■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
<<前月 2018年04月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2129736
今日: 1259
昨日: 2395

衣笠祥雄氏逝去を悼んで
19日の横浜スタジアムでの、DeNA-巨人戦の試合を偶然見た私は、野球解説者の声が、あまりにも出ていないことに驚いた。暫くすると、それが衣笠祥雄氏であることが分かった。それにしても、この状態は病的だと感じた。あれからほんの数日、やはり衣笠祥雄氏は鉄人だったことを実感する。

 「中日・ヤクルト再建なるか」

森監督が引き受けて3年目になりますか?何か森監督がいつからですか?と言われてはっきりと答えられる自信がないような感じです。何か監督であるのですが、まだ投手コーチの延長のように感じるのですが、きっとここのチームの問題解決が進んでないのかな?ないかすっきりとしないのは何故だろうか。

あの強かったドラゴンズはどこに行ったのだろう。打線も外国人選手、和田選手が長打を持っていて、それでいて「アライバ」と言われる1番、2番が足を使った攻撃を見せて、下位打線を谷繁捕手が駄目押し点を挙げるような、そんな印象があったのはいつだろう。

特に投手陣に於いては面影が見えないような感じだ。どのチームにしても勝負をかける1試合を迎える時があるのですが、そんな時に「この投手」という全幅の信頼をおける投手、「エース」という投手がいるはずです、強い時の中日ならば「吉見」という投手がいたと思います。そのような存在の投手を今探すと???私には見つかりません。

広島には野村、ジョンソン投手、阪神にはメッセンジャー投手、Denaは決めるのが難しい様ですが、井納、今永、石田投手から選ぶでしょう。では中日ドラゴンズは?大野、小笠原、又吉?何か決められないところがあると思うのですが、ここが1番の問題点でしょう。

チームが一つになり、勝たなければいけない試合を全員でものにする。チームの安心感が生まれる時です。自分たちのチームの戦い方、勝ち方、そこから全員の信頼感が生まれてくると思います。嘆いていても仕方がないから考え迷う、候補として今年すぐにというわけにいかないと思いますが、「小笠原投手」を育てたいと思います。本来ならば大野投手がここにいなくてはいけないのですが、少し失敗をしすぎました。

ここは次の投手を育てたいと思います。又吉投手、鈴木投手、柳投手、外国人投手というところで今年は乗り切りたいところです。番外で大きな話題を持って入団した「松坂投手」成績はわかりませんがどこまで頑張れるか?西武に入団した時を知っているものとして是非とも頑張って欲しいと思います。

中継ぎも今から作るという感じだと思います。森監督が、監督として見えなくて、どうしても投手コーチとしての目線で見てしまうのはここのところが大きいからだと思います。近代野球は終盤の競り合いをしっかりと戦い抜いて勝ち星を上げなければペナントレースは取れません。是非頑張って強いドラゴンズに戻って欲しいと思います。

課題だった捕手に大野捕手を獲得、セ・リーグの野球を理解するのに少し時間が必要だと思いますが、先発捕手に迷う必要がなくなりました。
1番に大島選手が2番に強打選手が、いい選手です、ここに外国人選手が絡んでくれれば、福田、平田選手が生きてきて、ここに高橋選手が成長してくれればいい打線になるのですが、ベテランの域に入った荒木、藤井選手も上手く使いたいものです。

開幕してからすぐに広島、巨人、Denaの対戦が続きますが、ここで踏ん張らなければチームの士気に影響してしまうと思います。開幕早々踏ん張りどころを迎えるチームでしょう。

2年続けて故障者を止める事ができず、チームの成績が出なかった事をどこまで新監督に就任した小川監督は考えているのだろうか、フロントから現場を見ていてどの様にチームを評価してたか?
このチームは選手がいない訳ではなく「故障」が全てを奪ってしまったという事で、難しい事を考えず、各自の自覚と、管理が上手く行けば成績を出せる選手が多くいるチームである。

ただ投手に関しては少し立て直しを図る必要がある時期に来たと思う。長年チームを支えた石川投手が38歳となり少し年齢が影響して来たところに、館山投手も37歳で故障がちになり、小川、由規たちが頑張らなくてはいけないところになって来たが、小川投手が少し疲れが見え、安定感が昨年はない様に感じた。今年もやはり外国人投手の出来に頼らなくてはいけないのかな?

そこに行くと野手は故障しなければ十分に他球団の戦力と渡り合えるメンバーがいる。捕手の中村は経験も十分に積んで来たし、打力も楽しみなところがあり、1塁をバレンティンか畠山選手が守り、守備からすると畠山選手と思うが、2塁に山田選手、3塁に川端選手がいるが、どうしても故障が心配だ、遊撃に大引、外野手は雄平、坂口、そこにアメリカから帰って来た青木選手とくれば十分だろう。

只、この素晴らしい選手たちの控えが見当たらないのがこのチームの泣き所で、次の時代の選手たちを今季帰ってきた宮本コーチあたりがどう準備するかというところが楽しみだ。何れにしても今期の戦いで大切なのは故障者を出さない様に、出ても短期間で帰れる程度にとどめる工夫をしたいものです。

セ・リーグは今期は昨年よりも混戦になるでしょう。広島の戦力は整っていますが、阪神もDenaも確実にチームとして自信をつけてきていることは間違いなく、巨人もどの時期に纏まるか?ここが楽しみでしょう。昨年の様に中日、ヤクルトから勝ち星を簡単に奪えることも今年は考えにくく、間違いなく混戦を粘り強く戦ったチームが勝ち残ると見てます。2018,3,4 衣笠 祥雄

これは、盛和塾生阪和彦先輩から頂いたメールです。衣笠祥雄選手のデッドボールを受けた後の言動に、彼の人間性を見たことが度々。素晴らしい先人として、見習いたい。ご冥福をお祈りします。合掌


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4121 |
| 社長日記 | 09:42 AM | comments (2) | trackback (0) |
心配する栗林公園の鯉へルペス
同園では2月以降、約250匹の鯉が死に、今月18日に2匹のKHV病感染が確認された。いわゆる鯉へルペスだが、感染魚との接触や水を介して広がることから、池のすべての鯉を処分するという。この対策しかないと言うから、致し方ないと思うのだが、何とも残念だし、今後のことも心配される。

高松市の一級観光地「栗林公園(りつりん)」、もちろん高松栗林ライオンズクラブはこの冠を頂き、22日に結成55周年の記念式典を行ったばかり。記念事業として公園に、車いす10台と2本の和傘を贈呈したところだが、60周年では、「栗林公園に鯉を寄贈」することになるかもしれない。

浜田恵造香川県知事は23日の定例会見で、鯉へルペスの感染のため、公園内のすべての鯉を殺傷処分にすることを公表した。約750匹の鯉の捕獲は、ゴールデンウィークの観光客への影響を考慮して、その後に始めるとしている。公園内の池は多くが繋がっているため、捕獲作業で水位を下げる影響で、和船の一時運休が想定されている。

栗林公園の鯉は有名で、多くの観光客が餌の「麩(ふ)」をやることから、人間のそばまで大きな錦鯉がやって来て、大きな口を開けて歓迎する。こうした風景を、私も子どもの頃から目にしている。もちろん餌は有料だが、私も子どもの頃は、この餌やりが楽しみで公園へ来ていたほどです。

鯉へルペスの感染防止のため、南湖から順次水位を下げて鯉を捕獲して、すべての作業が終わるのに数ヶ月を要するという。池の水は下水道へ繋がっているため、周辺の河川には悪影響はない。また鯉へルペスは、人には感染しない。捕獲した後の殺伐とした池は、どうするのだろうか、そこが一番心配だ。

また2016年と翌2017年に、インターネットで錦鯉を増やす広域資金獲得「クラウドファンディング」で、約400匹の放流にこぎ着けたことでも栗林公園の鯉は有名になった。「クラウドファンディング」の走りだったと、記憶している。今いる鯉の殺傷処分後、直ちに鯉の放流も出来まい。浜田恵造香川県知事は、「何とか栗林公園の鯉を安全な形でもう一度、蘇らせていきたい」と語っている。

同時に専門家の間では原因追及も行われているが、外部から鯉へルペスに感染した鯉を住人が投入したのではないかとか、鳥が感染源を運んで来たのではないかとかいろいろ想像されているが、この先の復旧を考えたら、香川県の苦悩も深いものがあるように思う。いずれにしても栗林公園は、(松の)緑と池の水が相まって風情を醸し出している。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4120 |
| 社長日記 | 09:16 AM | comments (0) | trackback (0) |
4月はイベントが目白押し2018
19日(木)昼から、一般社団法人香川宅建の本部入会審査会、20日(金)は、夕方より自分が所属する同高南支部の第8回通常総会、21日(土)は弊社支店がある高松南支部の通常総会が午前中に、夜は高松栗林ライオンズクラブ結成55周年記念前夜祭がホテルパールガーデンで、22日(日)その記念式典と祝賀会が高松国際ホテルでした。

明けて本日23日(月)は、昼からオイスカの行事がオークラホテル丸亀で4つありました。明日24日(火)は高南支部正副支部長会、25日(水)はオイスカ高松推進協議会役員会、26日(木)は一般社団法人香川宅建と公益社団法人香川県宅地建物取引業協会の理事会、27日(金)は高松商紫雲会役員会と、丸々1週間の行事が続きます。

こうして列挙してみると、私の今の立ち位置を象徴する、①宅建協会②ライオンズクラブ③オイスカ④高松商紫雲会と、いみじくもやっていることの証明のような1週間です。日記ですから克明に記録するのが本来の姿でしょうが、私の日記は、実に気まぐれで、半分位を詳細に記録するにすぎません。でもこうして振り返ってみると、社会に貢献しているのか邪魔をしているのか。

さて公益財団法人オイスカ四国支部では、本日「オイスカ春のつどい」を開催しました。春のつどいをここオークラホテル丸亀で、秋にはホテルパールガーデン(高松市福岡町)2階讃岐で行います。2つのイベントが、会員さんへの1年間の生の報告となります。一方紙の報告は、実にこまめに事務局から配信されています。この組織の理念も実践も、素晴らしいものがあります。

オイスカは地球環境を考え、開発途上国の産業開発事業の推進と友好親善に取り組む国際NGOです。OISCAの綴りは、Organization(機構)・Industrial(産業)・Spiritual(精神)・Cultural(文化)・Advancement-Internationalとなります。本部を日本に置き、現在36の国と地域に組織を持つ国際NGOです。

今日はまず幹事会で、この1年間の他団体の通常総会に匹敵する物です。次に講演会がありました。これもまた、私にとっては目から鱗が落ちる内容でした。まだまだ知らない世界が、一杯あってうきうきします。
講師はオイスカ首都圏支部副会長兼事務局長の肩書きを持つ、「藤田幸三様」、そして彼は、電機連合中央執行委員を経験した、元「労組の幹部」です。





恥ずかしながら労働組合と言えば、労働者保護団体と考えていますが、中小零細企業しか知らない私は、正直あまり良い印象は持っていませんでした。その団体が、オイスカの世界活動を支持するようになり、多額の寄付と実践を共にやり始めています。こんな労組幹部もいたのですね。「小便していても中執であることを忘れるな」、こんなことまで言われたとか。

電機連合子供の森計画「植林ボランティア」は、オイスカ理念と組織の目指す方向性が一致したとして、1993年12月から取り組んでくれています。これを第1次として、2008年の第15次まで、インドネシアやタイ、フィリッピン、マレーシア、スリランカ等出かけて植林をしています。労働組合のパワーと、本気度を藤田幸三様より伺いました。

最後は懇親会で、研修生も参加して大盛り上がりでした。ところでここで、本当に久しぶりの御仁に再会しました。公益社団法人香川県宅地建物取引業協会関係者の一人で、最近の協会の状況をいろいろ聞かれて、アドバイスも頂戴しました。楽しい時間でしたが5月末まで、こんなスケジュールが続きそうです。





| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4119 |
| 社長日記 | 10:29 AM | comments (0) | trackback (0) |
高松栗林ライオンズクラブ結成55周年記念式典祝賀会
1962(昭和37)年10月13日、高松玉藻ライオンズクラブのスポンサーで結成式を行ったわがクラブは、日本国内で480番目高松では、「高松ライオンズクラブ」、親クラブの「高松玉藻ライオンズクラブ」に続いて3番目のクラブとして誕生しました。爾来55年の月日が流れています。

本日は、浜田恵造香川県知事や大西秀人高松市長はじめ、ライオンズ関係では第一副地区ガバナー関野邦夫ライオンやスポンサークラブを始め、ブラザークラブから、また遠来の姉妹クラブからも総勢250名が高松国際ホテルに集まってくれています。式典は10時30分から、祝宴は12時から始まりました。

また姉妹クラブ、高松栗林ライオンズクラブを入れて5つのクラブが、前日の21日に前夜祭を開催し、これも大変有意義な友好親善の会になりました。こちらは総勢55名、「島原LC」から、「岡山後楽LC」から、「金沢兼六LC」から、「高知黒潮LC」から、前泊で来てくれています。岡山後楽LCのメンバーは、どんな言い訳をしたのか。そして私が帰宅したのも、0時をすぎていました。

平行して記念ゴルフも、21日朝から鮎滝カントリークラブで参加者40名、新緑のまぶしいグリーンを堪能し、高松西ライオンズクラブの久保壽さんが優勝されました。おめでとうございました。祝宴の中で、表彰式がおこなわれました。L金倉輝明、L香川明俊、L鶴見邦夫らによって運営されました。

式典は22日日曜日10時半から厳粛な雰囲気の中、粛々と執り行われて、60分の予定通り59分で終わりました。式典司会は、石田謙作幹事とL中山真弓の二人、両人共にゆったりとした話しぶりで、急いだ印象はなくて1時間を目安として59分の結果は立派です。プロでも予定通りとはならないのが、こうした式典です。

そして祝宴ですが、奥山功ライオンプロデュースで、司会はL矢野恵美子、これまた大変盛り上がりました。ウエルカム演奏は、バイオリン青柳妃姫さん。「武楽」、「声楽」、「俗典師・檜山うめ吉」を次々繰り出し、見ている人も飽きない演出だったと思います。高松栗林ライオンズクラブは派手なことが好きで、自画自賛ですが、印象に残った55周年記念イベントになったと思います。

私が特に良いなと思ったのは、L山下和彦実行委員長、L松田展和(副実行委員長)の挨拶と、この5年間に入会された新メンバーの紹介でした。クラブ旗を先頭(旗手は佐久間勝会員委員長)に、チャーターメンバーL大住省司に続き、19名が登壇しました。これもL松田展和の発案ですが、会員減であえぐすべてのクラブに「会員増強」の重要性を訴えることになったと思います。わがクラブも、危機的状況を回避しただけにすぎません。







| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4118 |
| 社長日記 | 11:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
台湾旅行法でどうなる米中関係
台湾旅行法は、アメリカ合衆国連邦議会を2018年2月28日に通過し、3月16日にアメリカ合衆国大統領の署名を受け成立した法律。アメリカ合衆国、および台湾の高級官僚の相互の訪問を促進する法律である。聞くところによると、議会で可決し、その後自然成立する運びだった台湾旅行法。それにトランプ大統領が、同意の書名をして成立した法律。

ウィキペディによると、1979年にアメリカ合衆国は台湾を捨てて中華人民共和国と国交を開始し、また同年台湾関係法が制定されて以来、台湾との外交を自粛し、非公式な関係を保ってきた。2016年9月、台湾旅行法法案がアメリカ合衆国下院に提出され、同じ9月に上院に提出されたものの否決されている。

2017年の1月、台湾旅行に関するH.R.535法案が下院へ、続く5月に上院案S.1051が提出される。2018年1月下院で法案通過。2月28日には、上院全会一致で法案が議会を通過した。その後同法制定・施行のためドナルド・トランプ大統領の署名待ちとなったが、議会への差し戻しさえなければ、自動的に法案は成立することになっていた。慌てることは、もちろんなかった。

2018年3月16日(ワシントンD.C.現地時間)、トランプ大統領の署名により台湾旅行法は成立し、ホワイトハウスでは注目を避ける際の通例となっている「金曜日の夜」に発表された。同法は、あらゆるレベルのアメリカ当局者が台湾へと渡航し会談すること、および台湾高官が米国に入国し、アメリカ合衆国国務省および国防総省の職員を含むアメリカ当局者と会うことを認め促す内容となっている。

日本の新聞では、ほとんど報道されていないが、一つの中国を主張している中華人民共和国としては、アメリカの台湾承認ともとれるやり方にどう反応するのか。自然成立なら、議員立法でと言う「逃げ」も打てたのだろうが、トランプ大統領が署名してしまったら、アメリカ側としては、もう言い訳が出来ない。

中華人民共和国は先日らい、習近平国家主席が終身主席に就任したばかり。中華人民共和国は、二つの中国を容認していない。あくまでも中国は一つと声高に世界へ訴えてきた。それが先のアメリカの態度に、中華人民共和国の習近平国家主席はどのような態度に出るのか。せっかくアメリカと北朝鮮の会話の舞台が整ったというのに。

その前に北朝鮮は、中華人民共和国の習近平国家主席に対して挨拶へ出向いた。米北会談の前さばきが、これが整ったと私も安堵した。しかし台湾旅行法の成立、それもトランプ大統領が署名したというのは、本当にトランプ大統領は何を考えているのだろうか。またこのところの習近平国家主席の沈黙も、何だか不気味だ。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4117 |
| 社長日記 | 06:41 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑