■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2022年08月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 668394
今日: 66
昨日: 3229

アルバムの今昔からカメラ業界を俯瞰すると
このところ、アルバムの整理をしています。『あの一枚の写真を探すため』、古いアルバムを引っ張り出して、今風のアルバムに移しています。過去のアルバムも、購入の時期によって形が変わっています。古いと思われるタイプは、台紙を10枚程度まとめて、柔らかい金属針金でぐるぐる巻きにして綴じています。開閉の具合は、これで良いですね。

台紙の古いタイプのモノは、そのまま写真の一部に糊を付けて貼り付けるようになっていました。それが進化して、両面接着のコーナー紙を写真の四隅にはめて、台紙に貼り付けて使います。これだと大きさが違う写真も、同じページに貼り付けることが可能になります。

ただし外すと、そのサイズの写真しか再取り付けが出来ません。これが進化して、台紙に施されているセロハンをハガして、台紙に写真を置いてその上に先のセロハン紙を戻します。これだと写真の取り外しが容易に出来ます。何回でも脱着が出来そうです。しかしあれから30年も経過したら、セロハン紙を剥がしても、そこに貼っていた写真がもうとれません。

この次ぎに開発されたのが、差し込むだけのタイプになって現在に至っています。感想は、段々便利になっているが商品価格が安くなっていると実感し、この業界も大変だなあと思います。もっともこの先は、写真もプリントアウトすることがなくなるのでしょうか。アルバムに限定せずに『写真』という一つの商品を俯瞰してみれば、できあがりのプリント自体も白黒からフルカラー写真に変わりました。

フルカラー写真も昭和40年頃の出始めの頃は、一枚70円ぐらいしていました。それが今では数円です。たまにブリントアウトを『キタムラ』に注文して取りに行っても、10数枚だと千円にもなりません。安くて早いのがこの店の一番の売りです。サイズも徐々に大型化して、今は昔、当時の標準アルバムでは入りません。

写真プリントは、趣味の世界では大きく引き延ばして額に入れますが、この額も木型からアルミニューム製に、そして安くなっています。額縁の用途はこの写真と、賞状をいれる二つがあります。共に木製が少なくなり、賞状もアルミ製が圧倒的に増えました。木製額縁製造メーカーは、減産に苦慮していると思います。こちらは新型コロナウィルスの感染拡大には関係ないのですが、苦しんでいると思います。

そもそもですが、カメラが大きく進化しています。フイルムカメラから、デジタルカメラに、一眼レフカメラからミラーレスカメラへと、こちらの進化が業界に与える影響が大きいかもしれません。『ニコン』が一眼レフカメラの新規開発を中止すると発表し、私などの『ニコンマニア』は少なからず失望しています。カメラ業界、無くてはならないモノですが、形態は『カメラ付き携帯電話』の登場で激変しています。




| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5703 |
| 社長日記 | 09:54 PM | comments (0) | trackback (0) |
岸田文雄首相が内閣改造第2次内閣の予想顔ぶれ
岸田文雄首相は10日実施の内閣改造・自民党役員人事を巡り、改造内閣の官僚候補者を非公式に公表しはじめた。当然正式発表は、10日の夕刻ぐらい、皇居での認証式を終えて、夜には大勢が発表されることだろう。内閣支持率が下がっていることも影響し、閣僚経験者の登用が目に付く。国民としては、各派閥の力学など関係ない。責任を持って仕事が出来る大臣を、心待ちにしている。

岸田文雄首相は、性格温厚で、失言の少ない人。減点評価されやすい総理大臣は、失点の少ない岸田文雄首相タイプの支持率が高いはずだ。であるのに、ここのところ新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、国民の期待を裏切る結果になっている。このあたりで、強い内閣を組織し、国民に将来への希望をもたらす試みで支持率高騰期待が透けて見える。

昨今の新型コロナウィルスBA・5は、一端終息しかけた流行の再燃をもたらしている。お盆休みを前に、このシーズンに商機をかける観光・飲食・サービス業に重い影を落とす。仕方ないと諦めて、夏休みだと考える経営者はまだしも、このままでは秋には倒産だと命乞いに奔走する経営者もいる。あてにはしていないと言いながら、政治に期待する部分は非常に大きい。

入閣候補者として、いろいろな人が新聞紙面に写真を出しているが、私は現経済産業大臣の萩生田光一相に注目している。萩生田光一相は東京24区選出の衆議院議員、当選6回目。次のポストは、自身は再任を主張しているが自民党政調会長候補として挙がっている。東京八王子の選挙区で、市会議員からスタートし、JC(八王子青年会議所)にも属し、ここまで成り上がっている。明治大商学部卒、安倍派の7奉行の一人と言われている。

萩生田氏は、1963年8月生まれ58歳。早稲田実業学校高等部卒業。高校在学中に、卒業パーティーのパーティー券を売り歩いて停学処分、高田馬場で東京朝鮮中高級学校の生徒と大乱闘になり、二度目の停学となる。「主要官僚は再任」との報道に、「俺は非主流か」と会見で発言し、多くを驚かせた。派閥は清和政策研究会に所属。先にも書いたように、安倍晋三元首相の後継者の一人と目されている。

若いように感じていたが、もう還暦前になる。同窓生としては、思い切ってやって貰いたい。自身は総理大臣を狙っているのかもしれないが、その前に今の自分の仕事を全うして下さい。期待しています。


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5702 |
| 社長日記 | 09:02 AM | comments (0) | trackback (0) |
癌を悪化させない試みby山崎章郎
高松商の先輩・吉田勝昭氏からのメールであります。毎日のように届くメールですが、今『高松商』のホルダーの中は、甲子園出場募金や甲子園応援のための質問メールとか、そんなのが一杯入ってきています。先輩からの今日のメールは、私も昨年食道ガンを経験したことから、身につまされて読んで、吉田勝昭氏の許しを得て転載させて頂いております。

32.天国で会いたい人は?
親しい友人が「これを読め」と山崎章郎医師の本を紹介してくれた。山崎先生は自身が大腸がんのステージ4であるので、自分を実験台にして、抗がん剤や免疫療法、サプリメント療法を試みられた。その体験レポート本であるので説得力がありました。内容はがんの実態を書いてくれています。

1. 名高い免疫療法の本庶佑先生のオプジーボは、2022年現在1か月約100万円の治療費がかかっても、肺がんに対する延命効果は2・8か月といわれる。
2. がんの治療期間中は、延命された時間のほとんどが、辛い副作用との闘いの日々に費やされる。
3. さらに、副作用の症状が軽減したとしても、抗がん剤の持つ毒性が消失するわけではない。
4. 残念ではあるが、1日でも長い延命を目指して頑張ってみても、ガンの進行は止められず、やがて通院も難しくなるぐらい体力が低下してくる、それが現実である。との記載に私は唖然としました。

これを先生自身が体験・実感しているので、末期がんの患者さんに対しても「がんは治ります」とは言えない。死期を悟った患者さんから「余命いくらですか」とよく問われる。そのとき先生は、「残念ながら私より先に亡くなることになるあなたに、一つ質問していいですか」と問いかける。そして、「あなたは、ご自身が死んだら天国では誰に会いたいですか」との問いに、大部分の患者さんが「お母さんに会いたいです」と答える、という。がんで死を迎える方は60歳以上が多いので、ご両親は既に他界している場合がほとんどなのです。

そこで先生が「それではお母さんにバトンタッチするまでお供しますね」と伝えると、患者は笑みを浮かべて「よろしくお願いします」と握手のための手を差し伸べてくる。そして「先生、またあの世でお会いしたいです。待っていますね」と言われた。この時、死は永遠の別れではなく再会の希望になる。だから「さよなら」は言わないのだ。

これなんかは凄い記述ですね。涙なくして読めません。私も父親の愛情も分かる歳になっていますが、母親の苦労を知っているだけに、天国では先に母親に会いたいと思います。この本はガンで悩んでいる人に推薦したいと思っています。山崎章郎著「がんを悪化させない試み」新潮選書 2022/08/07



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5701 |
| 社長日記 | 08:42 AM | comments (0) | trackback (0) |
第104回全国高校野球選手権大会開幕
6日、広島慰霊の日と重なり夏の甲子園大会が開幕した。まだまだコロナ禍の影響があるモノの、いつもの甲子園が帰ってきた感がするのです。急遽主将のみの参加となった開会式だが、コロナ感染の6校は不参加。それ以降は、これと言った支障はないように思う。私など、7日は定休日で終日高校野球テレビ観戦でしたが、かみさんの印象はすこぶる悪い。女に何が分かるかと思いながら、女は男を能なしの役立たずと評している。

私の一番関心はもちろん高松商の動向ですが、選手は4日(木)15時バスで甲子園大会期間中滞在するホテルへ移動しました。コロナ感染対策として、ホテルの個室が用意されるようですが、ホテルがどこかは知りません。大挙して押しかけ、激励するスタイルも今は昔。生活環境に順応し、11日の試合に臨んでもらいたい。毎日の練習場の確保は、出来ていると聞いています。

今回の甲子園出場で、われわれOBがすることは、寄付集めです。私が現役の頃は学校から卒業生名簿をもらって、近くの先輩へは現役生が集金に回っていました。この時に、あの人が高松商の先輩かと気づくこともありました。しかしいつの頃からか、学校からの募金趣意書が郵送され、金融機関への振込になりました。今の時代ですから、当然と言えばそれまでですが、一方通行になりやすく、苦戦が続いていました。

それでも古豪復活、およそ10年ぶりとなった2010年頃から、また長尾健司監督が2014(平成26)年就任されて、甲子園が非常に近くなり、卒業生集団『紫雲会』もホームページ委員会を組織し、HPを活用した募金に腐心しています。昨年の大会前、紫雲会名簿から『募金趣意書』を発送したところ、大変強いお叱りを受けることになったという学校側の説明にも、世相の移り変わりを感じました。

県下各高等学校OB会は、昨年から共通する難問課題を共に考えようと高松高校を中心とした組織を緩やかに作り始めました。同窓会名簿の扱いも、共通の悩みであります。無いと不便でありながら、ある情報が適切に利用されなければ、大問題化します。これからは使用用途を明確に示して作成することになりますが、今ある情報の取扱が問題化しています。

これに対して高松商のホームページ委員会は、自主登録されたメールアドレスを集めて、そこへ甲子園応援情報も送っています。しかし作った側の意向に反する要望も多く寄せられて、高松商紫雲会大阪支部は三役が今年6月の総会で新たに選任され、今回の甲子園大会が初舞台となっています。例年以上に、てんやわんやしています。

学校が夏休みに入っていることもあり、応援方法の詳細情報は、以下のアドレスで確認して下さい。これから先、コロナ禍や雨天順延も予想され、最新情報を提供したいと考えています。個人的には叙勲祝賀会の準備と重なり、忙しい嬉しい毎日に暑さも若干控えめに感じています。

提供加世田和美氏

ことでんバス特設デスク 087-880-1458(9~18時)

紫雲会ホームページ 



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5700 |
| 社長日記 | 09:46 AM | comments (0) | trackback (0) |
第39回仏生山門前まつり
こちらも3年ぶりで、賑わいが戻ってきました。3年間の鬱積が爆発したように、これまでにない人また人。今年は主催の『門前まつり実行委員会』の構成が、これまでまつりを支えてきた仏生山商工振興会(武下重美会長)から、町内各種団体の若者を中心とした新しい組織へとバトンタッチしています。委員長は仏生山小学校PTA大山美穂会長で、多くのスポーツ少年団父母の会が応援しています。

多くのスポーツ少年団が、活動資金難に苦しんでいます。ここでのバザー収益金が、遠征費などに充てられます。これまでのまつりでもバザー活動はしていましたが、その前後ろで、本部設営なども彼らの力で例年以上手早く完了しました。私など最初の頃を知る人間から見れば、まさに世代交代、これであれば来年も、再来年も間違いなくやれそうです。

仏生山町は、徳川松平家菩提寺の法然寺を中心とした門前町として発展しました。平木享県議(仏生山町観光協会会長)の来賓挨拶にも、この下りがありました。殿は産業も盛んにし、特に素麺処として街の発展を創り上げました。それが戦前戦後の復興にも、大きく寄与しています。私の祖父は、昭和9年の産業商業年鑑に『仏生山町四四』で素麺作り業者として掲載されています。国会図書館に、それはありました。

今では法然寺境内の『竜雲うどん』として、美味いうどんを提供してくれています。今日のまつり会場でも、椅子に座っている人(後期高齢者)から母サチ子の名前が出てきました。熊本県から嫁し、37歳で寡婦となりながら、86歳の死まで仏生山町で暮らしたのですが、60歳から10年間竜雲学園の製麺に協力し、その後は同舜虹苑で息をひきとりました。わが実母ながら、素晴らしい人生だったと思います。

仏生山町ではこの夏祭りが終われば、すぐに高松秋のまつり仏生山大名行列の準備となります。今年は3年ぶりに往年の賑わいが戻ってくると思います。私も宅建協会の『宅地建物取引士』試験監督から解放されて、今年は手伝えると考えています。ここのバザーでは、オイスカの『アジアカレー』を提供したいと願っています。

また今日は、77年目の広島原爆投下の日です。戦争になれば、まつりどころではありませんが、戦争は誰のためにするのでしょうか。少なくても国民、庶民のためではありません。為政者の意地の張り合い、私憤が招く大きな犠牲が戦争。どんなに腹が立っても、戦争は手段の一つからなくすれば、平和は無理でも日常は取り戻せると思います。



森山亮(あきら・仏生山地区コミュニティ協議会副会長&仏生山地区連合自治会長)氏



あの土地は自転車置き場として大活躍

| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5699 |
| 社長日記 | 09:36 AM | comments (0) | trackback (0) |
PAGE TOP ↑