■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019年08月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1892617
今日: 1105
昨日: 3752

第97回全国高校サッカー決勝は青森山田が制す
サッカーの第97回全国高校選手権大会決勝の、青森山田(青森)対流通経大柏(千葉)が14日午後2時過ぎ、埼玉スタジアム2002でキックオフした。成人の日として、全国的に祝日だ。5.4万人(過去最多)の観客が押しかけてきている。

2大会ぶりの制覇を目指す青森山田に対し、11大会ぶりの頂点を狙う流通経済大柏は31分、J1鹿島への加入が内定しているDF関川郁万が、CKに頭で合わせて先制点を奪った。柏は2年連続の決勝戦。市立船橋に敗れた昨年の決勝戦。何が何でも、今年優勝をしたいという思いが伝わる。

しかしすぐさま青森山田の逆襲、青森山田は40分、J1札幌加入が内定しているMF壇崎竜孔が、右からの背番号9佐々木銀士の走りに合わせたクロスを冷静に流し込んで同点に。本人も言うように、イージーボールが来た。これを確実に決めて、前半を1-1で折り返した。

青森山田は63分、MF壇崎竜孔が再び右からのクロスに反応して右足を振り抜き、この日2ゴール目を決めて逆転した。山田の怒濤の攻撃に、柏の1年生キーパー松原颯汰のファインセーブが続く。

そして88分には途中出場のFW小松慧が、飛び出しキーパーとの1対1をかわして山田はだめ押しの3点目を決め、流通経大柏を突き放した。結果、青森山田(青森)が3-1で流通経大柏(千葉)を破り、2年ぶりの優勝を果たした。

青森山田の躍動を見ていると、12日の準決勝戦を思い出す。福島代表の「尚志」を、3-3の同点に持ち込みペナルティーキックで4-2と粘り勝ち。ペナルティーキック専門のキーパーに交代し、予定どおり決勝へ駒を進めた。一方流通経大柏は準決勝戦で、広島代表瀬戸内を5-0と完璧に抑えて、柏有利と思われて迎えた優勝戦。

また大人のサッカー、アジアカップで13日、日本はオマーンと対戦し、1-0の僅差で勝利し勝ち点3、1次リーグF組で合計勝ち点6、この時点でグループ2位、決勝トーナメントに進出が決まった。次の試合で、1位突破もあり得るが、「切符」は手にした。ラッキーなペナルティーキックをもらい、原口元気が早々に1点を奪取したが、何とこの1点差のままで90分を終えた。

「悩ましい中東の笛」とは言われるが、この試合に限れば、日本に幸運の女神が舞い降りた。長友のペナルティエリア内のハンドは、おとがめナシで試合続行。ペナルティーキックをおまけでもらって、決定的なペナルティーキックを免れた。これも中東の笛、良いことも悪いことも人の判断することからある。それでも勝ちは勝ち、前へ森保ジャパン。

インフルエンザ罹患のお陰で、高校生の試合も、アジアカップの深夜戦も見ることが出来ました。高校生が上手いのに驚き、森保ジャパンの活躍にも目を見張るものがあった。私などサッカー音痴は、選手の名前で分かるのは、明大後輩の長友ぐらい。私の知らない若者選手は、とにかく何かやってくれそうで、ワクワクする。日本のサッカーも、がらっと様変わりしたと思う。これなら世界に伍していける。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4387 |
| 社長日記 | 10:44 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑