■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前月 2021年09月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3893254
今日: 3061
昨日: 3248

高松商二回戦打撃戦を征してベスト8
今日の高松商の試合は、天候のように『もやもやした』モノになった。三回に香川中央に1点先取され、その裏9番橫井亮太のフォアボール出塁を1番野崎隼斗の犠打で2進、2番浅野翔吾選手のレフト大飛球でタッチアップ3進。3番安藤康城の、2アウト後のフォアボール出塁で1・3塁。4番、本田倫太郎選手の2塁打で2点奪取。ランナーを2塁に残して、5番藤井陸斗はライトライナーで惜しくも2点止まり。

四回、先頭の6番山崎悠矢は三塁線上ゴロ、これを香川中央の川久選手がファインプレーで1塁アウト。7番末浪佑絃が、うまいバットコントロール(バットでボールを運ぶ感じ)でライト前ヒット出塁。当然のように2盗を仕掛け、相手エラーで3進。8番坂中大貴投手がフォアボール出塁、9番橫井亮太もフォアボール、1アウト満塁に追い込む。

1番野崎隼斗選手は、左中間ヒットで打点2。香川中央は2番手下河を送り出し、2番浅野翔吾選手の打席で香川中央バッテリー暴投、1点を追加し浅野のフォアボール出塁で、1アウト1・3塁。浅野翔吾選手が2盗、3番安藤康城がレフト前安打で2点。4番本田倫太郎選手センター前ヒット、5番藤井陸斗はライト前ヒットで続き、6番山崎悠矢は三振ながら、2アウト満塁で7番末浪佑絃が押し出しで1点追加、次が一ゴロで3アウト。

四回終了で香川中央2-8高松商、ここから一気呵成にコールドゲームになるかと思いきや、香川中央2番手のエース下河投手の投球にうまくかわされ、勝ったのだが何だかもやもや気分でした。ヒット数では、勝った高松商の12本に対して、負けた香川中央が13本、やはり高松商は投手に課題が残る。その中で期待通りのピッチングは、2番手の渡辺和大投手で、二イニングスですが7-1奪三振3でした。137キロの、電光表示がありました。

渡辺和大投手は付属坂出中出身で、長尾健司監督の前職場が付属坂出中。しかし渡辺和大投手は、1年先輩のアドバイス「一緒に高松商で野球やろう」で入学を決めたとか。これまで橋崎力、大平岳、坂中大貴、渡辺和大、徳田叶夢投手の5人の投手が登板しました。次の試合に備えて、長尾健司監督は、期待と不安を込めてマウンドへ送り出していると思います。

やはり今年の高松商、打撃はまずまず、しかしボールは飛ばないボールの導入で、行ったかと思う大飛球が失速しています。これに対する対策、例えばライナー性の打球を目指して大振りしないなど、これから上位チームと対戦するには、準備がまだまだ必要のように思います。

そうは言いながら二試合に勝利し、ベスト8入りです。次の試合は21日(水)14時から「レグザムボールパーク丸亀」の予定ですが、本日の試合から観客フリーになって、高松商の試合はレグザムスタジアム(高松市生島町)に変更になりました。いよいよ佳境に入りました。

応援団は工夫盛り上がり



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5309 |
| 社長日記 | 10:30 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑