■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2022年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 543119
今日: 2594
昨日: 2878

仏生山コミュニティセンター駐車場用地買収完了
本日6月14日、かねてから進めていた仏生山コミュニティセンター駐車場拡張部分の用地買収が完了しました。昨年持分5分の3だけの代金を支払い所有権移転登記をし、その残り部分の支払を本日完了しました。後半戦となる持分5分の2の資金獲得は、これまで同様寄付によって賄ったモノですが、コミュニティセンター長・十河寛敬氏の献身的活躍の賜であります。

少々急いだのは、7月2日(土)に予定されている『仏生山門前まつり』の会場の一部としての利用が期待されていて、すでに一部の花こう土の搬入もされています。今後は予定通り高松市へ土地を寄付して、高松市の手で駐車場等の利用が出来るように、工事がなされる予定ですが、これがいつまでに完成するか、見通しは立っていません。市は、予算がないとしか言いません。

多くの町民の浄財を集めて手に入れたモノで、高松市としても先例がなく、新しい公共施設の再構築手法として褒めてくれるなら一日でも早く利用が出来るように、頑張ってほしいものです。主体となった『特定非営利活動法人仏生山魂再開発フォーラム』の役割も、高松市への寄付採納が終われば任務を果たします。

次はいよいよ『仏生山町誌』の編纂に、挑戦しようと考えています。江戸時代、徳川高松藩初代藩主松平頼重公によって起こった仏生山は、その菩提寺・法然寺と共に繁栄してきました。その歴史からも、仏生山町誌がないのは実に不思議で合点がいかないのでありますが、少なくても戦後から今日まであるようでないままの仏生山町誌です。

『特定非営利活動法人仏生山魂再開発フォーラム』が端緒の窓口になりますが、例によって資金は町民らの浄財によって賄われ、これまでと同じような募金をすることになります。NPO法人として資金獲得策を何かやりたいと考えていますが、マンパワーにも不足を感じ、独自資金獲得までには至っておりません。

仏生山町誌作成やNPO法人運営に興味を持つ方がいらっしゃったら、自薦他薦を問いません、是非お声がけ下さい。「特定非営利活動法人仏生山魂再開発フォーラム」は、2018年に平池堤平成乙女の像を建立し、もうまもなく2022年仏生山コミュニティセンター駐車場整備事業も終わろうとしています。みなさま方のご協力ありがとうございました。




| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5646 |
| 社長日記 | 08:27 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑