■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2021年03月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3308593
今日: 181
昨日: 1233

NHK水曜日の『ガッテン』2分で血圧を下げる驚異のNOパワー
NHK総合テレビ番組3日水曜日の『ガッテン』で、血圧を下げる方法を公開していました。残念ながら録画をしていなかったモノで、8日改めてコンピュータで番組を観ました。NHKのホームページに、その方法が掲載されています。興味のある方は、トライしてみてはどうでしょうか。勿論受信料を払っていれば、スマートフォンやタブレットからでも観ることが出来ます。

私も血圧は高めで、医者の処方薬は飲んでいませんが、ぎりぎりだと認識しています。テレビで紹介されていた方法は至って簡単、右手一分間の『ニギニギ』と左手一分間の『ニギニギ』だけです。手を下に下ろして、右手左手どちらからでも良いのですが、片手を握ったり広げたりするだけの運動です。左右同時にすると血流が増えすぎるようで、片方が終わってから逆の手でやると良いと言われていました。

科学的に実証すると、『NO=一酸化窒素』を血管内で増やすと、血管が拡張して大量の血流になる。これで血管が広がり、血圧が下がると言われていました。窒素と言えば、排気ガスなどに含まれていて、『悪者』のイメージが強いのです。そもそもは、アルフレッド・ノーベルが発明したダイナマイトの原料・ニトログリセリンが、血管拡張機能を持っているとか聞いたことがありました。そう言えば心臓に問題を抱えている人は、ニトログリセリンを常に携行しています。

昔から理由が分からないままに、ニトログリセリンを使用していたようですが、1998年3人の医学者がノーベル生理学・医学賞を受賞。この研究が血管、血液に関するNOでした。そして2000年に世界NO学会が誕生し、日本にも同年『日本NO学会』が誕生し20年間、NOの効能について研究がなされてきているようです。天然血管拡張剤であるほか、新型コロナウィルスや認知症にも効能が確認されています。

言われていた効能8つは、①高血圧②脱毛症③認知症④血栓⑤狭心症⑥新型コロナウィルス⑦胃腸障害⑧男性機能低下に効果があると発表されていました。アルツハイマー型認知症も、血管を広げる超音波で機能の回復が見込めるようです。テレビを観ていて『ニギニギ』が、最も簡単で継続性があるなと感じました。これなら私でも出来る、立っても座った状態でも左右で2分間、リズム良く朝夕一日2回程度を習慣化すれば良いのだそうです。

また食事等で血管を広げるには、『青魚』『緑黄色野菜』『ピーナツ』『赤ワイン』『ブラックチョコレート』を食べると良いそうです。ただしワインは、グラフ一杯程度で飲み過ぎると酔いざめで逆に血管が収集することになるようです。その他は『有酸素運動(30分程度で良いから継続)』や『温泉』。自宅でも41°Cぐらいの風呂に10~15分間浸かると、17.2%ほどの血管拡張が見られたとか。

番組の最後には、本日の話題の傾向と対策が「理解できたか」と聞かれて、全員が左の手のひらに、右手のグーで『ガッテンガッテン』とやって終わりになります。私は早速『ニギニギ』をやり始めたのと、『有酸素運動(30分程度で良いから継続)』はもう3年くらい、室内のマシンで歩いています。今は室温19度くらいですが、もう汗をかき、下着を着替えて後半戦に向かいます。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5150 |
| 社長日記 | 08:55 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑