■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<前月 2019年11月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2129634
今日: 1157
昨日: 2395
 

香川県内初の高齢者運転免許停止
改正道路交通法で、75歳以上の運転免許保有者に対する認知機能検査が義務化された。高齢ドライバーの認知症検査で、認知症の恐れがあると判断されたにもかかわらず、義務づけられた医師の診断を受けなかったとして、東かがわ市内の女性(80歳)が、香川県公安委員会から運転免許証の取消処分を受けていたことが13日公表された。

県警によると、改正法が施行された昨年3月以降、免許取り消し処分が出たのは県内初。香川県公安委員会は、女性に診断書の提出命令を出すなどしたが、女性が応じなかったため、今年1月免許停止とし、4月12日で取消処分とした。この時間差に、何かあったのだろうと推測する。

高齢者の自動車運転も、やむを得ない人もいる。独居老人等、身の回りの買い物も、マイカーで行かなければ商店が近くにないという人も多い。歩いたり、自転車という手段もあるが、トイレットペーパーやティシューペーパー類の紙製品でも重い。自転車も脚力の老化で、危ない人も散見される。やはりマイカーが、生きるための道具と言わざるを得ない。

しかしマイカー運転は、公道を走り対向車も多い。認知症の疑いのある人は、診断書を出す選択より、自主返納とはならないものだろうか。どの家でも冷蔵庫がないとは考えられない。わが家でも、冷蔵庫のほかに冷凍庫もある。であるならば、1週間分の生活用品は買いだめも出来るだろう。個人の不便より、公共の安全性を優先してもらいたい。

対象外の高齢者も、スーパーマーケットでの買い物は、午前に集中しているように感じる。夜の運転は、負担を強く感じる。明るい昼間、それも調子のいい午前中が自ずと選ばれるのだろう。これも危険回避の善後策だと、私は感謝している。そして私もいずれか、間違いなくこの中の一員になる。快適に暮らせる準備を、今しなくては。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4112 |
| 社長日記 | 09:17 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑