■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29   
<<前月 2024年02月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2160912
今日: 864
昨日: 2094

珈笛画廊・ほのほのプチコンサート初二胡ピアノDUO
珈笛画廊・ほのほ(高松市中野町)が、『ほのほクリスマスコンサート』として、このところプチコンサートをやりまくっています。少し下品な表現になりましたが、毎週のように開催しています。会場として決して広い空間ではありませんが、演奏者との距離が近くてその迫力に圧倒されます。週刊新潮の表紙を書いている成瀬政博氏の壁面の絵画が、ここ独特の雰囲気を醸しだし、絵の中から静物が飛び出してきそうです。「面白いやないか」と、言っています。

今日のコンサートは、二胡ピアノDUO、沈琳&MAKIさんの二人ですが、『幽玄の美』とポスターには書かれています。絵画展で『幽玄の美』と言われると何だかそうだと納得しますが、音楽で『幽玄の美』と言われてもそこまで感じることは出来ません。しかし、ピアノは楽器の王様で何でもコラボできますが、二胡がここまで共演できるのには驚きました。

ピアノのMAKIさんは自ら跳んだり跳ねたり暴れたりと、その演奏を自画自賛しますが、本来独立した楽器と思っている二胡が、ここまで変調できるとは驚きです。中国では、二胡の大集団楽団があると聞きましたが、西洋のヴァイオリン協奏曲のような演奏も出来る楽器のようです。それもなおさず、沈琳さんの技術のなせる技だからの音色でしょう。

私は15時からの昼の部でしたが、18時からの夜の部もさらに盛り上がったことでしょう。二胡を見直したのと、ピアノをあんなに大胆に弾く演奏者、共に心地よい驚きに浸ったひとときでした。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6186 |
| 社長日記 | 11:56 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑