■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2019年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1770741
今日: 1043
昨日: 3267

侮れない100円ショップのダイソン
過日時間が余って、その待ち時間を利用して松島町のダイソンへ行ってみました。ここは大型店で、いろいろな商品が並んでいます。平素100均(100円ショップ)へ行く機会は少ないのですが、求める商品によってはむしろ100均の方が良い場合もあります。最近購入の優れは、万歩計のひもの先のクリップでした。ポケットがない場合、クリップが有効です。壊れて困っていました。

今日の優れものは、「パソコンマウス」。価格は300円でした。勿論単4乾電池は別売ですが、光学式レーザー無線マウス(専門用語は不詳)です。要するにパソコンからの配線がありません。私はこれが最新鋭マウスだと考えていますが、何とこれが300円です。今だと3,000円だと言われれば、少し高いかと思いますが、300円は脅威です。

使ってみましたが、まだ24時間ですが、これまでトラブルは発生していません。これが数ヶ月、仮に1年以上使えたら、私の中の革命です。「京セラフィロソフィー475ページ、本日朝礼で読み上げたところですが、  
私(稲盛和夫塾長)は、会社をはじめて暫くした頃から、「新しい技術開発を行うのが技術屋の仕事だと思いがちだか、そうではない。どうやって生産コストを下げるかを考えることこそ技術屋の仕事なのだ」と考えるようになりましたと記載されています。

全く同感ですが、日進月歩、日々性能向上するのに販売価格は横ばいか下落する。消費者には有り難い進化ですが、製造する側は大変です。ダイソンでも300円マウスを買ったばかりにもう数点ついで買い、使えるかどうか不安にはなりますが、100均であればまあ良いかという思いもかたや確かにあります。

「安かろうぼろかろう」という思いから、「なるほどな」と感心するアイテムが沢山。もともとは、元ライオン松下道乗さんに教えられた老眼鏡の購入で出入りしはじめたダイソンですが、大型店に行くと、面白そうな商品に出会います。決めてかからず、ケースbyケースと考えてみては。安い高いが購入決定要因では、もうなくなっています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4564 |
| 社長日記 | 09:39 AM | comments (0) | trackback (0) |
大谷雅昭香川宅建会長令和元年国土交通大臣表彰と高南地区研修会
四国新聞7月9日(火)第二十三面に、令和元年建設事業関係功労者等国土交通大臣表彰の記事が掲載されており、「不動産業関係」で、大谷雅昭(73)(大谷不動産代表者)の受賞が報道されている。授賞式は10日、国土交通省で行われるように、今日聞いた。本人のみならず、協会また業界として喜ばしいことであります。おめでとうございます。

さて本日は、公益社団法人香川県宅地建物取引業協会高南地区研修会を、市内林町、香川産業頭脳化センタービル2階一般研修室で行いました。すぐ北側に、「サンメッセ香川」がありますが、ここの会議室は使用頻度が高く、とれないことが多いのです。このあたりだと、駐車場の心配がありません。

第1部は、「特定用途制限地域の見直しについて」、説明は高松市都市計画課岡田光信室長と、川西紘輔氏でした。都市構造の集約化に向けた施策パッケージとして、17の項目が網羅されています。これからの人口減を考えたら、「多核連携型コンパクトエコシティー」構想に収斂されるのは理解できます。

下水道網にしても、水道管さえ、敷設から50年以上経過した管は交換の時期が来ています。私たちは「社会インフラ」と呼んでいますが、範囲を絞らないと多額の費用がかかります。そのために高松市は、思い切った戦術をとり、短期間に効果を上げようとしています。従ってこの過渡期は、痛みを伴います。

次の「住居系開発行為の誘導について」、高松市建築指導課の説明でした。こちらも先のシュリンク案と同調し、「多核連携型コンパクトエコシティー」を推し進める施策の説明です。かいつまんで掲載すると、住居系開発行為の区域外(旧市街化調整区域等)道路用件及び一体的な開発として扱う期間要件の見直しで、・区域外道路用件幅員4.0m→5.0m・一体的な開発として扱う期間要件は完了公告後1年→5年となります。

施行はこれからの手順によりますが、概ね来年7月はじめ頃になりそうです。これが効き始めると、今の田→宅地の転用がほとんど出来なくなります。そのためこの業界から反対の声が上がり、計画が約1年間頓挫しています。

3番目は、「トラブルに見るインスペクションの重要性」、一般社団法人ワールドインスペクションから、「(一社)ワールドインスペクション」代表大北和則氏が詳しく説明されました。一昨年の春から事実上の義務化が進んでいましたが、なかなかインスペクションと呼ばれる「建物目視検査」の数が増えていません。

検査は売主も買主も出来ます。最近のトラブルは、買主が引渡しの後、確定申告時に、インスペクションをした後の「瑕疵担保賠償責任保険」に入っていたら、住宅ローン控除が適用になったのにということが表に出るのです。十分な説明義務が、宅地建物取引士に求められます。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4563 |
| 社長日記 | 09:34 AM | comments (0) | trackback (0) |
紫雲会東京支部定時総会で上京の二日目
昨日は東京支部総会で、大変盛り上がりました。紫雲会本部から梶正司校長ら12名、大阪支部など加えて来賓が21名。それより何より凄いのは、昭和28年卒業生が、サンミ高松のオーナー溝渕利幸氏(川島中)、杉ノ内義春氏(仏生山中)、玉置収氏(花園中)、松野留雄(一宮中)の4名が出席でした。何と84歳ですか。私が誕生したのが、昭和27年です。

東京支部総会名物の「楽しみ抽選会」も、今年もやりました。高松からの参加組も、サンミ高松提供の「肉」が当たったり、驚き楽しみの抽選会でした。卒年と氏名を読み上げますから、これだと席を外しているモノにも、同級生が「代理受け取り」。一層一体感が醸成されます。紫雲会本部の総会でも、もう一度復活したらという意見が多いのです。

さてさて昨日は、そこそこに銀座グランドホテルへ帰りました。特別3次会の招集もなく、比較的早く就寝しました。今朝は比較的早く目覚めました。溝渕利幸氏(高松商事会長)によれば、この50年で銀座は「音と匂い」が大きく変わったそうです。音はシャンソンやジャズなどの音楽から、外国人のキャリーバッグの「ゴロゴロ」になったとか。

さてさてわれわれ3人組は、朝食を一緒にして、歌舞伎観劇へ行きます。3人組の首領は木村玲子さん、私と南敬子さんが弥次喜多です。木村玲子さんの発案で、「七月大歌舞伎」を観劇しました。11時開演ですから、歩くことにしました。銀座はあの昭和バブルの頃の地価を、いま、超えているそうです。

歌舞伎座は、銀座4丁目にあります。9時半頃到着しましたが、もう長蛇の列。われわれは木村玲子さんの活躍で、予約券を入手しています。昼の部1等席が18,000円、1階桟敷席が20,000円です。その他、4,000円席まであります。私が大学生時代に来た時は、確か1,000円ぐらいの立席があったと思いますが。

演目は4つ。1は「高時」2は「西郷と豚姫」、3は「素襖落」す‐おう【素襖】 ‥アヲ
直垂(ひたたれ)の一種。大紋から変化した服で、室町時代に始まる。もと庶人の常服であったが、江戸時代には平士(ひらざむらい)・陪臣(ばいしん)の礼服となる。

麻布地で、定紋を付けることは大紋と同じであるが、胸紐・露・菊綴(きくとじ)が革であること、袖に露がないこと、文様があること、袴の腰に袴と同じ地質のものを用い、左右の相引と腰板に紋を付け、後腰に角板を入れることなどが異なる。袴は上下(かみしも)と称して上と同地質同色の長袴をはくのを普通とし、上下色の異なっているのを素襖袴、半袴を用いるのを素襖小袴という。素袍。

そして極めつけは、堀越勸玄の「外郎売(ういろううり)」。お家芸の早口口上を、堀越勸玄が言い立てを勤める歌舞伎十八番の人間狂言。彼が登場すると、会場が沸きます。今は海老蔵がスターですが、息子にその地位はやがて奪われる。素人の見方と玄人の見方は、おのずと違います。堀越勸玄君のデビューは、歌舞伎の120年をこれから盛り上げます。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4562 |
| 社長日記 | 12:13 AM | comments (0) | trackback (0) |
パソコン電源不足
申し訳ありません。電源不足でこれ以上書けません。

高松商紫雲会東京支部令和元年定時総会

7月7日(日)12時より、「サンミ高松銀座7丁目店」で、令和元年の定時総会が開催されました。今年の参加者は、登録169名、参加者165名と、大盛況で会場の「サンミ高松」1階フロアーは、スタッフもサービスが十分出来ないほどの大混雑。おまけに各テーブルから、人がどんどん動きます。食材の提供もままならず、オーナーが東京支部最高顧問溝渕利幸氏ですから文句も言えず、スタッフの苦労が見え隠れします。

私も校友会紫雲会の副会長に就任してから、それでも10回程度は来ていると思います。ここ東京支部と大阪支部、この二つしか本校以外の紫雲会はありませんが、東京支部は80周年超え、大阪支部が来年70周年記念総会を迎えます。丁度この年は、1900年学校創立から120年の記念の年となります。

先輩諸氏が築いてきたこの歴史、高松商は校歴120年の伝統校ですが、伝統校の多くが今は昔現象「昔の名前」になるなか、母校「高商」は勿論現役で、文武両道の道をひたすら前へ歩を進めています。象徴的なのが「野球部」です。「選抜高校野球大会」では、このところ好成績を残しています。この春は2回戦で敗退しましたが、応援部隊は、3回戦を意識していたほどです。

今月14日(日)から、高松商は夏の香川県大会へ臨みます。春の戦いの結果シード1位校ですから、勝って当たり前かも知れませんが、そこはそれ、高校生のすることどうなるか分かりません。エース香川卓摩投手も腰痛持ちで、今月になってから登板するなど、不安を抱えています。加えて香川卓摩投手は、野球部後援会山口富士雄氏によると、「軽自動車」。連投が難しい。

とは言いながらわれわれ紫雲会会員は、夏の甲子園へ行くことに決めてスケジュール調整をしています。今月27日が香川県決勝戦の予定で、本番の甲子園大会は8月6日(火)から始まります。野球部の活躍もこのように続いていますが、サッカー部等他の運動部も頑張っています。梶正司校長によると、全国大会への出場は20競技、その他そろばん電卓などの文化部も、全国大会へ出場します。

このように文武両道の公立商業高校は、全国にそうはありません。香川医大の卒業生に、「高松商」という名前も散見されるようになっています。先輩たちの偉業を継承し、いまの私たちの出来ることは、前へ、より一層「駒」を進めることです。350名の卒業生、就職が約50名、300名が進学します。女子が6割、男子が4割ですか。昔から高松商は、女子が強いのです。

総会前の3者会談

北條勇支部長挨拶

梶正司校長の力強い挨拶

龍雲相撲甚句がゲスト


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4561 |
| 社長日記 | 07:45 AM | comments (0) | trackback (0) |
高齢ドライバーの交通事故
75歳を過ぎると、高齢による交通事故が増えると聞いている。自分はまだその年には達していないが、異常を感じたら免許返納も視野に入れてと、今から考えています。残りの人生20年、稲盛和夫塾長の言われるように、少しだけ世のため人のために役立って彼岸に渡りたいと願っています。

会長職についても、毎日の出勤は続いています。すぐ近くにスーパマーケットがあり、開店から高齢者の行列が続きます。この時間の買い物客が多いのは、午後からだと混むから、比較的閑散としているだろう開店直後を狙っているのだろうと思いますが、意外に開店直後は混雑しています。酒井文子さんは、開店を待ちかねて買い物をされていました。

一番の楽しみは、馴染みの店員さんとの会話でした。1時間程度の滞在で、買うのは2~3点、それでも毎日皆勤賞でした。酒井さんはベンツを押しての来店でしたが、この時間にシルバーマークのステッカーを貼った軽自動車が、たくさん入ってきます。このクルマに、驚きます。沢山の傷があります。今頃は、へこんでも直さないのですね。

助手席に奥さんらしき人を乗せていますが、恐らく80歳位でしょうか。おしなべてドライバーも、同じくらいの年齢でしょうね。午前中のこの時間が体調もよく、まず食品を中心に買い回っていらっしゃいます。そしてクルマに帰って、荷物を置いてスーパマーケットを後にします。危なっかしく出ていきますが、無事の帰宅をお祈りしています。

危ないなと思う運転もありますが、この人たちからクルマを取り上げたら、果たして生活していけるのだろうか。恐らく病院も、毎日どこかへ行くのでしょうね。若者と住むことも少なくなって、よしんば同居していても、この時間に若者は家にいない。どうしても、2人(勿論1人の買い物者も多い)で来るようになる。

過日、5G革命の話を聞いて、自動運転のクルマの精度を聞いて驚いた。時速100㎞で走っていて、制動距離が約3㎝(正確には2.8㎝)という。そんなクルマが出来ても、果たしてこの人らが購入できるかどうか分からないが、最近TV報道で見た、市井の町工場の高齢社長がつくったという制動装置がおもしろい。

市販のクルマに取り付けて、急アクセルに対応して自動的にブレーキがかかるという仕掛け。確か2~3万円だったと思う。最新自動運転車の登場まで、とりあえずこのような装置を量産して、高齢者の安全と、周囲にいる人の安全を確保するのは、今の時代を生きる知恵だと思います。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4560 |
| 社長日記 | 10:16 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑