■カレンダー■
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
<<前月 2022年07月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 543119
今日: 2594
昨日: 2878

第73回丸亀お城まつり
新型コロナウィルスの感染拡大に伴い、3年ぶりに開催された『お城まつり』、3日4日ともに晴天に恵まれ大変な人出でした。車の駐車場も不足気味、高速道路坂出出口まで混んでいました。私も公益財団法人オイスカ四国支部の中讃推進協議会(中野百合子会長)が、『エスニックカレー』の販売をしていると聞いて、応援に駆けつけました。バザー開催は資金獲得と、オイスカの広報活動に役立っています。

同じような活動は、坂出推進協議会(森﨑敏彦会長)が3月に、チャリティーゴルフ大会を開催し四国支部の活動資金獲得に貢献しています。高松推進協議会(松野誠寛会長)も、サンポート高松でのイベントなどいろいろ検討していますが、いまだに実現出来ていません。それで今年の10月開催予定の『高松秋のまつり仏生山大名行列』の、飲食バザーに参加する予定にしています。

丸亀お城まつりはその名の通り、丸亀城内(第47回丸亀お城村)やお城前の市民ひろば周辺でいろいろな催し物をやっています。香川県警音楽隊から陸上自衛隊第14音楽隊、その他音楽イベントやよしもとお笑い芸人ステージも企画されています。富屋町や通町は歩行者用道路(歩行者天国)となり、車の通行が禁止され、老若男女が大手を振って歩いていました。

公式ガイドブックにもお金がかかっていそうな、大変立派なモノですが、裏表紙は『BOATRACEまるがめ』です。ボートレースはナイター営業をはじめたことで、がっぽり稼いでいると聞いています。恐らくこのガイドブックにも、高額の広告費を提供しているのでしょう。もう一つ面白い事実、裏表紙の裏は、何と『丸亀製麺』です。『丸亀製麺は、丸亀市を応援しています』涙ぐましいコピーです。念のために書き添えておきますが、丸亀市に丸亀製麺はありません。

さてオイスカのエスニックカレー販売テントですが、店頭は海外からの研修生が、民族衣装を着てカレーの販売をしています。そのせいもあり、2日とも早々と販売完了であります。このカレーは、下こしらえが大変らしく、研修生が使えず職員が夜遅くまで準備したようです。当日の販売には、会員の動員が必要のようです。宮城県の名取海岸の松の植樹の親方、オイスカの海岸林再生の担当部長、吉田俊通さん(51)も手伝いに来ています。やっと四国研修センターも、日常を取り戻しているようです。

県内のコロナ新規感染者数は、300人を基準点として上下しているように思います。高止まりの傾向ですが、私の周辺でもイベントが復活しはじめています。『ウイズコロナ』コロナと一緒に、経済産業を回していかなければなりません。ワクチンの接種に関しては、若者を中心に賛否両論があるとは承知していますが、中国の効かないワクチンを見ていても、ファィザーやモデルナワクチンはプラスに働いていると私は考えています。

4回目と言われれば『またかよ』と思いますが、私は4回目接種をしてみようと考えています。優等生面する気はありませんし、人に強制するモノではありませんが、自分が得た情報の内で、BETTERな選択をするしかないとある意味諦めています。稲盛和夫塾長の言うように、パーフェクトな選択をしたいものですが。







| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5605 |
| 社長日記 | 09:32 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑