■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
<<前月 2020年02月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2370564
今日: 484
昨日: 1561
 

奇跡を呼び込む力by西智彦
「世界で一番お客様と親しい旅行会社」を目指し、「お客様は恋人」「旅のホームドクター」「楽しくなければ会社じゃない、楽しくなければ仕事ではない」を実践、リピーターおよび紹介客で売上80%を実現。「思いは必ず叶う・・・諦めなければ」で数々の奇跡(ミラクル)を呼び込んでいる。超ポジティブ思考の経営者、西智彦(㈱JST代表取締役)さんは盛和塾名古屋の塾生であります。

その西智彦さんから、標題の本が贈られてきました。昭和28年2月生まれですから、私と同学年であります。鹿児島県沖永良部島出身で、鹿児島市内の中高校から神戸の甲南大学へ進学され、旅行代理店に就職し名古屋支店勤務が縁で、名古屋市で独立開業しています。業歴は、昭和54年から算えて40年と、西智彦さんが私よりほんの少し長いようです。当然業績は、比べようがありません。

海外旅行専門の旅行代理店として、「ハワイアンエイト(ハワイには8島あるようですが、本当はに×し=8)」などと実に洒落たネーミングのセクションを作り、業界人の会社移動が多いなか、伝説の営業マンを育て、奇跡をおこす会社を作っています。自分は幼少の頃から、神様に守られて実に運が良いと、繰り返し繰り返し書いています。

私ももちろん西智彦さんを存じ上げていて、本の中にも書かれているように、稲盛和夫塾長の「追っかけ塾生」でもあります。また稲盛和夫塾長は、西郷南洲の「敬天愛人」を大切にされていますが、この「敬天愛人」は、江戸時代末期に島津久光公の怒りに触れて沖永良部島に流されたおり、西郷南洲が考えたモノと聞いています。

2007年の記念式典の際に、稲盛和夫塾長が西智彦さんの実家、つまり沖永良部島へ行かれたようであります。本を頂戴し、代わりにと言ったら恥ずかしいのですが、「会長日記」を贈呈しました。その際に、読み終えましたら「ホームページの会長日記」で紹介しますと書いたもので、本日一気読みしました。私が一気読みした本は、そう多くはありません。実に盛りだくさんな内容にもかかわらず、読む人の心を鷲づかみにします。

奇跡という言葉を聞いて、「めったに起こらない珍しい出来事」という印象を持つかもしれませんが、そのような大それた出来事だけを指すのではありません。小さく、微笑ましい幸運は、あなたの周りに常に起こっている。毎日起こっている。ただそれは些細な小さなできごとなので、単なる日常の現象としてみてしまい、奇跡と捉えないのです。しかしそれを奇跡と捉え、この些細な小さな出来事に感謝し続けると、皆さんが信じられないような大きな奇跡が起きてくるのです。

最も印象的だった一文は、天職を見つけることは簡単です。あなたの仕事を好きになることです。自分の会社を、好きになる努力をすることです。偶然就いた仕事、何となく就いた仕事でもいいのです。好きになる努力をして下さい。仕事について考えて下さい。小さいことでもいい、毎日改良改革をして下さい。昨日より今日、今日より明日と前進するのです。すると仕事が楽しくなり、それが積み重なって、紛れもない天職に代わります。今あなたがやっている仕事こそが、あなたの天職です。



こちらから奇跡へ


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4785 |
| 社長日記 | 09:26 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑