■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2019年11月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2127806
今日: 1724
昨日: 2954
 

全国ご当地グルメッセ2018春
「東京ドームプロデュースの食の祭典!」と題した、日本全国から100を超える当地グルメがサンメッセ香川大展示場に大集結。4月14日(土)から4月22日(日)までの9日間、10時から18時までの間、香川最大級の日本の「うまさ」が集う大祭典。過去にも「大祭典」が、同じようにここで開催されていました。

その際の領収書が、「高松三越」となっていたので、デパートの物産市の拡大版かと思いましたが、今日はその時以上の出店があるようです。主催は、「全国ご当地グルメッセ」実行委員会で、協力が東京ドーム、高松三越となっています。なるほど、やはり三越が絡んでいるのか。確かに高松三越でやると街中の混雑も手伝って、これほどまでの集客は難しいかもしれない。

でもこんなに多くても、食べられる物は限定的です。私は例によって、札幌ラーメンを食べました。お昼前ですが、「武蔵」はもう行列が出来ていました。ここの一般的なラーメンは800円でしたが、100食限定の「壺漬けとろ肉味噌ラーメン」は1千円。少し高いのを我慢すれば、味は満足でした。

一般的に催事用のラーメンは、札幌味噌ラーメンでも太麺は使われず、細麺ですがそれでもゆでがあまい。急ぐのは分かりますが、私はゆでが一つのうまみの要だと思っています。もう一つの要、ダシの温度はぬるいとは、感じませんでした。ダシの管理が、よく出来ているのだと思います。彼らが使っている道具を見ても、全国行脚をしているように感じました。

「武蔵」の従業員が2人で麺づくりを、現地スタッフが集金とオーダーカードを書いていると思います。昼のピークが過ぎると、一人で麺づくりをして、交代で休憩するのでしょうか。販売人は、現地採用でも良いのですが、作るとなるとやはり手慣れが必要です。これだけの規模になると、売上げも面白いでしょう。今は、事で人が大きく動きます。

「焼き牡蠣」や「ホタテ焼き」のように、すぐに食べられる物が多いのですが、勿論お土産でも良いような、例えば「宇都宮餃子」や「丼物」も盛りだくさんありました。私は定番の、「ラーメンセット(麺とダシを自分勝手にセットにしているだけ)」を買い込んで帰りました。酒のつまみもありましたが、混んでいるのを待って買うのは、どうも苦手です。

「ご当地どんぶりセレクション」、「にっぽん麺めぐり(うどんもありました)」、「ご当地スイーツストリート」、「全国肉バトル」、「絶品鍋&ほろよい地酒」、「全国にぎわい市」等ゾーニングもあとで気がついたのですが、工夫がされていました。一杯やれたら滞在も長くなって、もっと売上げに貢献できたと思います。









| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4113 |
| 社長日記 | 08:34 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑