■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2020年08月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2783487
今日: 899
昨日: 3576

高松空港の濃霧対策装置高度化で便益15億円と県試算
日本航空が純損失937億円(4~6月期・ANA1088億円)と発表する中、飛行機に関する話題は、何か空虚なモノを感じる。恥ずかしながら私も、そんな日本航空の株式を、下落承知で最近買って当然今でも損を被っている。新型コロナウィルス感染が治まれば、飛行機はV字回復する。それまでJALとANAは、国の庇護の元でも生き延びなければいけない。

ローカルニュースですが、濃霧の影響を受けやすい『高松空港』の機能強化に向け香川県は、視界不良時の着陸誘導装置を高性能化した場合、今後30年間で約15億円の便益が見込めるなどとする独自試案をまとめた。県は、着陸ぎりぎりまで滑走路などが見えなくても、自動操縦で安全に着陸できる「カテゴリーⅢ」の導入を国に要望している。

しかし国は、滑走路周辺に険しい坂があり、装置などを設置する用地造成費が高額になることなどを課題に挙げて難色を示している。そこで県は昨年度、工事費の削減策や利便向上策を独自に試算した。そしてプラスマイナスして、今後30年間の利便は約15億円に上ると試算をだした。これをテコに、国との交渉を粘り強く進める。

コストに対する利便を数値化した『費用便益比』は、国が事業化の目安とする『1.0』を上回ることとしており、県は「関係機関に事業の必要性を理解してもらうと共に、国に改めて費用対効果の検討を要望したい」と意気込んでいる。『費用便益比』は、四国新幹線構想でも問われている数値であります。

高台にある高松空港は、降雨や濃霧などの影響を受けやすく、視界不良が原因の欠航が発生しやすい。しかし当初計画されていた高松市生島沖の『海の空港』でも、同じことが言えたと思います。瀬戸内海の春の濃霧は、多くの船を止める。これは飛行機でも、同じことです。生前自ら、『香南町現空港』を誘致したと豪語されていた『松熊義美』さんが、よく言っていた逸話です。

県によると、2017(平成29)年度は計96便、18年度は計38便、19年度は計34便が濃霧が原因で欠航している。私も2015(平成27)年11月17日、高松商が『明治神宮大会優勝』のその日、羽田空港発機が高松空港へ着陸できず、大阪空港へ着陸したという経験があります。1万円の現金を機内の茶封筒(予備的に搭載している)でもらい、バスと新幹線とマリンライナー号を乗り継いで高松へ、ヘトヘトで帰って来ました。

神宮球場から慌てて帰った私と、岡山駅で遭遇した『新幹線利用組』は、「なに遊んでいるの」と私を笑い、優勝の勢いも加勢して、敢えて名を明かしますが『白井美昭』先輩らは「わが世の春」状態でありました。「お前も飲め」と渡された温めのビールが、実に美味かったのを、今でも覚えています。

高松空港に現在整備されているのは、最も性能の低い「カテゴリーⅠ」で、地上60メートルで滑走路や灯火といった目標物が見えなければ、機長の判断で着陸をやり直す等の条件が設けられています。私の遭遇時でも、高松空港上空を30分は飛んでいました。それから断念し、大阪空港へ向かいました。機長は、努力をしてくれました。

『アフターコロナ』とか『DC(デュアル・コロナ)』とか、新型コロナウィルスが落ち着いた後のことが語られ始めていますが、その後は高松空港の利用がこれまで以上に増えると思います。唯一の難点『霧対策』ができれば、鬼に金棒です。多発する『豪雨水害』等の災害でも、中四国に位置する空港の中で、高松空港は機能不全に陥らない、災害時でも機能する空港の一つであります。

ここは一番、浜田恵造香川県知事や県職さんに期待します。高松城天守の再興や四国新幹線など、知恵を出せば出来そうなことが一つまた一つと出てきました。街の質の向上でも、空港整備は大きな意味を持っています。飛行機は、また必ず飛びますから。香川県内、新型コロナウィルス感染者52名。増えています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4963 |
| 社長日記 | 09:13 AM | comments (0) | trackback (0) |
中国の日本人懐柔作戦
「STAY HOME」が言われ始めた3月頃から、インターネットを使った「情報」の売り込み激しくなりました。『内容』が気に入ったら定期購読か一括購入をしませんかという誘いです。その「情報」の多くは、大手メディアでは取り上げられていません。今、その種の情報として、世界中を騒がせている米国の有力シンクタンク『CSIS』の報告書が話題になっています。

CSIS(戦略国際問題研究所)は、過去に稲盛和夫塾長も講演をしたところ。アメリカ合衆国のワシントンDCに本部を置く民間のシンクタンク。1962年にジョージタウン大学が設けた戦略国際問題研究所が、後に学外組織として発展したものであります。現在のフルタイム常勤職員は220人ですが、CSISが出した報告書「日本における中国の影響力」が話題になっています。

そのレポートによって、安倍政権内における中国の浸透工作がついに明るみに出ました。2004年、「これ以上のことをすると国を売らなければならない。自分はどうしても国を売ることはできない」。こんな悲痛な遺書を残して、上海の日本領事館で1人の領事が首をつって死亡した。この遺書を読んだ総領事は翌日、館員を集めて、涙ながらにこう語った。「A君は卑劣な脅迫によって、死に追い込まれた」。

外務省職員のAさんは、上海に着任後、数ヶ月したころ、同僚に連れられ、上海市内にある日本人目当てのカラオケに行った。そこで、一人のホステスと親しくなったのだ。中国では、政治家、実業家、駐在員等あらゆる人のスキャンダルビデオが保存されているという。北朝鮮でも、同じことが噂されている。所謂『ハニートラップ』だ。

そしてそのホステスに、1人の中国の情報機関のエージェントを紹介された。初めのうちは極めて紳士的だったものの、ついに、我々に協力しなければ、ホステスとの関係をバラすと脅迫された。そして、エージェントはAさんにあるものを要求した。本国との公電暗号表だった。しかし、それを渡せば、「国を売ること」になる。追い詰められたA氏は、自らの命を絶つことで、拒否したのだった。

中国トラップに、どうして多くの政治家・ビジネスマンがかかってしまうのか?それは、「中国の本質を分かっていないまま、彼らに近づくから罠にハマってしまう…」と解説者の『林建良』氏は言います。日本の政治家だけではなく、さらに罠に嵌められた5人の大物の実例を出しながら、政治家や大企業のビジネスマンに迫るチャイナ浸透工作の手口を伝えています。この解説ビデオを買いませんかと、迫っています。

親中派だと言われていて、「習近平国家主席」を来賓で招待すると主張する二階俊博幹事長や今井尚哉(いまいたかや)氏が有名どころだ。今井尚哉氏は、日本の経産官僚。内閣総理大臣秘書官兼内閣総理大臣補佐官。所謂『安倍親衛隊』の隊長。林建良氏は、親中派自民党国会議員としてこの2人の名前を挙げている。もちろんその他も大勢いるが。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4962 |
| 社長日記 | 06:58 AM | comments (0) | trackback (0) |
ソニーの電気自動車公道実験開始
ソニーは2020年度中に電気自動車(EV)の公道走行の実験に乗り出すとして、先月27日に試作車『VISION-S(ビジョンエス)』を日本で初めて公開した。『VISION-S(ビジョンエス)』は、今年正月にアメリカで行われた「家具ショー」に出展し、注目を浴びていた。この時は突然の登場で、会場がざわついた。私も一報を読んで、テスラ-に続いてソニーも電気自動車業へ乗り出すのかと思いました。

その際にもソニーは、実車の販売は考えていないと話していました。自動運転に必要な、車載向け画像センサーで競合に後れを取る中、実験を通じたデーター収集のために、試作EVを走らすようだ。というのもソニーは、CMOS(相補性金属酸化膜半導体)センサーで、世界シェア5割の最大手。その大半がスマホカメラ向けで、スマホのカメラは私のような1台搭載から、5Gになると3台付きになるという。

画像センサーの新しい販路として、車載や産業用途など向けの販売増にソニーは腐心しているわけだ。先にも書いた通り、現時点ではEVを量産しない方針を示している。画像センサーを自動車メーカーに供給したいソニーにとって、競合にもなるリスクがある。それでも自動車を開発するのは、主力事業である画像センサーなどで、自動運転が無視できない存在になってきた背景がある。

開発中の2台目は、センサーを現行の33個から増やす方針。担当役員は、「公道を走ってみて初めて分かることは多い」と話す。自ら車両を作ってデーターを集め、自動車メーカーに売り込む。完全自動運転になれば、運転手も含め、車内で自由な時間が生まれる。『ビジョンエス』には、360度のあらゆる方向から音楽を聴ける立体音響技術を搭載した。ソニーは、自社の技術や映画・音楽のコンテンツを使った新たなビジネスチャンスとみている。

いま自動車業界は、100年に1度の大変革期を迎えている。電機メーカーのソニーが自動運転EVを開発するのは、クルマがデジタルでアップデートするスマホのような存在になる象徴とも言える。EVで先行している日産も、当然ソニーの画像センサーを取り付けるだろう。クルマが移動手段から、次の楽しみの世界を届ける『ビークル』になりそうだ。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4961 |
| 社長日記 | 09:22 AM | comments (0) | trackback (0) |
高松商投打にバランスベスト8入り
8月2日(日)昨日に続いて、「レグザムボールパーク丸亀」において3回戦『坂出』相手に、高松商の先発投手は背番号1安西優登投手が、6回まで3被安打4奪三振の無得点で、続く2番手松田光稀投手が7回からの3イニングスを、被安打1、奪三振2の無得点と試合を作った。結果は6-0の完封。エース不在と長尾健司監督が言うのですが、継投でも抑えれば良い。

一方打線は、4番笠居小史朗選手の3安打をはじめとして、12安打6得点で、危なげなく勝ち進んだ。打線は長尾健司監督が言うように、よく振れていると思います。特に1番篠原一球選手が好調だが、初回と3回の先頭打者として登場しながら凡打。これまでと違ったパターンで心配したのですが、4回と6回に安打で安心しました。

この次の試合は8日(土)、相手は『英明』です。勝てば準決勝が11日(火)、決勝が13日(木)の予定です。ここからがある意味勝負です。これまでのような試合にはならないと思いますが、昨年の覇者『高松商』の短期間での『仕上げ力』がどう奏功するか、楽しみなところであります。私は連日の熱戦を「CMSケーブルテレビ」で観ていますが、長尾健司監督はこの大会前から断髪して、高校生のような頭で臨んでいます。

監督の采配が試合を決めることもある高校野球、実に楽しみにしていたのですが、「無観客試合」で涙を呑んでいます。しかし試合ができることに感謝して、TVを通してでも勇姿が観られることに感謝して、私はありがたいことに仕事がまだあります。子どもたちに負けないように仕事をしながら、8日13:30を心静かに待ちたいモノです。

珍しく紙幅が余りましたので、1年生レギュラー浅野翔吾選手を紹介します。ベンチ入りしているもう一人の1年生渡辺升翔選手と2人、上級生に囲まれて活躍しています。浅野翔吾選手はここまでの3試合で、10打数5安打内3塁打1と大活躍しています。出身は屋島中学校、170㎝84㎏とどっしりした体格です。身長はこれからまだまだ伸びますが、お尻周りは投手のようであります。

比べて悪いのですが、先発の安西優登投手は、169㎝65㎏。体重84㎏は、4番の笠居小史朗選手(85㎏)、6番上田蓮左翼手(85㎏)に続くものです。監督の『1日5食作戦』も効果を出しています。もう一つ期待の星で、誰であるのは伏せておきますが、高松商から初めて『東大野球部』入りするかも知れない逸材が噂されているのも、報告させて頂きます。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4960 |
| 社長日記 | 10:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
夏の高校野球2回戦高松商5回13安打猛攻
夏の高校野球香川県大会で高松商は、2回戦『飯山』との闘いを「「レグザムボールパーク丸亀」でおこない、14-2の大差で5回コールド勝ちしました。試合会場は前回同様、控え選手や保護者だけを入れて、「無観客試合」で行われた。2回戦から、「CMSケーブルテレビ」で放映されて、本当に久しぶりに『半生』の闘いを見た。

まず打線だが、4回の攻撃でヒット13本、14点をたたき出した。野手組全員安打と、打つ方はまずまずだった。しかしこのレベルの投手が相手では、素直に喜べない。くじ運に恵まれて、試合ごとに成長している。長尾健司監督も言うが、問題はエースがいない投手陣だ。この試合は、背番号16の坂中大貴(右2年)投手が先発し、3回まで投げた。13人で4本の被安打。1失点。

4回からは二番手美濃克尚(右3年)投手が、4人に対戦し被安打なし、奪三振と四球が各1。三番手は大熊悠生(右3年)投手が登板し、右前打で1点をもぎ取られた。1回戦での安西優登(右3年)投手と.松田光稀(左3年)投手に加えて、今日の3人、私の見立てでは確かに絶対エースはいないかも知れないが、どの投手もつなぎでは役割を果たしそうに見えた。

打線は、投手のほかは7番が長尾和真選手から川原響選手に替わっただけ。特に良いのは、1番篠原一球選手だ。初回先頭打者ホームランで、7点のビッグイニングのお膳立てをした。今日3本(本塁打・二塁打)と2盗塁の絶好調だ。替わって先発した川原響選手も、期待に応えて2安打。チームにエラーもあったが、練習時間が少なかっただけに、仕上がりは多少荒い。それでも各所に高松商らしい走塁など、文句のない試合でした。

怖いのは慢心で、最初の試合が10-1の7回コールド勝ち、今日の試合も14-2の5回コールド勝ち。最初に書いたように今大会は、くじ運に恵まれている。ベスト8をかけて、明日13:30から『坂出』と対戦するが、ラッキーはいつまでも続かない。『坂出』に勝ったら『英明』だろうが、早めに汗をかいて夏の暑さに慣れて貰いたい。

余談だが大抵は球場で試合を観ていて、「テレビ中継」は観ることがなかった。今大会だけは、「CMSケーブルテレビ」も有り難い。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4959 |
| 社長日記 | 10:08 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑