■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2021年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3513150
今日: 722
昨日: 2749

ライオンズ農場での玉ねぎ収穫
香川県もまもなく梅雨入りと予報され、本日14日(金)、急遽玉ねぎの収穫の指令が届きました。前日13日(木)は、19時からビデオ会議システム「Zoom」を使った理事会を、初めて開催しました。よく使う業界の関係者は問題ないのですが、やはり初めてやほぼ初心者となるとどうしようと心配が先行します。

次の例会で、簡単に使用説明をしようかと言うことになりました。と言うのもこの先香川県下でも、新型コロナウィルスの変異株まん延で、まん延防止等重点措置対象エリアにならないとも限らず、例会もビデオ会議になるかもしれません。ビデオ会議システム「Zoom」は、ホスト側は少しテクニックが要りますが、受け側はスマートフォンでも大丈夫です。

ライオンズクラブメンバーは、ほとんどがスマートフォン(スマホ)を持っています。理事会にしろ、例会にしろ、やってやれないことはないと思います。この非常時、創意工夫で感染防止に努めなければなりません。またこれだと、通常例会に出席出来ていなかったドクターメンバーの元気な姿を、拝顔することも出来ました。

さて玉ねぎの収穫ですが、わず家のモノと比較しても明らかに小さい。また通常であれば、収穫時には松島校区育成会の子どもらも参加しますが、教育委員会の指導で今回は欠席です。育成会代表者一人と、クラブメンバー10名ほどが、手早く収穫を終えました。私は各土曜日の作業が仕事のため、今年初めての参加になりました。L北村昌史と、久しぶりに会話が出来ました。先輩は毎回参加しているそうです。

この先、隣県の岡山県が緊急事態宣言発出となり、新型コロナウィルス禍がどのように展開するか予断を許さない状況になっています。仕事で、明らかに苦戦すると思われるメンバー数名は退会していきました。残るメンバーで、ライオンズクラブの理念を貫きたいと考えています。その反面、7月から新体制を担うL橫井靖司会長らにエールを贈ります。最悪のタイミングでの就任、ご苦労を掛けますが、創意工夫をそしてワクワクする企画を期待しています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5245 |
| 社長日記 | 09:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
美味しいカレーのルーはどこで買うか
謎かけのような命題だが、答えは『アマゾン』のようだ。言われてアマゾンで、美味しいカレーのルーを検索すると、見事にカレールーがあらわれる。評判等も書き込まれていて、初心者にも分かりやすいように思う。しかしアマゾンで見る人の多くが、そのままレンジで温めるタイプを望んでいるのではないか。こう考えると、コンビニも購入先にリストアップされる。

逆に言えば巨艦小売店舗の例えば『イオン』で買う人が、決め買いするなら全く問題は無いが美味しいカレーのルーを探すとなれば、イオンでは相談する人はいない。これまでの大型小売店の販売スタイルは、品揃え豊富で、自分で選択して勝手に買えば良いというモノだった。当然価格にも競争力を付けて、少しでも安いのが売れていたと思うのです。それが大型小売店の強みでした。

新型コロナウィルスの影響で、自宅で食事をすることが増えたと思います。私はほぼ毎日帰宅して、昼食も頂いています。大好きなうどんもラーメンも、自粛しています。拙宅ではありがたいことに、食事もかみさんが手づくりしてくれている。スーパーの加工食材が並ぶことは、ほとんどない。食材から調理という一工夫、ひと手間を加えてくれている。

しかし美味しいカレーのルーで、拙宅では何を使っているか質問したら、「SBの辛い奴」と言う分かったような分からない返事だった。妻「なんでそんなこと聞くン」、私「日記のネタが尽き果てた」。インターネットで、ヱスビーを調べてみた。懇切丁寧に書き込みがあり、その先は「楽天」「アマゾン」「ヤフー」の注文ページへ誘導される。

アマゾンと言えば、私はもはや古典と言われる『本』が、この原型であり、ここから多少の品揃えもされたのではないかと思っていました。しかし過去の小欄でも書きましたが、『アマゾン』はもはやネット系大型小売店舗であります。本に限らず今日注文すると明日か、その次には届く。それもメール登録しておくと、「いついつどこどこへ配達されます」という連絡が届く。

連休中の1日(土)、このメールが届いた。注文した覚えがなかったのだが、なんと定期購入をしているワインだった。「受取人不在であればポストに入れておきます」とそのメールには書かれているが、まさかポトには入るまいが、長期間そのあたりに置かれていてはたまったものではない。5日(水)まで休業中で、慌てて自宅への配達に変更してもらいました。「午後からになります」と言われたとおり、14時過ぎに自宅へ届きました。

このような便利さも、「美味しいカレーのルー」の選択につながります。つまり利便性が高いというのは「満足度が高い」と言うことになり、それが美味しいにつながるのは、人間の錯覚だろうか。今日はネタ切れで、失礼しました。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5244 |
| 社長日記 | 09:54 AM | comments (0) | trackback (0) |
デジタル6法案本日12日に成立
参院内閣委員会は11日、デジタル庁の9月発足を柱としたデジタル改革関連5法案を、与党など賛成多数で可決した。国と、地方の行政効率化を目指す。参院総務委員会も同日、自治体に対し国の基準に適合した情報システムの利用を義務付ける標準化法案を可決した。そして計6法案は、12日の参院本会議で成立するように報じられている。これ以降の報道で、可決を確認いよいよ9月、デジタル庁が発足する。

デジタル庁は9月1日、職員500人規模で発足する。各省庁からの出向者を受け入れるほか、約120人を民間人登用をする方針。さまざまな行政手続きをオンラインで可能にするため、国や自治体の情報システムの改善統一を図る。中には、個人情報保護制度の見直しも盛り込んでいる。民間と行政機関、独立行政法人で分かれている個人情報保護法を1本化するとともに、自治体の保護条例に共通ルールを導入する。

情報システムの標準化法案は、自治体ごとの使用のばらつきを解消し、回収コスト削減につなげるという。データー流通の円滑化が狙いだ。日本は、比較的個別のデジタル化が進んでいると考えているが、昨今の新型コロナワクチンの接種申込みにしても、電話はともかく、市町村のホームページにもアクセスが殺到し、受付を中止したと報道されている。どの程度のアクセスでパンクするのか把握していないが、脆弱と言わざるを得ない。

それと気になるのが、デジタル化に応じたセキュリティ強化。昨今一般企業にあっても、在宅勤務が求められているが、心配するのは企業のコンピュータサーバーと在宅勤務者のコンピュータ端末を結ぶセキュリティ機能の良し悪しだ。江戸時代の忠臣蔵であれば、「山・川」という合い言葉で通じたが、コンピュータでは、一般的にIDとパスワードが用いられている。

さらにセキュリティ認証が厳しい企業では、指紋や網膜で判断するシステムもあるようだ。しかしこれもいたちごっこで、ハッカーと呼ばれる悪党一味は、その活動の動機づけが『強欲』だから研究に余念がない。わが儲けのためなら、少々の犯罪も厭わない。どんどん新手で攻めてくる。一方防御する側は、『守り』にこだわるだけに、悪戦苦闘する結果にならざるを得ない。

このほかの関連法では、新型コロナウィルス対策の10万円給付が遅れた反省から、希望すれば、給付金の受取に使う預貯金口座を「マイナンバーカード」と一緒に、事前登録できる仕組みを設ける。自治体が使う情報システムは、国の基準に適合したシステムへの移行を義務付ける。

小欄でも何度か書いたが、香川第一選挙区の平井卓也衆議院議員はデジタル改革担当大臣、情報通信技術(IT)政策担当大臣、内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度担当)。この他内閣府特命担当大臣(クールジャパン戦略、知的財産戦略、科学技術政策、宇宙政策)を歴任したのだが、デジタル庁が誕生した暁には、手足(専属職員)が出来て今以上に活躍の場が広がるだろう。香川の大きな財産だ。

デジタルは日本一小さな香川県、さらに小さな日本においても、大国とも真っ向勝負が出来る分野であります。デジタルやIT(情報技術)、そこから波及するIoT共通プラットフォームなど、希望が文字通り宇宙規模に広がります。それだけに叡智の結集が、求められる。デジタル庁発足、コロナ後の明るい材料になると期待しています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5243 |
| 社長日記 | 09:06 AM | comments (0) | trackback (0) |
ネット広告にテレビCMは喰われるのか
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、迷惑メールが増えました。そんな中の一つが、以下に転載しているメールです。
シャンプーのTSUBAKIや、スタイリング剤unoなどのCM、あなたも一度は見たことあるはず。資生堂のような化粧品業界は、宣伝費に年間2400億円投じられていて、そのうち1900億円以上はTVCMだと言われています。

が、その資生堂が今後TVCMをやめるらしいのです。え??じゃあ一体 どうやって商品を宣伝していくの? って思いますよね。そう、彼らが今後代わりに使うのは「ネット広告」。ネットに、ほぼ100%移行するというのです。でも、これ実は資生堂に限った話ではありません。

他の企業では、既に宣伝をTVからネットにシフトして、コロナ禍集客に成功している事例が多数あるのです。例えば、人が外に出なくなり苦戦を強いられているアパレル業界。ですが「しまむら」は、好調だとご存知でしょうか?(利益はなんと前年同期比2.3倍!)その大きい要因は、TVCMをゼロにしたのです。

代わりに使ったのは、SNS広告やYoutube広告などのデジタル広告。その結果、TVCMをゼロにしたのにかかわらず商品は売れ、利益が大幅に上がって「しまむら」は好調だったのです。さらに、不動産であれば積水ハウス、ホテルならアパホテルがネット化に転換し上手くいっています。

業界が冷え込む中、うまくいっているのは決まって「ネット化」に対応しています。これからの時代、ネット化が生き残る道というのも、ネット化の波は今後も収まらないどころか、コロナによって数十年分加速したと言われているのはご存知のはず。だからこそ、今のうちにネット化するのが絶対に必要ではないでしょうか?

確かに私も、ユーチューブを見る機会が多くなりました。インターネットメールから誘導されたりします。その間にもCMが流れます。スキップすることも出来ますが、テレビではお目にかかれないCMもふんだんに流れています。確かにテレビCMに比べると、格安だろうと想像します。従って頻繁に流れています。

この現象、私はネット広告が増えたということより、テレビCMが減ることが心配です。地方テレビ局はこの先、どうやって食っていくのだろうか。KSB瀬戸内海放送も大きな本社ビルを建てましたが、東京のキー局との関係も必ずしもこのままとは限らない。何があるかわからなのが、最先端企業の栄枯盛衰です。ハイテクは、旬が短い傾向にあります。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5242 |
| 社長日記 | 10:20 AM | comments (0) | trackback (0) |
サンポート高松オイスカイベント第4回実行委員会
公益財団法人オイスカ四国支部が、今年初めて、サンポート高松賑わい創出イベントに参加します。主催は、高松観光コンベンションビューローとシンボルタワー開発。1年間を通じて、春夏秋冬それぞれの企画でそれぞれの団体が『賑わい』を作って下さいという企画です。それに、公益財団法人オイスカ四国支部が初めて挑戦。初めてづくしで、苦心惨憺。今日も10数名の実行委員が集まり、知恵を出し合いました。

『面白い企画』と言われますが、その前に予算が心配です。小心者の私は、会員企業のセーラー広告からの支出見通しに対する収入の工面が出来るかどうか、この一点がまず心配するところであります。特に10月17日(日)という台風も心配される野外イベント、『雨が降ったら』という雨プロも考えながら、そして新型コロナウィルス感染症の終息も気になるところであります。

今まさに県下でも新型コロナウィルスの変異株が猛威を奮っている中、イベント企画をするというのも皮肉なモノであります。しかしすべてが内向きで、やることなすことが中止の状態では、人々の心は萎んでしまいます。公益財団法人オイスカ四国支部としても、本来なら20数名の研修生を各国及び地域から受け入れているところですが、それすら出来ていません。

さてサンポート高松オイスカイベントですが、先に書きましたとおり開催は、今年10月17日(日)。場所はサンポート高松の、『石のステージ』と『多目的広場』この二つは野外ですが、もう一つサンポート高松の建物と建物のあいだの『ディクスガレリア』の三カ所で、それぞれのイベントを計画しています。

野外では太鼓ショーや踊り、県立高松北中高生の部活動の披露など、原案はありますが、さらなる参加チームを募集しています。残念ながら出演料までは出せませんが、交通費程度は考えています。時間が10時から16時までですから、10チーム程度になると思います。まずは会員の関係する団体に優先参加権を与えることにしています。

次ぎにお楽しみの「飲食ブース」ですが、『うどん』や『焼きそば』、『カレーライス』は決まっていますが、まだ半分に満ちていません。同時に「物品販売ブース」を考えています。持ち帰って食べたり使ったりする、『県内特産品』の販売を企画しています。こちらも面白い商品が提供出来たらと、考えています。オイスカからは、朝取りのたまごや野菜、シフォンケーキも検討されています。

そして目玉は、ディクスガレリアでのデジタル通信です。オイスカは、36の国と地域に研修センターを持っています。この中のいくつかと、高松を結びます。このサンポート高松は、県内一のデジタル聖地であります。5G(ふぁいぶじー)の環境で、世界中の子どもと高松中高生のディスカッションが楽しみです。ここではオイスカ60周年の歴史紹介と、東日本大震災からの10年、宮城県名取市の68ha・35万本の松の植林パネル展も予定しています。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5241 |
| 社長日記 | 09:33 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑