■カレンダー■
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
<<前月 2022年08月 次月>>
■お問い合わせは■
松野不動産電話番号:087-888-0011
■過去ログ■
社長日記過去ログ
■メニュー■
松野不動産ホームページ
■管理者■
ADMIN ID:
ADMIN PW:
■新着記事■
■カテゴリー■
■月別アーカイブ■
■リンク■
■その他■
■来訪数■
合計: 668298
今日: 3199
昨日: 2257

新型コロナウィルスの感染拡大と共に巣ごもり環境整備が進化
高松(香川県下一円)が、まん延防止等重点措置適用地域になって、街が静まりかえっています。県と高松市は29日、新たに10歳未満~90歳以上の331人が、新型コロナウィルスに感染したと発表している。300人台は4日連続だが、重症者はいない。1月の感染者数は3,301人となり、3千人を突破した。感染累計者は7,906人で、アット言う間に8千人に迫っています。

新型コロナウィルスがデルター株からオミクロン株に変異し、感染が急拡大している。このところの報道では、オミクロン株内でもまた変化が見られるようで、敵は人間の都合には関係なく、生きたり死んだりして、それでもしたたかに生き残っている。人間もそろそろオミクロン株の正体を見抜き、見抜ききれないなら想定し、新たな戦いのステージを確保して闘うしかないのではないか。

開き直って感染も致し方ないと想定し、感染しても重症化、死なないように、この危機を脱する方法を選択せざるを得ないのだろうか。冬季五輪が始まる中国では、『ゼロコロナ』と称してコロナ株を一切入れないという戦略をとっているが、中国人なら習近平国家主席の言うことを聞くが、中国コロナはそんなのお構いなしだ。中国のやり方は間違っていると思うが、果たして日本のやり方は正しいのだろうか。

われわれ庶民は、『オミクロン株』が流行している中のまん延防止等重点措置期間中は、相変わらず出来るだけ人と接しない生活スタイルをとるしかないだろう。私の周辺でも、セミナーや研修・会議や打合せもすべて中止かテレビ会議になっている。今のところは、まず感染しないように留意しながら日常生活をしています。ワクチンのブースター3回目接種の予約も、終えています。接種券も届いています。今のところは、とにかくステーホームです。

その分だけ在宅時間が増えて、一昨年末から取り組んでいる『巣ごもり環境整備』に余念が無い私です。今年の冬は特に寒いようで、20年から取り組んでいる自宅のリフォームも、楽しんで取り組んでいます。一番先に取り組んだユニットバスの交換は、思い通りの結果を得て大満足。晴耕雨読の後半は出来ていますが、寒いのも手伝って畑仕事や自宅周辺の草取りさえも出来ていません。体操の類いは、室内40分間の歩行だけです。

そのまま室内に目を置けば、一番凝っているのが動画投稿サイト『ユーチューブ』をテレビ画面で観ることです。先に小欄で紹介したように、和室にトレーニング機器を移し、これはよく使っていて、計画通りであります。この部屋を長く使うつもりで、ここにも『壁掛けテレビ2』を付けました。ここは最初から、動画投稿サイト『ユーチューブ』を観るのを目的にして、それ専用のテレビを設置したつもりでした。

今日のネタは、リビングの旧式『壁掛けテレビ1』でも、動画投稿サイト『ユーチューブ』を観ることが出来るようにしたという話しです。実はこれも、『ユーチューブ』を観て知ったのです。いくつかの方法があるようですが、私は『Google Chromecast(クロームキャスト)』 7600円をケーズデンキで購入して帰り、テレビ本体に簡単に接続しました。

テレビ裏の『HDMI入力端子』(10年以内のテレビにも端子が1~3あります)のどれかに差し込んで、一方Chromecast(クロームキャスト)への100V供給電源を、家庭内コンセントからとりました。最もこれが出来るのは、室内に光ケーブルを引き込んでいて、当然ルーターとモデムがある環境だから出来ることであります。何が言いたいかというと、光ケーブルの引込さえあれば、古いテレビでも7.600円の機器一つで動画投稿サイト『ユーチューブ』が観られるし、これが案外巣ごもり人の情報活動に役立ちます。

私はSNS(交流サイト)の中でも、動画投稿サイト『ユーチューブ』は一番の優れモノだと考えています。われらの世代では、テレビ放送が一番ラジオ新聞雑誌が二番目のニュースソースですが、新型コロナウィルス禍という想定外の世の中になればなるほど、ニュースソースは大きく変わると思っています。勿論ここで偉そうに書いていることは、すべてスマートフォンでも出来ます。

加えてインターネットテレビ=『壁掛けテレビ1』で、初めてですが『TVer(ティーバー)』を検索し、見過ごしたテレビ番組を観ました。テレビにも、インターネットがつながるのですよ。違う世界が、いつものテレビ画面に映し出されていました。知らなかったのは私ひとり?


| http://nobuchin.0011.co.jp/index.php?e=5509 |
| 社長日記 | 08:46 AM | comments (0) | trackback (0) |

PAGE TOP ↑