■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2692897
今日: 364
昨日: 3889
 

ついに雪不足でスキー場破産へ
島根県浜田市のスキー場「アサヒテンクストン」の運営会社が、雪不足を理由に自己破産する準備に入ったと18日、発表された。私の心配が、現実のモノになってしまった。このスキー場は比較的新しく、広島県との県境にある。隣が「瑞穂スキー場」だったと記憶している。ここ数年は全く行かなくなったが、行ったことは数回あります。

うどん県からスキーへ行くのは、古くは「鳥取県の大山」や「兵庫県の山」と決まっていたモノですが、「アサヒテンクストン」のような新しいスキー場が、20~30年位前から出来た。特徴は、滑るためだけのゲレンデで、レストハウスはありますが、宿泊施設は全くありません。日帰りの若者相手のスキー場です。もう一つの特徴は、高速道路インターから至近距離にあること。チェーンの装着も、運が良ければ要らない。

今シーズンは、暖冬の影響で1日も営業が出来なかったという。運営する「ユートピア・マウンテンリゾート」によると、暖冬だった昨シーズンは約6千人が来場し、売上は約2千万円。今年も数千万円かけてリフトの整備などを進めたが、ほとんど積雪がなく営業に至らなかったという。同社によると、負債総額は約2千万円、意外と少ない。将来的にも、雪不足が続くと読んだのかも知れない。

松江地方気象台によると、昨シーズンに浜田市で雪が降ったのはたったの26日、今シーズンは、今月17日までに5日しかない。これでは雪不足と言うより、雪皆無と言った方が適切な表現かも知れない。過日の東北、山形・秋田でも雪は10分の1程度と住民はいう。全国的に雪不足だが、これがまたこれからの水不足につながる。雪解け水があるから、酒造りとか生活のための営みが出来るわけだ。

ここの「アサヒテンクストン」などは、新しい考え方で設計されているが、それにしても客単価が3千円余りでは、そもそも商売にならない。スキー客と言っても「スノボー」が多くて、道具も安くてこちらも儲からない。若者は滑ってすぐ帰るが、おじさんは宿泊してワイワイガヤガヤが好きだ。1泊2日でも3万円以上使う。そして遠くへ来て、1泊とは普通ならない。

もう随分昔の話になるが、宿やホテルがあるところは、もう50~100年の歴史があるところだが、「村あげてのスキー場」だった。山深い雪国に、冬の仕事はない。だから男衆は、「出稼ぎへ」行っていた。それがスキー場が出来たお陰で、冬の仕事が出来たモノだから、出稼ぎへ行くこともなくなった。村の衆が、大変喜んだわけだ。

それに私たちの世代は、家族や友達と一緒に団体で駆けつけていた。学生時代は東京から長野へ夜行列車で1週間ほど行ったものだが、うどん県からも、鳥取県の大山や、兵庫県・滋賀県ぐらいまで行ったモノです。雪も減ったが、スキー客も減った。60過ぎてからは、私も遠ざかっています。スキーにゴルフ、時代と共にブームは終わった。今でもやっている人は、本当に好きな岩盤ファンであります。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4795 |
| 社長日記 | 09:05 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑