慧選手は、守備では右腕中塚公晴投手をうまくリードして、9奪三振。打席では、2安打2得点と大活躍。2盗も一つ決めている。5番立岩知樹選手を代打した笠居選手も、左前安打。2番手松田投手(1年生?)も、7回を3人(内野ゴロ)で片付けた。

試合は、一回表坂出工の攻撃に対して、右腕中塚公晴投手は、1番左飛・2番中飛・3番遊ゴロで三者凡退。裏の高松商の攻撃は、1番飛倉爽汰選手が四球で出塁、2番大塚慶汰選手が犠打で1死2塁。3番谷口聖弥君は四球で1死1と2塁。4番岸本将翔選手の投ゴロで、2死2と3塁。5番立岩知樹選手が四球で2死満塁。奪四球は6回で9、勝因の一つです。

6番浅野怜選手が左前安打と、7番安部祐慧選手の三前安打、二盗を絡ませて8番石丸圭祐選手の右前安打で5点先取。さい先良いスタートを切った高松商ナイン。3回にも先頭6番浅野怜選手が四球、7番安部祐慧選手との間にヒットエンドラン。右前打となり無死1と3塁。8番石丸圭祐選手は四球で満塁、パスボールで3塁走者生還となり1点追加。

5回の得点は、6番浅野怜選手が左前安打で出塁。すかさず2盗に挑戦して、捕手の暴投を誘う高松商十八番の攪乱攻撃。7番安部祐慧選手の右飛で、浅野怜選手がタッチアップ。6回は1死の後、2番大塚慶汰遊撃手の二横安打、2盗は憤死だったが3番谷口聖弥選手の中右2塁安打。4番岸本将翔選手の打席で、パスボール、2塁手エラーの間に1点。

高松商は7回守備から、背番号18の松田投手が登板。7回を三者凡退で凌いだ。結果7回コールド、8-0で高商の勝ち。安打9-4、エラー0-2で、高松商が危なげなく初戦をものにした。6回まで右腕中塚公晴投手、7回は松田投手の完封リレーではあったが、心配しているエース香川卓摩投手の登板はなかった。香川卓摩投手の復活なくして、トップは苦しい。








| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4569 |
| 社長日記 | 09:32 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑