■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1704660
今日: 3146
昨日: 3817

ホテル日航プリンセス京都での二日目
風呂には入ったようです。帰りはそんなに遅くはなかったと思いますが、目覚めたら照明は全開、テレビもついたままでした。テレビの朝番組はここ京都、関西の番組が流れています。いつも高松で見る、関東版チャンネルとは違っています。朝食は7時~9時少し前まで、バス出発が9時です。

朝食も頂き、元気に「今日」のスタートです。まず稲盛ライブラリーは、10時から開場ですが、9時半には着いていました。私も何度か来ましたが、本社の美術館は見たことがないので楽しみです。改めて稲盛ライブラリーの館内を見て、今更ながら京セラの世界躍進の足跡をここに見ます。

稲盛和夫塾長もある意味タダの男であり、それでいてこの先少なくても1世紀は出ない希有な経営者だと思います。ここの見学者は中国人が8割、日本人が2割だと案内係は言います。中国人客はそれでも滞在時間は1時間ですから、案内する間がないのだそうです。塾生・非塾生問わず、大勢の中国人が来館するようです。

「稲盛ライブラリー」は、京セラグルーブが21世紀においてもさらに成長し続ける企業でありたいとの思いを込め、創業者稲盛和夫の人生哲学、経営哲学である京セラフィロソフィを学び、継承することを目的に開設されました。本社ビルの隣に、立派な7階建ての建物があります。

1959年に稲盛和夫が徒手空拳で創業した京セラ株式会社(創業時「京都セラミック株式会社)が、今日まで発展し続けてこられた原動力は、高い技術開発力以上に、京セラフィロソフィが存在したからです。つまり、全従業員が京セラフィロソフィを判断の基準に据え、行動規範として共育し、ひたむきな努力を続けてこられた結果が今日の京セラグループなのです。

「稲盛ライブラリー」は京セラフィロソフィの継承を目的に開設するモノですが、広く一般の皆様にも(無料で)公開させています。リーフレットには、以上のように書かれています。美術館は、ピカソの特別展を開催していましたが、私には分かりません。これも京セラの社会貢献の一つであります。

ここから先は昼食会場へ、移動します。茹でたてのそばが美味しかった。東寺に立ち寄り、京都南インターから高速道路へ、一路讃岐を目指します。今回の失敗は、電源の喪失。反省もするのですが、電源の持ち歩きはさらなる負担をもたらします。今のままでも重いのです。









| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4548 |
| 社長日記 | 09:13 AM | comments (0) | trackback (0) |
盛和塾香川京都例会はホテル日航プリンセス京都
京セラライブラリーを見学するために、京都のホテル日航プリンセス京都へ来て、ここで例会をしています。勿論京セラ関連会社です。関連と言えば、鹿児島県霧島市隼人町に「ホテル京セラ」もあるそうですが、稲盛和夫塾長の思いが叶わないのが、サッカーチームの「京都パープルサンガ」と「ホテル京セラ」の二つと言われています。ホテル日航プリンセス京都も同じ部門ですが、こちらは京都という立地もあって好調のようです。

今日の「わが経営を語る」は、㈱喜多猿八代表取締役社長・喜多泰博塾生と、奈良電機重工㈱代表取締役社長・奈良俊介塾生のお二人でした。二人ともまだ若い、正直まだまだという感じはしましたが、どちらも後継者であります。特に㈱喜多猿八さんは、100年以上の歴史を誇る。農薬の販売を中心にした業態だが、私でも昔、まだ市内松島町に店舗があった頃、母親の菊花の手伝いで、スミチオンという農薬を買いに行ったモノだった。

喜多泰博氏

奈良俊介氏

昔飛行機(セスナ機で大量散布)、今はドローンを使って農薬散布をするというが、なかなか大変だと思う。小豆島誠耕園井上智博さんも、「農薬は農協で買う」という。ナショナルブランドになればなるほど、同じものなら安いが良い。そう思うのが人の常だろう。確かに稲作りでも薬剤散布は2度はするが、田んぼの両側で二人が竹の竿に付けた散布ノズルを前へ進める。

なかなか大変な作業になる、収穫前だから夏にやることになる。これが一反300坪程度で30分かかるという。これがドローンだと、僅か3分というから、画期的な方法ではある。年間1千万円のドローン収入だとしても、来年は倍の2千万円しかならないと厳しい突っ込みが入る。第一シーズンイベントで、夏前後だけの仕事で、その後は遊んでいる。

例えば、来年7月からは旧市街化調整区域内では、事実上宅地化が出来なくなる。放棄されそうな農地を、高齢化した農家から借り上げて、何とかビジネスにならないモノだろうか。稲作では、作っても金にならない。私は田に水を張ったら、ドジョウの養殖は出来るだろうし、ウナギの養殖が出来たら面白いビジネスが構築できるとアドバイスした。近大のマグロは、山の中で育てているではないか。

一方奈良俊介塾生(奈良電機重工㈱代表取締役社長)は、綾川町の工業団地につい最近移転して、配電盤づくりから今では工場全体の配電設計から施工(電気屋だから機械はパートナー企業に依頼して作動確認して、おそらくメンテナンスもやるのだろう)までやっているようだ。全国展開が出来れば売上も上がるが、今のスタッフでは、数ヶ月県外勤務はさせられないと社長は言う。

これに対しても、その現場、例えば愛知県であれば名古屋で採用し、現地採用者と本社からのベテランで現地拠点を作る。さらに技術に惚れたと言って案件が増えたら、M&Aという方法も考えられる。心配しないでも拡張方法はいくらでもあるから、技術を磨き、無理難題に答えられる電気制御システムを構築せよと、檄が飛ぶ。

二人はまだ若い。京セラが歩んできたように、「考えよ」を常態にして、次々考えて迷わず実践することだ。私も奈良電機重工(株)が市内紙町にあった頃、アマ無線の師匠・塩田洋治氏の塩田工房へ行く途中、よく工場前の道路を使った。中崎巌さんも、ここでアルバイトしていた?後継者の知らないところで、みんなつながっているモノだ。

さて懇親会だが、アルバイトの男女若者がホテルマンの間で働いていた。彼女に声かけて話を聞くと、京都外国語大学在学生で「彼は香川県出身ですよ」と言う。彼は4年生でまだ就職先が決まっていないと言うから、迷わず徳武産業の十河孝男氏のもとへ彼を誘った。徳武産業なら、語学は英語に限らず中国語も使われる。

十河孝男氏

徳武産業の会社と、彼の実家は凄く近いようだ。長男だと言うから、縁があれば良いのだが。十河孝男さんの名刺を受けとった彼は、「ホームページは見てよ」という私の願いに、「分かりました」と答えてくれました。ここで2時間、京都の夜はまだまだ更けゆく。

今日のネタはこれで終わりますが、本日は電源トラブルでパソコンが作動せず、掲載が随分遅れましたことをお詫び申しあげます。今日のバス内でも20冊の「会長日記」を配りました。17年間の毎日アップしている手前、今になりましたがアップしました。明日は、10時までにあがります。

中橋政彦塾生の上げ潮じゃ




| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4547 |
| 社長日記 | 09:28 PM | comments (0) | trackback (0) |
泉佐野市からの今日のふるさと納税返礼品はうなぎ
この数日、何だかウナギが目に入る。手ごろな価格(1,500円程度)だと、中国産と書かれている。目を横に向けると、そこの横には「日本産うなぎ」が並んでいるが価格は、3,500円ほど。当然と言えば理解できるが、3,500円はなかなか即買いとはならない。昨日は大阪セミナーで直帰、今日は終日在籍ですが、昨日届いた「ウナギ」が冷凍庫に入っていると総務の大西香子さんが思い出したように言う。

分かった、自宅へ持って帰る。今頃とは思うが、やはり泉佐野市の反逆のふるさと納税の返礼品かと思う。このところウナギが食べたいと煩悩に似た願望がむらむらしていた私は、とは言いながら「会長日記」を両腕に抱えて、冷凍庫のウナギを忘れてしまっていた。なぜだか今日の総務は、帰宅が早い。約束があるのか、いつもなら「会長冷凍庫ですよ」と言い置き念押しして帰るのですが、今日は何も言わなかった。

言い訳をするが、「うなぎ」を会社の冷凍庫に置き忘れ、持ち帰りを忘れた。久しぶりの自宅食事が終わってから、どうしたことか「うなぎ」の存在を思い出した。醤油豆まで食べて、腹は十分満たされている。いやいやそれでも明日は京都で、「うなぎ」は今日どうしても食べたい。己はかなり、アルコールが入っている。

社員さんの個人携帯電話へ、電話してみる。いるかなと思ったYさんは、既に退社していた。彼からの情報で、Kさんがいるかも知れない。電話がつながり、申し訳ないが冷凍庫から自宅まで運んで貰った。時間にしたらわずか数分だが、まことに申し訳ない。かみさんは口ばかりで反撃してくるが、身体は動かない。民泊のリネン交換ダブルで、今日はとてもクルマを出す余力はなかった。

こんな困難な状況だが、どうしても「うなぎ」が食べたい。Kさんに頭を下げて、持ってきてもろた。社員さんを私用に使ったと息子に知られれば、いろいろ苦言を言われそうだが、どうしてもあの「うなぎ」が食べたい。まだ見ていない逸品なのに、どうしてここまでこだわるのか。これから待つことほんの少し、その姿を見てしまった私は、鍋を色々変えて、冷凍ウナギを暖めた。



カタチが大きいのでフライパンも用意したが、やはり深めの鍋で、折り重なるようにして解凍しました。結果は勿論食べたのですが、満腹に近い腹でも、入るものですね。ぺろりっと食べてしまいました。ウナギの完食がここ近日の一つの願望でしたが、明日からは通常の勤務に帰れそうです。明日は盛和塾香川の公式イベントで、京都へ行きます。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4546 |
| 社長日記 | 06:23 AM | comments (0) | trackback (0) |
悩める築古物件オーナーに対するコンサルティング
公益財団法人不働産流通推進センターが主催する標題の講座が、21日大阪天満橋の全日大阪会館で開催された。同センターは、宅建士の資質向上を目指して、「公認不動産コンサルティングマスター」資格を創設し、これでもかというくらい、資格を作っている。私も向上心は絶やすまいとして、この作戦に乗っかっている者の一人だが、息切れも感じる。

本日の講座は、不動産コンサルティング・スペシャリティ講座と位置づけて、先の「公認不動産コンサルティングマスター資格」の更新要件、つまり受講していたら、更新要件の一部にしますと喧伝している。このところ東京開催ばかりでなく、大阪開催も確かに増えている。

おかしな話しだが、東京開催で上京するなら「ホテル宿泊パック付航空券」が格安で、金にこだわれば宿泊し、時間が浪費されるという反比例の現状があります。悪友を誘って一杯やると終わるのですが、毎回毎回その手も使えず、最近は考え方を少し変えて、大阪受講が増えています。

この6月だけに限っても、8日(土)の高商紫雲会大阪支部総会、18日(火)宅建士資格試験実施説明会、そして今日21日(金)標題の受講と行く理由は千差万別ですが、二つ目の試験説明会も、これまでは東京での開催でした。大阪への足は、高速バスと山陽新幹線ですが、開催の場所によって、また次の予定などを考慮して使い分けています。高速バスも、10分程度の誤差で運行しています。

さて本題ですが、本日の講師は・明治大学研究知財戦略機構特任教授・田村誠邦(たむらまさくに)氏。一級建築士・不動産鑑定士の資格をお持ちです。誠邦さんを、もしかしたら「のぶくに」と読むかなと弱冠期待したのですが、残念でした。なかなか「誠」を「のぶ」と読む人は、いません。

話の内容は、この手の講座としては秀逸、の類いの話はよく聞いていますが、端的に表現して「飽きなかった」。語りに説得力があり、第一ニコニコしてしゃべれるのは、どこにもなかった才能です。内容が難しいと、人は自ずとしかめっ面になります。これまでの講師は、この当たり前の人でした。

しかし田村誠邦(たむらまさくに)氏は、そこが違います。聞いている側も、のめり込んでいきます。築古物件の賃貸住宅は、箱物と言われるアパート・マンションタイプを中心に、空きが増えています。入居率全国平均50%程度。この傾向は、ますます増えると思います。これから3年程度で、世帯数も減少に転じます。

田村誠邦氏の論調はすばり、「リノベーション」をして新たな価値を見いだす手法です。「リノベーション」とは、リフォーム工事より大規模で、新たな価値を生み出す再生工事のように考えています。従って工事費が高く、成功失敗の差が大きい事業になります。だからよくよく勉強して取り組みなさいと言う論調です。

時間の都合で多くを書きませんが、得した時間を過ごしました。今日は参加して、これからの方向性の考え方を学びました。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4545 |
| 社長日記 | 09:31 AM | comments (0) | trackback (0) |
フラット35の不正利用疑惑とアパート施工のTATERUの業務停止
残念なことだが、不動産関連の疑惑等よからぬネタ2題を掲載します。長期固定金利型の住宅ローン「フラット35」の資金使途が、本来の居住用ではなく投資用だったという不正利用疑惑をうけ、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)は、すべての融資先について、同様の事例がないか調査を始めると発表した。

マイホームに関しては、低金利での住宅ローンや所得税制の優遇等が手厚く用意されているが、この中に本来認められていない投資目的の利用が紛れているケースが散見されて、これを排除する審査などの融資実行前の対策を強化するという。しかし、自己の居住用か投資用なのか判別しにくい場合も予想され、対策の課題になりそうだ。

と言うのも例えばマイホームとして買った後に転勤になり、それを第三者に貸し出すことは認められているのです。長期の固定金利で資金を借りられるフラット35は、本人や親族が住む住宅の購入資金を、機構と提携した金融機関が融資するもの。第三者に貸す投資用物件に、購入資金に充てることは認められていない。

こうした不正利用が疑われる融資は、約100件に上る。機構は借り手が実際に住んでいるかどうかなどの調査を始めた。今回発覚した事例は、特定の不動産会社が関与していると見られているが、機構はすでにすべての融資案件から疑いのある例を抽出する作業を始めている。フラット35は2017年度末で約68万件、15兆円の貸出がある。

融資件数も膨大で、現地に出向いて居住の有無を確認するのは現実的ではない。機構は再発防止策として、過去の不正事例を参考にした審査の強化や、申込み時点で投資用に使えないことを周知徹底する対策に着手した。ここまでが不正1の、住宅金融支援機構問題。

もう一つは、アパートの施工、管理を手がける東証1部上場のTATERUが、建設資金の借入希望者の預金データを改ざんしていた問題で、国土交通省は同社に業務停止命令を出す方針を固めた。預金残高を実際より多く見せて、金融機関の審査を通りやすくしていた。国土交通省は会社ぐるみで改ざんし、不正が全国に広がっていることを問題視し、行政処分に踏み切る。

国土交通省は21日に、宅地建物取引業法に基づき同社に対する聴聞をひらいたうえで、業務停止命令を出す模様。停止期間や業務の範囲は、今後詰めるという。同省によると、2015~18年の間に、10都府県の不動産取引336件で、銀行に提出した資料の借入希望者の残高を水増しするなどの不正が見つかった。調査委員会は、過度なノルマにより、資金の少ない顧客とも契約をさせるため書類を改ざんしたと結論づけている。

TATERUの株価は、2018年7月の約2,000円から、19日は189円まで下落している。そもそも宅建業者の私が言うのも問題があると思うが、今頃アパート建設して入居者が付くものだろうか。目先の新築という目新しさはあるものの、潜在的見込み客は激減している。私は自分の所有するアパートも30年前の建築で、それ以降は「戸建て賃貸」以外はお薦めしていない。

分譲マンションも、もう飽和状態が全国津々浦々広がっている。確かに新築分譲マンションは、売出と同時ほど早く即時完売御礼の看板が出るが、本需要客は少なく、2戸3戸と投資用に買う顧客が多いと聞く。預金金利が、あまりにも低すぎて、カネが行き場を失っている。やはり2から3%の金利は必要だと思う。これは政治の仕事であります。日銀の罪と罰では、もはや治まらない。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4544 |
| 社長日記 | 08:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑