■カレンダー■
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前月 2019年12月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
香川菊池寛賞応募作
仏生山農業試験場跡地コンペ案
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 2221145
今日: 2664
昨日: 2975
 

OISCAヤングリーダーズ どろんこ田植えフェス
公益財団法人オイスカ四国支部の中に、綾川推進協議会(会員160名大方義裕会長) があります。私が所属する高松推進協議会(泉雅文会長)が146名の会員ですから、四国研修センターのお膝元ではありますが、会員増強でも抜きんでている支部の一つであります。メンバーの仲の良さでも、8協議会の雄であります。

その綾川協議会メンバーの中に、綾川町議会議員・三好東曜さんがいます。三好貴志男氏の、ご子息です。彼が中心となって、綾川町小野付近の自らが経営する「めぐるカフェ」近くの田んぼで、手で田植えとどろんこゲームをやっていました。田植えは一列に並び、20人程度の親子でやります。外国からの研修生も、混じっています。

田植えですから雨も織り込み済みですが、それにしても激しい雨になりました。私はゲームまでは我慢が出来ず、途中で早々に退散しましたが、三好東曜さんともう一人が太鼓を叩いて景気づけをしています。その音が、蛙の鳴き声を打ち消すほど、軽快なリズムを作り出していました。

昼食は、「めぐるカフェ」において海外の料理を提供するようです。料金は、参加費の中に含まれています。親子ペアで1,000、海外研修生が10名ほど研修センターで研修中、センターでは、イスラム教徒の聖典コーランに、食べてもいいもの、すなわち「ハラールフード」が明確に定められている食事の提供も出来るようです。

ハラール料理は、わかりやすい例でいうと、イスラム教徒はお酒を飲むことを全面的に禁じられています。 ワインを使ったフランス料理、みりんや日本酒を使った和食、ラム酒を使ったお菓子なども同じく禁止。 また、豚肉も全面的にNGとなっています。私は研修センターに投宿したことがありませんが、その内、小野隆オイスカ四国研修センター所長と枕投げすることになると思います。



ここをクリック



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=4181 |
| 社長日記 | 10:49 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑