■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2022年05月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 429125
今日: 1237
昨日: 2187
 

香川県下でもまん延防止等重点措置21日から適用
香川県18日発表の新型コロナウィルス感染者(17日陽性)が、過去最多の120人に急増し、翌19日発表でも117人と高止まりしている。これを受けて香川県は、国に対してまん延防止等重点措置適用を申請した。結果1月21日(金)から2月13日(日)まで、県下11市町全域でまん延防止等重点措置がとられる。気になる飲食店での営業は、午後8時までの酒類提供、同9時までの営業となりそうだ。

年末年始の人の動きに『復活』の兆しが見えていただけに、『オミクロン株』の猛威に唯々驚くばかり。感染流行の第6波は、感染力倍化で国内に広がっている。感染者が横を通り過ぎただけで、新たな感染が発生するように感じるくらい、感染力が強い。私もそうだが、日本中で第6波の感染拡大期を心配はしながら、『緩み』があったと思う。

18日の午前中に、香川県がまん延防止等重点措置適用の申請をするのではと言うニュースが伝わり、一般社団法人香川宅建高南支部では、急遽支部評議員会をビデオ会議システム「Zoom」で行い、来月5日(土)~6日(日)に予定されている山陰地方への研修旅行について議論し、結果的には3月12日(土)~13日(日)に延期する方針を打ち出した。急な案内で、全員参加とはなりませんが、それでもトライしてみました。

テレビ会議終盤まで、県下にまん延防止等重点措置が発令されたら研修旅行は中止にせざるを得ないという考え方に固まり、『中止』の方向でズーム会議を終えようとしたその時、『延期』はどうですかと若年評議員から提案が飛び出した。試行錯誤の上、上記の延期になった。やはりビデオ会議システム「Zoom」は、こんな場合は有効だと納得した。

もちろん顔をつきあわせて会議が出来れば、それにこしたことはないのだが、個別電話にするかテレビ会議やテレビ電話にするか判断するとき、顔の表情や息づかいがわかると、判断も変わるとこの時思いました。最終的には支部長(私)の判断ですが、責任回避という意味ではなく、総意を探る方法として、テレビ会議システムやテレビ電話も必要だと痛感しました。

これから新たな募集をするのですが、これまで極寒の2月が年中行事だったところ、3月の中旬になれば季節はよくなりますが、期末のシメが近づき、支部監査・総会資料づくりなどのスケジュールにも影響が出るかもしれません。しかしどうしても『実行したい(蟹が食べたいとは言っていません)』という意見は、支部長として貴重だと判断しました。研修旅行に関して、これまでも担当者の意見を最大限尊重しています。

この先まん延防止等重点措置の適用期間の延長も考えられますが、その時はまたその時に評議員会で検討し、結論を出せば良いと考えています。明日からまた新しい企画(内容は変わりませんが日程が変わる)の募集が始まります。ビデオ会議システム「Zoom」は、使い方によって有効ですね。改めて文明の進化に敬服しています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5498 |
| 社長日記 | 10:02 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑