■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2021年09月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3893101
今日: 2908
昨日: 3248

高松商ベスト4入りも7回コールド勝ち浅野翔吾選手満塁打
第103回全国高校野球選手権香川大会第11日は21日、高松市生島町のレグザムスタジアムとレグザムボールパーク丸亀の2球場で準々決勝2試合が行われ、ベスト4が決まった。レグザムスタジアムの第2試合、高松商と高松西は、7回コールド勝ちで7-0高松商がまた一歩前へ進んだ。高松商の試合詳細は後述するが、次の準決勝戦は、高松商-大手前高松、英明-三本松となった。明日22日は、全体の休養日となる。

高松商と高松西の試合は、14時からレグザムスタジアム(高松市生島町)で行われた。本来はレグザムボールパーク丸亀での試合が予定されていたが、前回の試合から会場混雑(一般観客も入場可)と駐車場のスペースが考慮されて、人気の高松商の試合が生島町に移された。試合は、高松商坂中大貴投手の先発で、高松西の先攻で始まった。まずは1回表は、三者凡退で無難に立ち上がった。

1回裏高松商の攻撃。あたっている1番野崎隼斗は、センター前ヒット、2盗と高松西のエラーで3進。2番浅野翔吾の二ゴロの間に、3塁から野崎隼斗が生還しまず1点。3番安藤康城が、センターへ2塁打し、4番本田倫太郎がセンター前ヒットで1アウト1・3塁。5番藤井陸斗のセンターフライで、3塁ランナー帰り1点。今日6番に上がった末浪佑絃が四球で出塁するも、7番山崎悠矢が三振で2点止まり。

その後5回まで、両チーム得点無し。6回裏高松商の攻撃は、5番藤井陸斗がレフト前安打で出塁。彼は3打数2安打で打点1、6回の攻撃だから2安打は上出来。6番末浪佑絃は犠打で、ランナーを2塁へ。彼は0-0四球と犠打2、チームプレーに徹した実に頼もしい存在。7番キャプテン山崎悠矢は、死球で1アウト1・2塁、8番代打山田一成も四球を選び満塁。9番橫井亮太も四球で押しだし1点。

再度1アウト満塁で期待の野崎隼斗(2安打)は、一ゴロで2アウト満塁。2番浅野翔吾、今日はこれまで無安打で良いところがなかったのですが、何とレフトスタンドへの満塁ホームラン。ここまで各チームホームランはなかったのだが、今日の2試合で一気に3本のホームランが出た。これは未確認情報ですが、今日から公式ボールが替わったようです。

ボールが替わった途端に、寒川の五十風と大手前高松の下村、そして高松商の浅野翔吾選手のホームランでした。県高野連は、これまでの飛ばない公式球から、甲子園大会で使われる公式球に変更したとの情報です。これは投手にも具合が良いようで、変化球もこれまでの硬式球(変換ミスではありません)より、キレが良かったようです。ところが値段が高い。そんなのけちる、香川県高野連ではないですよね。

得点だけを見れば高松商の大勝のように見えますが、内情は違っていて、高松商の7安打に対して高松西も6安打打っています。特に3回は5人で3安打を打って、3塁1塁にランナーを残して今1本が出ない。5回にも、2塁にランナーを置いて1番三好選手が、3塁ファールフライで得点に至らず。高松商の試合巧者の術中に入った試合でした。

さて高松商の先発坂中大貴投手は、6回を投げて被安打6、3奪三振、もちろん失点もありませんでした。印象的だったのは、球の速さは122キロ程度で決して早いとは言えませんが、ヒットを打たれながら四死球がなく、打たして捕る投球が出来たのではないか。一方7回から登板した2年生の渡辺和大投手は、133キロの真っ直ぐに変化球を交えて3人に、2三振1凡ゴロの勿論失点0に抑えています。ここは、9回までの投球が見たかった。

先にも書いたように明日22日は、全体の休養日となっています。23日の金曜日は、午前中11時から英明-三本松戦、14時から高松商-大手前高松の試合が予定されています。いずれもレグザムスタジアムです。高松商は今月3日の大手前高松との練習試合で、7-8位で負けています。さて本番では、どうなることか。決して侮れません。

高松西 000 000 0  0
高松商 200 005 X  7








| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5313 |
| 社長日記 | 10:13 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑