■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2024年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2576532
今日: 663
昨日: 4038
 

オイスカどろんこ田植えフェス2023
オイスカ綾川推進協議会(大方義裕会長)に所属する三好東曜さんが、綾川町小野で自身が経営する『Zero waste café めぐる』の周辺で、標題イベントを17日朝から行いました。梅雨の合間の晴天に恵まれて、絶好の田植え日和です。過去には、雨の日もありました。梅雨の期間ですから、雨の確率が高い。それでも三好さんがアフロ太鼓をたたき盛り上げる嗜好ですから、雨なしがありがたい。

新聞告知も効いて、オイスカ会員外の家族参加が例年多いのですが、今年は例年に増して、随分お断りした電話が多かったようです。オイスカを身近に観てもらうイベントとして、三好東曜&アフロ✩タイコ倶楽部とオイスカ香川県青年会(浪越大樹会長)が共催しています。場所の提供を三好東曜さんが、食材や人材を青年会が担当しています。オイスカ四国支部研修生らも輪の中心で活躍しています。

いつものオイスカイベントと、顔ぶれが違います。一般参加の家族連れは転勤族も多いようで、イベント参加は手慣れたモノです。情報の収集にもたけています。田植えの後は、参加費以上の食事が提供されます。オイスカからはマレーシアカレー、青年会はバーベーキュや焼きそばが振る舞われ、大変喜ばれていました。合間を縫うように、敷地内の野菜販売コーナーにも買物客が来ています。常連さんのようです。

私は田植えを手伝うより眺める立場ですから、周辺を散策してみました。以前にも来ていますが改めて拝見すると、三好東曜さんの大叔父がここで『木型鋳造所』を経営されていたようです。元は武士で、『木型鋳造所』は戦後の取り組みのようです。今は長男の三好貴志男さんが、高松市内で会計事務所&経営コンサルを知る人ぞ知る企業を幅広く経営されています。その息子さんの内、3男が三好東曜(綾川町議員)さんです。

またここで働く従業員かボランティア活動家か分かりませんが、『めぐる』の厨房にいた二人の女性は、『池田豊人香川県知事』の同級生と言うことでした。『池田知事さんとお呼びするのですか』との問いに、『豊彦さん』だと言われました。もう還暦をすぎた女性ですが、元気モリモリでした。今年正月5日、ここで池田夫妻をお迎えして歓迎茶会が行われた時の記念写真が、飾られています。

私もイベント最後の綱引きに参加しましたが、足を取られて思わず尻餅をつきそうになりましたが、研修生の『オセア』(フィジー出身27歳)に救われました。百笑の水遊びと同じで、着替えのパンツがありません。今日の幼児は、勿論着替え持参のようです。










| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6017 |
| 社長日記 | 08:14 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑