■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2019年11月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2127854
今日: 1772
昨日: 2954
 

スルガ銀行と愛媛銀行のこと
スルガ銀行(静岡県 沼津市)は、13日までに金融庁の緊急立ち入り調査を受けたと報道されている。女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」をめぐる投資トラブルに絡んで、銀行側の対応を調べている。大半の建設費用を融資したスルガ銀行で、審査を通りやすくするために書類の改ざんなど不正行為にスルガ銀行役員が関与していた可能性もあるとみられている。

今、地方銀行はどこもあえいでいる。ご案内の通り、銀行は利ざやで稼いでいる。今のような超低金利が続けば、そもそも利ざやも存在しない。私どもの会社へも、各行が「案件がありませんか」と尋ねてくる。これまで来たことがない銀行までもが、複数で来る。感触を確認するためか。

スルガ銀行も、アパートマンションの一棟買いに熱心な金融機関だという印象が強い。最近は収まったと感じていたところ、報道されているような詐欺まがいの行為が、銀行ぐるみで行われていたのか。かぼちゃの馬車は9日に東京地裁に民事再生法の適用を申請し、経営破産したスマートデイズ(東京・中央)が運営するシェアハウス。

スルガ銀行は1棟で1億円前後する土地・建物の資金を約700人の投資家に融資。融資額は1千億円規模に上るとされる。金融庁は3月中旬、銀行法に基づく報告命令をスルガ銀行に出し、状況を把握。今回の検査で役員の関与や組織的な不正行為が判明すれば、厳しい行政処分を検討するという。

一方愛媛銀行(愛媛・松山市)は、シニア世代向けに自宅を担保にリフォーム資金などを借りられる住宅ローンの取扱を始めた。ノンリコース(非遡及)型リバースモーゲージの住宅ローン「あったか人生」という商品。60歳以上の持ち家所有者が使える。自宅の土地・建物を担保にして、購買やリフォーム融資を受けて、生存中は金利だけの支払い、死亡したら売却して融資資金を回収する。

これは実に良い制度ですが、問題は相当の値打ちのある自宅でなければ、銀行が動かないと考えられる。つまり大都会に存在する自宅で1億円は下らない程度の物件であれば成り立つが、地方都市の少なくても1千万円に届かない物件の融資は、難しいと考えられる。銀行側は、所有者が何年生きるか分からない。オーバーローンになりそうだと考えたら、その時銀行はどういう手に出るのか。

このリバースモーゲージの住宅ローンは、今後いくつかの銀行から販売される、つまり融資されるだろうとみられているが、その位今の金融機関は追い詰められている。これまで新卒者の人気業種に、「金融機関」があったが、そこには高賃金という魅力があったが、「銀行」を旗頭に苦しい金融業界の今を、人気ランキングからも見て取ることが出来そうだ。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4109 |
| 社長日記 | 10:08 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑