■カレンダー■
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前月 2019年06月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 1704840
今日: 3326
昨日: 3817
 

トホホとほっと一安心の医師の問診・血圧測定と検尿
考えるところがあって、新たに生命保険に加入することにしました。今までにも、「がん保険」と「傷害入通院保険」には入っていましたが、死亡保険がありませんでした。「死んだあとのことは知らない」、というつもりでしたが、あるセミナーで面白い保険商品を知りました。早速旧知の、橋村隆文氏(ソニー生命)に相談しました。彼は元バンカーで、FP(ファイナンシャルプランナー)の勉強を一緒にしていた仲です。

何が言いたいのかと申しますと、いつもの月額保険料5千円前後の保険と違い、医師の問診・血圧測定と検尿がありました。血圧は心配がありましたが、検尿はこれまで問題を指摘されたことがありません。ところが26日の検査で、駄目出しがありました。これには驚きました。と同時に不安がよぎりました。健康的な行動は、毎日8,500歩と決めている「歩き」だけです。

毎朝の血圧測定と、入浴時の体重測定、これはもう長く続いていて、メモには毎日の血圧と歩数が記録されています。体重は目安の69㎏台を維持するように、増えたら次の日の食事を減らします。希望的数字は63㎏ですが、一気に減量するとストレスになってもまた違う問題が出てきます。これからの20年間、身体と心とお金と、どう上手くつきあうかが私の課題です。

医師の問診・血圧測定と検尿に話を戻しますが、30日改めて挑戦しました。26日の朝は、胃の検診がなかったもので、また絶食をいわれていなかったもので、餅と甘酒とヨーグルト・コーヒーを飲んでいきました。恐らくこれが問題行動だったのだろうと反省し、30日は前日21時過ぎから飲食を慎み、勿論当日朝は水だけ飲んでいきました。

この結果、「問題なし」となったわけですが、26日の医師告知に一瞬われを疑いました。29年12月の定期検診は、その前10月に胃カメラ検査をやったこともあり、定期検診をサボりました。段々に悪化していたのかと不安がよぎり、30日の検査はある意味覚悟をして行きました。

健康診断に食事をしていくことはまずありませんが、血圧測定と検尿だけでも、摂食は悪影響が出ます。またよりによって、「餅と甘酒」は糖の塊です。医者に喧嘩売っているようなものです。ここは大いに反省するとして、「甘酒」は別名「飲む点滴」とも言われています。わが家は㈲中屋醸造所(高松市塩上町3-17-13)で米麹を1㎏単位で買ってきて、炊飯ジャーの「保温機能」を使ってかみさんが作ってくれています。

中屋みそ

| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4193 |
| 社長日記 | 09:10 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑