■カレンダー■
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
<<前月 2019年10月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2067807
今日: 57
昨日: 2228

メジャー情報は書かない小欄でも渋野日向子は別格
驚きました。ゴルフ日本ツアーのプロテストに合格して、まだ1年余りの岡山県出身・渋野日向子さんが、AIG全英女子オープンで優勝した。最終日の前半はテレビで観ましたが、まさか優勝するとは思っていなかって、寝ました。それが朝の報道で、大騒ぎ。4日間通算18アンダーと、初出場ながら立派な成績で優勝した。

私はゴルフをしないので、本当の意味での「凄さ」を知らないが、あの「笑顔」は何なのか。初挑戦だから、果敢に攻めた好結果だとも思う。特に12番のパー3。素人の目にも池の前に落として、2オンだと思う。それをドライバーという一番よく飛ぶ大砲を取り出し、飛ぶだけに狂いやすい道具で果敢に攻める。

結果は優勝したことからも想像できるように、1打でグリーンをとらえ、ショートホールでバーディーを奪う。トップに並んで迎えた最終の18番ホールでも、最後の5メートルパットをねじ込んだ。これを外すと2位選手とのプレーオフになるだろう。3番ホールのように、4パットしたら自分が負ける。緊張が高まる5メートルパットを、渋野日向子さんはカップにねじ込んだ。

弱冠20歳、樋口久子プロが全米女子プロ選手権で優勝してから42年ぶりの快挙。女子プロの活躍が報じられていたが、残念ながら勝ち切れていなかったのだ。まだまだ経験不足で怖さを知らないから出来た快挙かも知れないが、あの笑顔といい、途中でお菓子を食べているあのスタイル、すべてが「考え方」にかかっていると私は思う。

誰にも負けない努力もしながら、私は決して偶然などではないと思う。優勝=考え方×熱意×能力(稲盛和夫塾長の成功の方程式)、まさに渋野日向子さんが証明したのではないかと思いました。ちなみに渋野日向子さんが食べていたと報道されている「よっちゃん食品工業(山梨県)」の「タラタラしてんじゃねーよ」。「よっちゃん食品工業」の県内工場が、30年前ですが高松市香川町浅野にあったんですよ。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4590 |
| 社長日記 | 10:00 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑