■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2020年06月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2595706
今日: 961
昨日: 1765

ライオンズクラブの次期役員に苦悩
私は昭和20年代生まれだから、ある程度の貢献は義務だと感じています。そのためか、出しゃばりな性格のためか、ライオンズクラブの役員も人並みに経験してきた。この時期になると、来期7月から1年間の役員編成に苦労する現役員を見ている。「次が決まらなければ留任」と脅されながら、東奔西走している。

今日もあるメンバーに白羽の矢が立ち、私も高校の先輩後輩という関係からかり出され、前日まで断られていた候補の会社を訪ねた。主役は小竹彰会長で、候補のスポンサーT氏と、3人で押しかけました。2時間くらい彼の言い訳を聞きながら、外堀から内堀を埋めていきます。役員を逃げ回っている人がいる中で、どうして自分に押しつけるのかと、概ね出来ない理由はこのようなことでした。

確かに全くなにもしない人も、何人かおります。会員は平等だと言っても、年齢も職種も立場もそれぞれ違う。会費を払っているから、静かに参加したいと願う人もいます。しかし誰かが、必ずやらなければ治まらないのです。歴史の古いクラブでは、例えば会長が3度目、幹事が4度目というクラブもあります。

ライオンズクラブ国際協会は、100年を経過し、みずから改革を余儀なくされています。もう存在の、価値がないのかもしれません。奉仕活動をするための組織ですが、まず役員としての責務を全うしないと、外への奉仕などとても出来るモノではありません。こんな組織は、ライオンズクラブだけではなくて、ほかの組織でも散見されます。

他人の犠牲にはなりたくない、という青年壮年も多くなっていると感じています。業界でもそうです。ある意味同業他社は敵でありますが、時によって味方にもなります。私は同業者の組織で、「業界が良くならなければ、弊社だけ良くなると言うことは絶対にない」と言い切って、こちらも役員を引き受けています。

ライオンズクラブは、毎年7月―6月の1年間だけです。2回した会員はいますが、続けて2年というのはこれまで例がありません。この先複数年継続役員というのがあったり、役員不足で解散や合併があるかもしれません。SNSの発展で、直接話す機会がめっきり減って、メールや電話だけで用が足りるのですかね。やはり人は、相手の目を見ながら語るはずだと私は思います。

今日の説得は、紆余曲折がありながらも上手くいきました。これでほぼすべての新役員構想が出来上がりました。高松栗林ライオンズクラブは、来期59年、いよいよ還暦が視野に入ってきました。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4789 |
| 社長日記 | 01:08 PM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑