■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2022年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 543027
今日: 2502
昨日: 2878

オートキャンプ場構想に先輩が二ついた
数日前の小欄に、仏生山町旧競馬場にオートキャンプ場を作ったらどうかという構想を披露しましたが、その後、では高松市内にどのくらいのオートキャンプ場があるのか調べてみたら、数は少ないのですが、隣町の三谷町に『R4年1月11日に中四国初!アウトドアサウナ併設のRVパーク誕生』の情報がインターネットにありました。こんなに近くに、これほど立派な施設があるとなると、太刀打ち出来ないなと思いました。

丁度仏生山商工振興会役員会での席上、「香南町の道の駅にも複数台のキャンピングカーが駐車しているで」という情報も寄せられました。確かに需要は増えているようです。先の小欄でも紹介したように、スーパーマーケットの駐車場でも、頻繁にかの車を見かけます。私がこの連休中に見たのは、『香川』のナンバーばかりでした。

加えてお膝元の『市立みんなの病院』近に『RVパーク仏生山の森』も発見。みなさん、よく似たことを考えるモノですね。さて『KUMONパーク』ですが、シティキャンプ場を併設したRVパークと自己紹介されています。また聞き慣れないRVパークですが、キャンピング-カーの旅行者を対象にしたキャンプ場。駐車スペース,トイレ,水道,電源などを提供するとあります。

レクリエーション車両公園(RVパーク)またはキャラバンパークは、レクリエーション車両(RV車)を持つ人々が「サイト」または「キャンプ場」として知られている割り当てられたスペースで一晩、または長く滞在できる場所です。キャンプ場はオートキャンプ場とも呼ばれますが、テントキャンプのための施設もあります。RV公園を名乗る施設も多く、テントキャンプや限られた施設のキャビンを提供しています。

『RVパーク仏生山の森』は旧農業試験場跡地、先の三谷町の『KUMONパーク』は県道12号三谷町東原肉店から北へ曲がって至近の右側(東側)にあります。後者は1200坪の広大な敷地に8台のキャンピングカーと、なぜか普通車用駐車場21台が用意されています。主の公文健二氏は、市内有名肉飲食店の経営者だそうで、そのためかバーベーキュセットなどが充実しています。

両施設とも、RVパーク宿泊料は3,500円となっています。日本RV協会に所属していて、全国のオートキャンプ場一覧から検索されているようです。消えていくビジネス、新しく誕生するビジネス。どうなるか楽しみであります。仏生山商工振興会としては、宿泊客に自転車で回遊してもらいたいと考えています。囲い込みすぎるのは、親切かお節介か。



| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5609 |
| 社長日記 | 09:29 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑