■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
<<前月 2018年12月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1196784
今日: 417
昨日: 2152

2013萬木淳一先生祝賀会&龍雲中同窓会
22年ぶりのまた還暦を迎えての同窓会でした。当時龍雲中学校卒業生は、5組230人くらいいました。もう既に鬼籍に入った者も数名います。住所が分かっている者、わからない者でも実家や兄弟親戚を通じて案内した者など47名が集まりました。

会場のマツノイパレスは、チェルシーと名前を変えて、結婚式場として生まれ変わっています。大勢が改装後のここを知らないと思い、計画をしました。私は何度か行きましたが、大中小どの会場もすばらしい工夫がされています。東京六本木と言ったら大袈裟ですが、私はお洒落な会場だと信じています。

萬木淳一先生の香川県文化功労賞受賞祝賀会がメインですから、萬木淳一先生からの言葉が20分ほど続きました。先生の思いは、平池堤の乙女の像の修復です。もちろんやり替えですから、新規になります。制作に2~3年かかると言うので、萬木先生の76歳という年齢を考えると、ただちにスタートしないと時間がありません。

制作に1千万かかると言われると、大がかりな組織化が必要になります。同窓会は大勢のおかげで大変盛り上がり、4時間ほどの同窓会になりました。この盛り上がりを一つの核として、乙女像のブロンズ化のスタートを切りたいと思います。







| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=2176 |
| 社長日記 | 10:40 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑