■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2024年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2576600
今日: 731
昨日: 4038
 

オイスカ香川東推進協議会第13回総会と徳武産業の十河孝男氏講話
大阪での紫雲会大阪支部総会を終えて、挨拶もおざなりに申し訳ないと思いながら、駐車場を出てナビの指示通り一方通行を抜けて、高速道路入口へ急ぎます。ここまでが第一関門。行きは3人帰りは1人なので、多少のショートカットが出来ますがプランから1時間近く遅れているので、とにかく香川県三木町まで急ぎます。どうか、挨拶なしの非礼をお許し下さい。

標題の総会は『トレスタ白山』で、一般来賓もお招きし18時の定時から始まっています。結果10分ほどの遅刻で、会場入りできました。丁度さぬき市長・大山茂樹様のご挨拶を聞いている所でした。無事到着できて、ほっと一息、どうにか高松東推進協議会冨田義雄会長に顔向けが出来ます。ここは、長尾LCと志度LCとの関係が深く、両クラブから会長らが臨席されていました。

議案は原案通り可決され、その後研修生と技能実習生ら14人の紹介がありました。研修生は、母国の民族衣装を身につけて、まだまだたどたどしい日本語で自己紹介しています。進行中の研修の内容は判りませんが、皆さん活き活きとしています。彼らは帰国し、お役に立てるように四国研修センターで頑張ります。そう信じて、研修生の費用を会員増強で賄えるように、われわれ会員も頑張っています。

議案審議、研修生の紹介の後、徳武産業会長の十河孝男氏から『最近の中国情勢』に関してプチ講演会がありました。十河孝男さんは、中国上海郊外に自社靴縫製工場を持ち、4年ぶりに訪問した8日間の感想を話していました。彼は元盛和塾生で、稲盛和夫塾長が常に原稿を書く姿勢に学び、今日も原稿を写真付きで用意してくれていました。実にわかりやすい。

人件費の高騰、生活水準の高止まりから4年ぶりの浦島太郎だったと語っていましたが、「コロナで4年ぶりの中国訪問は、大きな変化に驚きの連続」と総括し、5年後10年後に自社工場が存在できているかどうか、新たな課題を探し出していました。同時に、「30年間停滞している日本の低物価・低賃金は、日本にとって良いのか考えてしまった」とも結んでいました。

確かに経済人としては、30年間の停滞が世界での日本の立ち位置を大きく後退させたと嘆き、象徴する半導体の生産量と質の低下を声高に喧伝する風潮が強い。しかし今日の大阪支部総会で、ある大手企業を定年退職された一人の先輩は、この時代の横(多少の下落を包含し)成長がわれわれ隠居族(年金暮らし)の生活を楽にしてくれていると。見方によって、立ち位置によって、同じ現象も随分違ってくるなと考えた忙しい一日でした。



来賓衆議院議員瀬戸隆一様



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=6011 |
| 社長日記 | 09:46 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑