■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2019年11月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2127685
今日: 1603
昨日: 2954
 

高松栗林ライオンズクラブ結成55周年記念式典祝賀会
1962(昭和37)年10月13日、高松玉藻ライオンズクラブのスポンサーで結成式を行ったわがクラブは、日本国内で480番目高松では、「高松ライオンズクラブ」、親クラブの「高松玉藻ライオンズクラブ」に続いて3番目のクラブとして誕生しました。爾来55年の月日が流れています。

本日は、浜田恵造香川県知事や大西秀人高松市長はじめ、ライオンズ関係では第一副地区ガバナー関野邦夫ライオンやスポンサークラブを始め、ブラザークラブから、また遠来の姉妹クラブからも総勢250名が高松国際ホテルに集まってくれています。式典は10時30分から、祝宴は12時から始まりました。

また姉妹クラブ、高松栗林ライオンズクラブを入れて5つのクラブが、前日の21日に前夜祭を開催し、これも大変有意義な友好親善の会になりました。こちらは総勢55名、「島原LC」から、「岡山後楽LC」から、「金沢兼六LC」から、「高知黒潮LC」から、前泊で来てくれています。岡山後楽LCのメンバーは、どんな言い訳をしたのか。そして私が帰宅したのも、0時をすぎていました。

平行して記念ゴルフも、21日朝から鮎滝カントリークラブで参加者40名、新緑のまぶしいグリーンを堪能し、高松西ライオンズクラブの久保壽さんが優勝されました。おめでとうございました。祝宴の中で、表彰式がおこなわれました。L金倉輝明、L香川明俊、L鶴見邦夫らによって運営されました。

式典は22日日曜日10時半から厳粛な雰囲気の中、粛々と執り行われて、60分の予定通り59分で終わりました。式典司会は、石田謙作幹事とL中山真弓の二人、両人共にゆったりとした話しぶりで、急いだ印象はなくて1時間を目安として59分の結果は立派です。プロでも予定通りとはならないのが、こうした式典です。

そして祝宴ですが、奥山功ライオンプロデュースで、司会はL矢野恵美子、これまた大変盛り上がりました。ウエルカム演奏は、バイオリン青柳妃姫さん。「武楽」、「声楽」、「俗典師・檜山うめ吉」を次々繰り出し、見ている人も飽きない演出だったと思います。高松栗林ライオンズクラブは派手なことが好きで、自画自賛ですが、印象に残った55周年記念イベントになったと思います。

私が特に良いなと思ったのは、L山下和彦実行委員長、L松田展和(副実行委員長)の挨拶と、この5年間に入会された新メンバーの紹介でした。クラブ旗を先頭(旗手は佐久間勝会員委員長)に、チャーターメンバーL大住省司に続き、19名が登壇しました。これもL松田展和の発案ですが、会員減であえぐすべてのクラブに「会員増強」の重要性を訴えることになったと思います。わがクラブも、危機的状況を回避しただけにすぎません。







| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4118 |
| 社長日記 | 11:00 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑