■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2021年01月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3222598
今日: 375
昨日: 1445

全国大学ラグビー選手権大会で天理大が圧倒的優勝
全国大学ラグビー選手権の決勝戦が、11日東京国立競技場で行われ、天理大(関西1位)が2連覇を狙った早大(関東対抗戦2位)を55-28で破り、初優勝をはたした。関西勢としては、1984(昭和59)年度に3連覇した同志社大以来、36大会ぶりの大学日本一に輝いた。東京都には緊急事態宣言が発出されているが、既に販売したチケットの関係で1万人を超える観客が、ゲームに酔いしれた。

私も録画で試合を観ましたが、準決勝戦で明治大を寄せ付けなかった強い『天理大』の黒いジャージが、所狭しと躍動していました。圧倒的な優勝と言って良いだろう。3度目の決勝戦で、初めての栄光に輝いた。天理大と言えば、昨年8月に寮生活をおくる部員が新型コロナウィルスに感染。クラスター(感染者集団)を経験しながら、約1カ月の部活動休止に追い込まれながら日本一を勝ちとった。

関西大学リーグは、開催可否が検討されるほどで、一時は大会のないまま4年生が卒業することも考えられた。落ち込む選手を、松岡大和主将は前向きな言葉で支えた。「大会があることを信じて頑張り続けよう」。練習量が足りない分は、試合で強くなった。出来ないことが出来るようになったから、自分たちもそれなりに誰にも負けない努力をしようと。

天理大は、関西大学リーグで5連覇を達成。毎年選手が替わる中での連覇は難しい。それでも関西の雄は、関東の明治大も早大も問題にせず圧倒的な破壊力で栄光を掴んだ。確かに二人の外国人選手に早大の選手が二人三人と防御に行くが、その間隙を縫って天理大のCTB市川(背番号12)が4トライを挙げた。サッカーのハットトリック(3ゴール)のようなモノだ。

この先プロラグビーの『トップリーグ』が16日から始まる。残念ながら開幕2試合は、中止になった。キャノンが24人、トヨタ自動車が13人、サントリー7人の新型コロナウィルス感染陽性が発表されています。ワールドカップで目覚めた日本人ファンは、今年のリーグ戦を楽しみにしています。暗い話題が続く中で、われわれは楽しみにしています。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5123 |
| 社長日記 | 08:56 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑