■カレンダー■
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
<<前月 2021年04月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 3430140
今日: 1681
昨日: 3405
 

4強出そろう春季四国地区高校野球香川県大会
高松商は3日の第2試合で、高瀬と準々決勝を戦い、5-2で勝利した。次の試合で対戦する英明は、香川中央を相手に9-0と七回コールド勝ちしている。4日が雨予想で、準決勝は来週10日に、決勝は翌11日に順延された。今大会2度目の順延になったが、高松商はエースの徳田叶夢投手と野崎隼斗選手を怪我で欠いている。プラスに働けば、これ幸い。

試合は、高松商の先攻で始まり、野崎隼斗選手の欠場で3番から1番打者となった末浪佑絃選手がいきなり左前安打で出塁、2番浅野翔吾選手の遊エラーで出塁、3番安藤康城選手がバントで送り1アウト2と3塁のチャンス。しかしもう1本が出ないまま、まさかのゼロという高松商らしからぬ拙攻。そして試合が動いたのが、三回表再び高松商の攻撃。

1番末浪佑絃選手が右前安打、彼は次の打席の3塁打と合わせて4打数3安打と絶好調。これまでの2試合は3番打者だが、2-1・4-1と偶然かもしれないが、1番打者の今日の成績が良い。いずれにしても奈良県から来ておばあちゃんの実家で生活し、高松商の中軸として頑張ってくれている逸材。高商会館がなくなり、県外からの選手は最近では珍しい。

続く2番浅野翔吾選手(試合途中で「金太郎」と呼ばれていた)が中前安打で続き喜んだところ、3番安藤康城選手がダブルプレーで2アウトになりながら、3塁ランナーが次の4番本田倫太郎選手の左前安打で生還。三回はこの1点止まりだったが、高松商らしい畳みかける攻撃が見られた。

四回表に末浪佑絃選手の3塁打で2点、七回と九回に1点加点し、高松商はこの試合、序盤中盤終盤と加点し5点をもぎ取った。安打は10、エラーなしだった。一方先発の坂中大貴投手は。九回を投げて8被安打、11奪三振、2失点という好成績だった。冒頭に書いたように、徳田叶夢投手が怪我で今日の先発も回避している。心配するところであります。

今日の試合結果、10日の準決勝にはAゾーンから藤井、Bゾーンから丸亀城西、Cゾーンからは高松商そしてDゾーンから英明となった。組み合わせは藤井―丸亀城西、高松商―英明となっています。








| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5204 |
| 社長日記 | 11:19 AM | comments (1) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑