■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
<<前月 2024年04月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2291501
今日: 1439
昨日: 3106
 

高松栗林ライオンズクラブ60周年実行委員会反省会
メンバー奈良茂子ライオンの『La’なら別館絆』において、イベント後の反省会が行われました。会長方針の『手づくり』と言いながら、事務局に集まる領収書に『なるほど』と合点するモノが追加になっています。そんな雰囲気を察してか、ほとんど白石由美子会長のおごりとなりました。

冒頭白石由美子会長と実行委員長の私と、花田千万里事務局さんへ、式典と祝宴を一手に引き受けてくれたL佐久間勝から、花束を頂戴しました。サプライズプレゼントに、3人一様に驚き。私も女性メンバーに差し上げるべきところかと逡巡しましたが、L佐久間勝からのプレゼントですから、自宅へ持ち帰りました。かみさんが大変喜んでいました。



本来実行委員長の私が用意すべきモノ、申し訳ない。異口同音に『大成功』と言われていましたが、それぞれの意見を聞くに至らず、ネットに上げている当日の写真を軽く見るだけで、1時間を要しました。まだ整理が出来ておりませんが、アマプロ何人かが撮影した写真を上げています。『La’なら別館絆』に大型のスクリーンと、天井からのプロジェクターがあることは承知しての計画です。ここは他に例をみない、多目的会場です。

高松栗林LCは1962年に、44人のチャーターメンバーで結成され、爾来60年が経過したことになります。当時の44人のチャーターメンバーの内、在籍者はL大住省司一人。彼が『栗林』を生み、19人の新入会員をスポンサーしたL奥山功が育てたのです。この二人には、式典でクラブから感謝状が贈られました。

アット言う間の2時間半、写真を見ながら反省し、「ここは頑張った」と主催者側数人が戦った参加者の顔も出てきました。あの人も貴重な190人(計画数達成)の内のお一人です。コロナ禍が残るこの日にかかわらず、また統一地方選挙後半戦の告知日とも重なりながら、大勢のライオン・ソロプチミストにお越し戴けたことは、望外の喜びであります。

司会のL佐久間勝の言葉にあったように、『栗林は生まれ変わり、また1歳から始めて参ります』。何かとご迷惑もおかけしますが、このまま死に絶えるか生まれ変われるか、今の在籍者の考えと行動にかかっていると思います。小欄のヘビーユーザーには、高松紫雲LCの南條久輝さんもいらっしゃいます。以下にパソコンで見るURLとスマートフォン(スマホ)やタブレットで観られるQRコードをつけておきます。じっくり見ると60分を要します。チャチャっとご覧下さい。

パソコンから




| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5959 |
| 社長日記 | 09:42 AM | comments (1) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑