■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2024年04月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2291403
今日: 1341
昨日: 3106
 

TAKAMATSUこどもサミット2024
高松栗林ライオンズクラブが、『高松冬のまつり』と交換のように始めた『こどもサミット』ですが、第5回になる『2024TAKAMATSUこどもサミット』が、18日午後2時から高松生涯学習センター(まなび館)3階多目的ホールで開催されました。今年のお題目は『あなたもSDGs博士になろう!』、高松栗林ライオンズクラブと高松市に、今年は『香川大学学生EDSプロジェクトSteeep』を加えて、スタンプラリー形式の環境に関する学びの場となりました。

会場には小学生と父兄に、大学生とライオンメンバーが加わって、新聞やカメラも複数入っています。前半はL馬場基尚から、弁護士から見た麻薬・覚醒剤の『薬害に関しての注意』解説があり、日頃大人を相手に冗談を噛ましているL馬場は、こども相手に話しが滑っています。本来ならうける箇所で会場沈黙。流石にこれにはL馬場もつかみがとれず、会場内沈黙のまま次ぎに話題展開していました。

最近は、弁護士で構成する『会バンド』が絶好調で悦に入ってるL馬場ですが、今日ばかりは時間消化に悪戦苦闘。大人は忖度をしながらつきあってくれますが、こどもたちは純粋に大人の発する言葉に反応します。手元の紙にメモを取りながら、こどもはどのような環境でも学んでいます。少しは動機づけが出来ましたかね。

後半は、大学生が考えたクイズ形式のスタンプラリー。大人のわれわれも、真剣に学ぶべき内容でした。同時に人権問題もテーマで、『LGBTQ』からのクイズがありました。LGBTQとは、Lesbian(レズビアン=女性同性愛者)、Gay(ゲイ=男性同性愛者)、Bisexual(バイセクシャル=両性愛者)、Transgender(トランスジェンダー=心と体の性が異なる人)、Queer/Questioning(クィアまたはクエスチョニング=性的指向・性自認が定まらない人)の頭文字をつなげた略語で、いわゆる性的少数者(セクシュアルマイノリティ)の総称です。

性的少数者と言いながら、その数は確実に増えているようで、アメリカの現象が10年後、否今では5年後には日本で同じ轍を踏んでいます。今のようにSMSが発展する前は、20年後の日本でしたが、ITデジタル環境は2倍速で進んでいます。一番敏感な受け皿が、大学生だと言えると思います。

ライオンズクラブ関係者も高松北LCから幹事・会計が、高松紫雲LCからもメンバーが、こちらは孫の小学生と母親の親子3代で参加して下さっていました。昨年のやり方と違った今年の『TAKAMATSUこどもサミット』。進化しているようで、次が楽しみです。こどもはどのようにも態様が出来ていて、われわれが戸惑っています。








| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6265 |
| 社長日記 | 08:50 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑