■カレンダー■
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2024年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2423601
今日: 1440
昨日: 7301

71歳誕生日高松商からビッグプレゼントが
春季四国地区高校野球大会出場決定戦が8日午前10時から、丸亀市のレグザムBP丸亀で行われ、高松商がマンガみたい(失礼)な試合運びで12x-11のサヨナラ勝ちした。私も長く高松商の野球を観てきたが、公式戦でこんな試合を観たことがない。これまで対戦相手の英明(香川)に、2度立て続けに負けている。今日も3回までに1-3の劣勢、とても勝てるような試合内容ではなかったのです。

高松商と英明は、共に先の選抜高校野球大会に出場し、高松商は3月25日(土)の初戦愛知の東邦と対戦し、3-6で負けた。方や英明は、1回戦記憶に新しい強豪智弁和歌山との戦いで大接戦を演じ3-2で勝利し、作新学園(栃木)との第2試合も8-9と惜敗、強豪英明の印象を県内外に植え付けた。つけ加えるなら英明は、昨秋の神宮大会で、選抜優勝の山梨学院に10-7で勝利している。

また先にも書いたように、昨秋の香川県大会決勝で2-4と、四国大会決勝で4-5と共に高松商は英明に負けている。昨年から英明は、試合ごとに成長している。まるで高松商を踏み台にして、力をつけているように思うのです。地元紙でも英明は打線に粘り強さ、高松商は守備の修正が鍵と英明有利の予想がされて、われら勝手応援連も正直『勝ち目が薄い』試合の応援に丸亀まで駆けつけた。

しかし中讃の丸亀市と言いながら、高速道路を利用すれば会社から40分ほどで、高松市生島町のレグザムスタジアムとそう所要時間は変わらない。クルマも比較的駐車しやすい。丁度誕生日でもあり、行ってみることにする。この時期にしては寒い、雨の心配はなさそうだが、甲子園より寒い。防寒着を引っ張りだし、車に積んで出発。

1回表英明の攻撃、高松商先発・佐藤晋投手の立ち上がりを攻めて、英明1番鈴木選手(左)のいきなり右前安打、2番平見(左)の打撃で捕手後逸ランナー2塁。三振で1アウト。3番百々(左)四球、4番寿賀一ゴロ2アウト2・3塁、5番大島右前安打で2点。続く6番尾中の中前安打で1点、7番中浦の投ゴロで3アウト。

1回裏高松商の攻撃、1番橫井亮太3-2から中飛。2番中本翔真遊撃手は遊安打で1アウト1塁。3番村山由空左翼手の二ゴロでランナー2進、4番久保慶太郎右翼手が四球、5番江西一郎内野手三振で3アウト。3回裏1番橫井亮太主将の二塁打、2番中本翔真遊撃手の右前安打でランナー1・3塁。3番村山由空左翼手の右飛(犠打)で1点、追い上げムードだが、4番久保慶太郎右翼手が投ゴロのダブルプレーで3アウト。

4回裏、先発佐藤晋平から交代した2番手大森健太郎投手の投ゴロで1点。この4回裏で2-5、このあたりから負けムードが漂う。6回に英明が4点、7回に2点を加点してその裏に高松商も加点するが、いつまでも追いつけない。コールドゲームは嫌だよと思いながら、帳面(先輩が私のスコアーブックをそう呼ぶ)付けをやめた。

試合は、中盤までは完璧に英明ペース。一時6回表9-2と7点差、流石の英明も油断があったのか。高松商が勝ったと言うより、英明が負けたと表現した方が正確だ。流れが高松商にきたかと思ったのは11-4の7回。1死から四球で走者を出すと、そこからの4連打で4点を奪取。8回から2番手として登板した百々(右翼手)は、3点リードの9回に1死満塁のピンチを迎え、9番佐藤瑞祇二塁手の投ゴロで本塁併殺で試合終了かと思った。

これが悪送球となり、その差僅かに1点差。1番橫井亮太を申告故意敬遠、1死満塁で2番中本翔真遊撃手(3安打)が同点打を放つ。さらに3番村山由空左翼手がサヨナラ適時打で試合終了。勝手応援連も最後まで勝つとは思っておらず、サヨナラに喜びも半分。信じられないと言う感想です。

高松商の投手、先発佐藤晋平右腕2回1/3で5失点。二番手の大森3回2/3で4失点、3番手の北岡2回2失点。流石9回は大室亮満投手が抑えた。英明もエース温存で、それでも高松商より実力は上です。これで四国大会(高知)出場が決まりました。勝手連は『ひろめ市場』でどうするかの相談中でした。楽しい誕生日になりました。





| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5947 |
| 社長日記 | 08:48 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑